宇宙を表す数式などできない 宇宙の方程式 などありない

このままでは、宇宙を数式で表すことは原理的に不可能です。正確に云います。「数学を使って物質的自然を表現することは(このままでは)不可能だ」ということです。物質的自然とは、数学者岡潔が名付けた「自然科学者が考える自然」のことです。講演録より「【 3】 五感でわかるもの」を参照ください。 宇宙の方程式 というのはありえないことです。これまでの考察でわかったことを順に示して説明します。

(1) 人の五感でわかる物や事についてです。「わかる」とは次の通り3つあります。前々回の記事『人が持つ「 わかる 」には3つ在る』を参照ください。

  1. 第1の心・・・意識を通す。言葉で云える。わけることによりわかる。要素還元主義。
  2. 第2の心・・・意識を通さない。言葉で云えない。何となく趣おもむきがわかる。岡潔の云った情じょう。ヲシテ哲学のナサケエダに同じ。わかり易く云えば「静止画がわかる」ということ。
  3. 第3の心?・・・意識を通さない。言葉で云えない。何となく動きがわかる。「動きがわかる。もののあはれ」。ヲシテ哲学の「アワレエダ」に同じ。わかり易く云えば「動画がわかる」ということ。

人が時の中に住めるのは2.と3.があるからです。 (追記注:12/12日 ご存知の通り、物質は離散的に現れます。離散的な現象が「わかる」には、2.と3.が必要だということです。)

しかし、人は普段において、意識をし、思考をし言葉で表現できる世界に居ます。「わけることによりわかる」と考えています。特に岡潔は「西洋人は1.しか知らない」といいます。岡の講演録より「【1】2つの心」を参照ください。

(2) 匙とスプーンの譬えの通り言葉は循環です。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , | コメントする

人が持つ「 わかる 」には3つ在る

2018年8月27日の記事「なぜ 日本語 は外乱に対して堅牢なのか」についての追記にてご紹介した石川九陽著の本「日本語とはどういう言語か」の書き出しに次のようにあります。

写真1

たとえば「 わかる 」とするか、「解る」と書くか、「理解わかる」がいいか、それともいっそ「理解できる」と漢語で表すかという、煩雑と云えば煩雑、微細といえば微細な思索は、日本語においては重大な問題である。

管理人は少し前までは、「分けることにより分かる。分かるの語源は分けるだ。」というふうに書いていました。でも段々に「わかる」に統一しました。

人は物をわけることにより「 わかる 」と思っています。これを否定する人はほぼ居ません。この点に注目したのは数学者岡潔です。岡潔講演録の「心そのもの、命そのもの」にある「【1】2つの心」で次のように述べています。

人には、ここから何時も言わなきゃ仕方ない、心が2つある。心理学が対象としている心を第1の心ということにしますと、この心は前頭葉に宿っている。それから、この心はわたくしというものを入れなければ金輪際動かん心です。その代り、一旦、私というものを入れたら、「私は悲しい、私は嬉しい、私は愛する、私は憎む、私は意欲する」と、丸で笑いカワセミのようにうるさい。

 それから、この心のわかり方は意識を通さなければ決してわからない。それから、ここまで来ればもう心理学は知らないんだけど、この心は物質的自然界の全部を覆うている。しかし、それより外へは決して出てない。物質的自然界というのは、自然科学者が研究の対象としている自然です。  略

欧米人はこの第1の心しか知らない。しかし人にはもう1つ心がある、第2の心心は2つしかないのです。1つじゃない、もう1つある、第2の心。この第2の心は頭頂葉に宿っている。この心は無私の心です。私のない心。どういう意味かと言うと、いくら入れようと思っても私というものは入れようのない心です。それから、この心のわかり方は意識を通さない、じかにわかる

岡潔は人に心は2つあると云いました。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , | 2件のコメント

