月別アーカイブ: 2019年2月

プリント基板 PCB 黄色い紙とラミネーター

昔、アマチュア無線でパケット通信(テレリーダーのTNC-20)をやってました。随分前に故障したのでこれまでに何度か修理を試みましたけれど直らず保管してました。いい加減邪魔になり先日、処分しました。 写真1 出典:TNC- … 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | タグ: , , , | 2件のコメント

ヒッグス場 を砂場に喩える

先日の記事「物質に 質量 がある原因」の末尾に書いた「ヒッグス場とヒッグス粒子」について、どうも気になります。 ヒッグス場とヒッグス粒子を砂場遊びに喩えます。 写真1 例えば、砂浜や砂丘を歩くとき、足を取られて重いです。 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , | コメントする

神道 に教理教典がない訳

管理人は以前、日本人の原点は何の何処にあるのかという疑問から日本教について調べました。その際に社会学者の小室直樹は、何者にもなり得ない日本人の特性を日本教として説明し、その過程において「 神道 に教理教典すらない」と述べ … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | 2件のコメント

物質に 質量 がある原因

一般に物質の 質量 は、ヒッグス場(ヒッグス粒子とは)が原因であり、一般相対性理論ではその質量が原因で重力が生じると理解されています。ヒッグス場と重力場は別ものだとされます。しかし、質量と重力の関係においてどうにも理解で … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , | コメントする

物理学者 たちは裸の王様

数学者岡潔は、おおむね次のように述べています。 数は量のかげ。 時間を知ろうとするといつも運動を使う。 時間という量はない。 例えば、管理人の使うPCの液晶モニターは”物”です。 写真1 このモニターの仕様は、いろいろな … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

遠隔作用と 近接作用 接するとは?

物や事において、遠隔であるか近接であるかは、人の五感でわかる通りとしてよいと考えます。 2013年から2015年頃にマイケル・ファラデーが発見した単極誘導モーターについて実験を行いました。実験を通じて、そのころから「接す … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | 2件のコメント

物質的自然 は一筆書き

数学者岡潔は、自然科学者が考える自然(時間・空間)を物質的自然と名付けました。その内、特に時間に問題があるとして、時間とはどのようであるかを云いました。おおよそをまとめると以下です。 時間は、過ぎ行く運動の記憶による観念 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , | コメントする

矢張り 電磁気学 はどこかおかしい

相変わらず単極誘導の現象について考えています。2018年1月24日の記事「電磁気学 の発達は不自然 化学の発達との比較(トム・ベアデンの手紙を受けて)」を読み返してあらためて 電磁気学 はどこかおかしいと感じます。 次図 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | 2件のコメント

数 には2種類ある 数は「事」のかげ

数学者岡潔は「 数 は量のかげ」と云いました。「岡潔先生をめぐる人々 フィールドワークの日々の回想(47) 龍神温泉の旅の話」を参照ください。 意味はこうです。 人の五感でわかるのは、物の量や嵩です。ただわかるのは目分量 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

オスプレイ 2機の飛行を目撃

驚きました。ウォーキングの際のことです。2月4日午後2時15分頃でした。山の麓を歩いていたとき、ヘリコプターの様なバラバラという感じの音が近づいてきたので見上げたところ、山陰から2機のオスプレイが現れました。2機は、北西 … 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | タグ: , | コメントする