月別アーカイブ: 2017年7月

五感でわかる運動を用いて作られた「時間」は、五感でわかる運動にしか適用できない

前回の続きです。 7月18日の記事に次のように書きました。 岡潔が云った「数は量のかげ」について。 量の裏付けのある「数」には、単位が付きます。重さや長さは【g】や【cm】といった具合です。 ところがお金は、円・ドル・ユ … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , | コメントする

室内で出来て「五感でわかる実験」でなければ、次へ進むことはできない  巨大科学に人類の未来はない

自然科学の発達は、巨大科学の方向へと進んでいます。 巨大科学に人類の未来がかかっているように感じられますが、まったくの誤解です。 人は五感の内に生きているのですから、当たり前のことです。 巨大科学のほとんどが人の五感と無 … 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | コメントする

正しいことは小さい声で言うものだ

と最近知りました。 管理人がこれまで研究・考察してきたことについて、少しは発表の場が欲しいなと考えたりしました。 けれども、管理人がやってきたことの内に真実が含まれているのなら、その真実は、現在の文明にとって「身も蓋もな … 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | コメントする

3つの科学(精神科学・社会科学・物質科学)のE-M軸平面での位置関係について

2015年頃より、ヲシテ文献について調べるとともに、縄文哲学について学んできました。それらをまとめたのが2016年11月の記事などです。※サイト内記事を「縄文哲学」にて検索ください。 そのころ作成したのが 図1 や 図2 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | コメントする

群盲 象を評す 自然科学の「統合失調」は意図したものか?

2015年7月のこちらの記事や2017年6月14日の「ニコラ・テスラは、宇宙の本質が「回転運動」にあると考えていたようだ」に引用したニコラ・テスラの言葉をもう一度取り上げます。  引用元:フリーエネルギー研究序説:多湖敬 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: , , | コメントする

岡潔「数は量のかげ」 数には量に応じた単位が付く  しかしお金と時間には、「単位」が付くけど「量」の裏付けが無い

本日の大根一本の値段は157円です。(ネットスーパー調べ) 重さや長さは【g】や【cm】といった単位を持ちます。 大根は社会的要因(需要と供給)によって値段が変動します。 主要な通貨「円・米ドル」などは、不換紙幣です。  … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

運動は時間に比例して起きるかのか?というより「時間」は何処にも存在しない

数学者岡潔の言葉を散々考えてきました。 先日、参考になるかもと、 写真1 のような手巻き式の懐中時計を購入しました。内部の機構が見えるものです。裏面は、 写真2 のようになっています。 懐中時計の裏面をデジカメのスーパー … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: | コメントする

適切な「基礎」を用意しないと、私たちの文明は終わる

前回記事の続きです。 昨年より当ブログで何度か取り上げてきた3つの科学、『精神科学・社会科学・物質科学』について、ある科学者は次のように述べています。 宇宙における科学のすべて、真実の探求と理解の追求のすべては、この三つ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | タグ: | コメントする

自然科学という枝に縄文哲学を接ぎ木することはできない

先般の記事について、補足します。 ある科学者は、地球人類のことを木の枝を登る一匹のアリに例えました。 たとえば地球の科学者は電子が粒子で、波動性の二重性を保つものと定義せざるを得ない状態にある。彼らは電子は確率波をもつ粒 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類 | コメントする