GOOLRC B6 バランスチャージャー 分解&PCリンク人柱について

リポ電池の安全管理の必要から GOOLRC B6 バランスチャージャー を買いました。即分解したのでメモします。

2018年11月21日の記事「農薬散布 RC プロペラボート自作  ラジコンエアボート」で使うリポ電池はこれまでに使った電池で最大容量の3セル11.1V2200mAhあります。リチウムポリマー電池はとても怖いので、長期保管に気をつかいます。保存の際の放電にはセル単位の電圧を均等にすべきなどとあります。管理人がこれまで使ってきた充電器・放電器は古いものです。

写真1 京商FETチャージャー スワローチャージャー

スワローチャージャーはセルごとのバランスを取りながらの充放電はできません。そこで放電中に手動で各セルの電圧を均等になるようやってみたのですが、手間がかかりすぎます。仕方なく安くて評判が比較的よい GOOLRC B6 バランスチャージャー を購入しました。使い勝手はスワローチャージャーに近いです。以下写真です。

写真2 

写真3 各種コネクタケーブル

写真4 取説

写真5

どうもIMAX B6チャージャーというのが本家のようです。これと比較して、興味深い点に気付きました。本家はファームウエアが更新できる! 取説を見ると別売りでキットがあると書いてあります。よく読むと GOOLRC B6 バランスチャージャー にも「PC based analysis using USB Communication」とあります。でも本体には何処にもUSBコネクタはありません。あるとしたら本体の左サイドあたりにあるはずです。

写真6 温度センサー用コネクタの窓はある

無くても、基板にUSBコネクタ用のランドがあるかも知れません。で、早速分解しました。

写真7

やはり基板左端に何かあります。液晶はハンダ付けされておりはずせませんでした。

写真8

怪しい部分を拡大すると。

写真9

左下から温度センサー用のコネクタです。その下にあるランドも同じ温度センサーのようです。その上が何かわかりませんでした。一番怪しいのは電源コネクタの右隣の6個のランドです。でいろいろ調べて動画がありました。貼っておきます。

動画1

因みにネット上を探すと動画1用のファーム(らしきもの)で「B6mini_Firmware_Update_V1.13.rar」というのがあります。またPC用か何か「chargemaster_V2.04 (LIHV).rar」というのもありました。 こういうのを見るとやってみたくなるのですが、もう少し情報不足です。人柱でどなたかお願いします。ダチョウ倶楽部の上島を思い出します。

 

追記12月5日

調べたらB6チャージャーをアップデートする動画がありました。

動画2

説明のリンク先にあるソフト PROGISP(Ver1.72) はAtmel社のマイコン用の書込ソフトでした。書込ボードはUSBasp が使えそうです。動画2と写真9を比較して写真9のピン配置は不明です。

写真10 出典:USBasp

因みにB6チャージャーのマイコンは液晶の下にあるため何が使われているか確認できません。また、PROGISP(Ver1.72)からAVRISP mkII は認識しません。

 

追記12/6 かなり詳しい解説です。
TUTORIAL: How to flash the Imax B6 Charger to get the Calibration Menu 1 Back

動画3

動画から基板上にあるランドは左から「SCK、MISO、MOSI、RST、GND、+5V」だとわかります。写真9の上部にある6個のランドもこの順だと思われます。手持ちのUSB-serial-FTDIインターフェイスにて繋げられるはずです。 「B6チャージャー - USB-serial-FTDI - PC」と接続してバッテリーをモニターするソフトがあるようです。LogView-2.7.6を参照ください。寄付ソフトです。使う場合は気をつけましょう。

写真11

ダウンロード後インストールして、USBの相手先としてIMAX B6を選択できます。

写真12

RS232C として管理人のPCから COM4 USB Serial Port -FTDI が表示されて選択できました。 その前に、コピー品であるGOOLRC B6 バランスチャージャーをIMAX B6として認識させる必要があります。GOOLRC B6 バランスチャージャーの取説には温度センサーのこととプログラムフローに書かれていますが、接続方法は書かれていません。でも端子はあります。クローンだからハードは同じでも、ソフトは異なるということでしょうか。 だからファームウエアはどうかです。B6 based chargersには関連のフォーラムへのリンクとフリーのファームウエアに関する記事があります。人柱がちらつきます。

1)6端子を調べてArduinoのICSP端子もしくはUSB Serial Port -FTDIを経由してB6チャージャーの6端子につなぎます。

2)動画3で示されるソフトを使ってB6チャージャーのファームウエアをアップデートします。

3)その後キャリブレーションで完了ということです。 ただ動画3で紹介されているPCはマックのようですからWin版を探す必要があります。

4)そうすればGOOLRC B6でLogView-2.7.6を使えるようになるはずです。

因みに手持ちの Arduino uno を接続した場合において、IMAX B6の接続先は以下の通り表示されました。

写真13

別にバッテリーの温度管理ができるようにしたい訳ではないですけど、やってはいけないと思うとやりたくなります。もう少し調べればできそう。どなたかやってないか

こちらの写真も貼っておきます。 https://github.com/stawel/cheali-charger

imaxB6-original-front.jpg写真14 B6オリジナル

imaxB6-clone-front.jpg写真15 B6クローン

 

追記12/7 以下の資料があったのでやってみました。 GOOLRC B6にて、LogView-2.7.6を使ってPC - USB Serial Port -FTDI -  GOOLRC B6(温度センサー端子)経由で3セルリポ電池のログがとれるか試しました。結果、ダメでした。Log ViewからPort -FTDIは認識するも、温度センサー端子からデータが出てないようです。オシロで確認しました。見つかった資料です。

写真16 ある動画のキャプチャ

写真17 某サイトより

本家のチャージャーは、リポ電池充電の際には温度センサー端子のTXからデータを垂れ流ししているようです。GOOLRC B6ではデータが出てませんでした。 むしろ、USB Serial Port -FTDIをつないだ状態でリポ電池の充電をしようとすると、バッテリー温度過熱の警告が出て充電停止します。ちょっと解せません。ファームウエアを入れ替えねばうまくいかないようです。

写真14と15を参考に写真9にある6ピンがどれに相当するかあたってみるしかないようです。 GOOLRC B6のピン配置の情報はどこかにないかな。

写真18 https://www.rcgroups.com/forums/showthread.php?2611346-Imax-B6-mini-charger-DC-IN-TOO-HI-Fail

これが近いかも?

 

追記12/12 ファームウエア(cheali charger)書込の動画です。ソフト(eXtreme Burner)の場所も紹介されています。後はピンの配置だけわかりません。残念にもUSBaspを持ってませんので試せません。

動画4

写真19

 

追記12/13 写真9に写っている6個のランドはいずれもGNDでした。液晶の下に縦に5個のランドがあることに気がつきました。

写真20 中央右辺りに5個のランドがある

写真21

ハンダ付けされた液晶表示器を押し上げて基板表面を撮りました。画面一番下のランドがGNDで、一番上が+5Vでした。他のピンからは信号は出てないようでした。 どうもこの製品でのアップデートはムリのようです。

更に、CPUは「NUVOTON NUC029LAN」と読めます。

写真22

検索するとNUC029シリーズの解説をするpdfがあります。わからないので諦めです。

 

カテゴリー: 雑感 | タグ: , | コメントする

農薬散布 RC プロペラボート自作  ラジコンエアボート

動画サイトで見かけた農薬散布用ラジコンプロペラボート(エアボート)を自作しました。ほぼ完成です。 いろいろなRCプロペラボートがありますけれど、参考にしたのは次です。

動画1

小規模圃場用としての電動ボートです。重心がやや高いのと推進力を出すモーターが船体から離れているためか、あるいはタンク内で液剤の移動があるのか、発進の時に前のめりに船首が水を被っています。(0:49秒) ガソリンエンジンであれ電動であれ、ほとんどのボートは、操舵は後部に設けた翼で制御しています。 それに対してこちらのレスキューボートは、モーターマウントを左右に振って舵にしています。

動画2

最初に見かけたのは、、HM レスキュー・フロートプロペラボート レッド(フルバージョン モーター+アンプ+サーボ付属) – HC2520(A) RESCUE Float Full Version でした。RESCUE写真1

これらを参考に、(適当に)製作を開始して、出来上がったのがこれです。

写真2 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | タグ: , , | コメントする

三位一体 と縁起は、ほぼ同じ意味 いずれも社会科学に属する

過去に仏教用語である「縁起」について記しましたが、キリスト教の概念である「 三位一体 」もほぼ同じ意味だと考えられます。

(1) 過去記事に縁起とは、原因と結果であると記しました。ネットにある辞典によると仏教の根本思想だとのことで、次のようにあります。

仏教用語。他との関係が縁となって生起すること。自己や仏を含む一切の存在は縁起によって成立しており,したがってそれ自身の本性,本質または実体といったものは存在せず,空である,と説かれる。

難しく書かれています。「本質または実体といったものは存在せず,空である,」とのこと。まるっと同意です。”物質は別の次元軸からの投影による映像だ”というのが弧理論(Ark Theory)の基本です。実体は別の次元軸上にあります。

wikiには次のようにあります。

此があれば彼があり、此がなければ彼がない。此が生ずれば彼が生じ、此が滅すれば彼が滅す。
— 小部経典『自説経』(1, 1-3菩提品)

「此これがあれば彼がある。」つまり、互いに原因と結果の関係にあると云います。簡単に考えれば物理の二体問題です。

図1 出典:二体問題

いつも引用するある科学者は運動の相対性について、次のように述べています。

宇宙空間を進行している二個の惑星のそれぞれに一人ずつ観測者がいるとしよう。この惑星はいわば光速の半分で動いているとする。しかしどれも等速度で平行に進行しているのだ。もし宇宙空間に他の天体が存在しないとすれば、二人の観測者は当然のことながら自分たちの惑星は運動エネルギーをもたないと考えるだろう。何故なら二人の関係位置が同じエネルギー・レベルにあるからだ。そこで三番目の惑星を置いたとして、これが空間に静止しているとすれば、二人の観測者は自分たちの惑星が相関的には運動エネルギーをもたないのに、第三の惑星に関してはすさまじいエネルギーをもっていると感じるだろう。しかし実際にはどの惑星が動いているかを決定する方法はない。ただ、惑星間に相対的な運動または異なるエネルギーがあるといえるだけだ。

二人の観測者がいる惑星を惑星Aと惑星Bとし、第3の惑星をCとして図示します。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , | コメントする

自然 とはどのようなものか 3つの側面

これまで数学者岡潔の言葉を基に自然科学の問題点について考察してきました。岡潔は自然科学について、次のように述べています。「【1】 このままでは人類は滅びる」を参照ください。

自然科学というものは、自然とはどういうものかということを言わないで、自然というのはわかり切っていると一人決めにしている。そして、これについて科学した結果を集めたものです。だから、かようなものは学問とはいえません。これは単なる思想です。

自然科学者にとって、「自然とはわかりきったもの」として、これを科学したものの寄せ集めだと云うことです。だから、それぞれ分野に細分化されて専門家がいます。

では、自然とはどのようなものでしょうか。 その前に、現在の科学の分類を見てみます。ご存知の通り大きく分けて3つにわかれています。図を2例あげます。

図1 出典:サルでも分かる人文科学/社会科学/自然科学の見分け方(分割図つき)

図2 出典:公衆衛生学とは何ぞや

人文科学、自然科学と社会科学の3つです。この3つの科学は岡潔によれば、「科学者各人がめいめいに(自然とはこういうものだ)と考えて(決めつけて)、これについて科学したものを寄せ集めたもの」です。「だから、かようなものは学問とは云えない」のです。 現に、何か事がある度に様々な専門家が登場し解説します。こんな専門家がいるのかと驚くことがあります。 何より、各分野の境界に放置されたことが幾つか存在することがわかってきました。(ジェット気流など幾つかありますが、ここでは割愛します。)

科学体系の分類は後から(次第に)作られたものだと推測します。

 

いつも引用するある科学者は、科学は3つの分野にわけられるとしました。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

アリとサイコロの例えと クオーク

平面世界(2次元)に住む アリ が居ました。アリは唯物主義者でした。※注  アリの感覚では前後と左右しかありません。

※ 唯物主義・・・五感でわからないものはないとしか思えない

ここに3つの面しかもたない奇妙なサイコロがあります。奇妙なサイコロは3面体です。各面に数字を示す記号が書かれています。1と2と3です。

写真1

アリ はこのサイコロを何度も振ります。観察した結果は以下です。

  • 2回に1回しか目が出ない。サイコロは存在するのに目が出ない。
  • は6回に1回出る。
  • は6回に1回出る。
  • は6回に1回出る。

つまり、6回に3回はが出ます。確率は6分の1なのに目は3つしかありません。

そこでアリは考えました。「目(数字)の仕組みがあるはず。それは、4と5と6であるはず。そして、目が出ない(観測されない)のは4、5、6がサイコロに閉じ込められているからだ。」

そして、アリはある結論に達します。「本当は、サイコロには内部構造があって、次のようになっているに違いない。」

  • 1には6
  • 2には5
  • 3には4

という内部機構があると考えました。「1が出るときは7から6が差し引かれ、2が出るときは7から5が差し引かれ、3が出るときは7から4が差し引かれるのだ。こうして出た目と確率から常に7を計算できる。きっと宇宙の本質は7にある。」と結論づけました。こうして平面アリは唯物主義者でありながら観測できない4、5、6という記号を含めて3面体のサイコロと認めてしまいました。 彼らが持つ感覚でわかるのは、3面体のサイコロしかありません。

おしまい。


クオーク の閉じ込めをサイコロの目に例えたお話しです。 平面アリのお話しでは、本質が「7」であるところで切りよく終わっています。しかし、素粒子群の話には終わりがありません。唯物主義だから、ないとしか思えないのです。これは厄介です。既に唯物主義を逸脱していることにすら気づけないのです。別の次元軸を考えることができないのです。

あまり、うまい例えではありません。他の話から派生してできたものでして、上の話はどうでもよいです。 岡潔講演録より「【3】 西洋の唯物主義」を参照ください。

 

カテゴリー: 雑感 | タグ: | コメントする

物理学は「物の理」を科学するはずが、時間を用いることで「事の理」を科学している

物理学 は、物の理ことわりを科学します。物の理を科学するから 物理学 です。 人の五感でわかるのは物や事です。物と事とは次の通りです。

  1. 物・・・人の五感でわかるを持つ物質のこと。質量と位置を持つ。質量は重力のもとでは重さに等しい。物の位置と位置の隔たりが長さ(距離)。面積や体積を持つ。位置の変位を運動という。ここでは「具体」と呼ぶ。
  2. 事あるいは事柄・・・人と物あるいは物と物の関係、関連、リレーションシップあるいは出来事(イベント:時の過去)のこと。ここでは「抽象」と呼ぶ。

数学者岡潔の言葉を手がかりに考察すると、自然科学における時間は「物」ではなく、「事」であるとわかりました。注:過去記事『角度 は「量」ではない 角度から作る時間は物理量ではない』と「1.時間とは何か」並びに『【2】自然科学者の時間空間』を参照ください。 つまり、物理学を含めた自然科学は、時間を用いることによって「事あるいは出来事」について科学したものだということです。 要するに 物理学 は「事の理ことわり」を科学したものです。物理学は「物」とは何かを科学していないということです。

 

以下は「1.物と2.事」についての説明です。

1.物はほとんどの場合において均質ではありませんし、五感でわかる重さや大きさも目分量です。そこで、長さや重さの変わらない物(均質な金属等)に刻み目を入れて文字(数字)を入れたモノサシを基準にします。これと比較することにより、確からしい大きさ(長さ・面積・体積)を出します。質量も同じ方法を用います。これが物理量です。 ただし、目分量を「」に置き換えた段階で最初の抽象化が入りますので注意が必要です。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

自然科学の問題点

前回までの記事で、自然科学は間違っていると言い切ってよいようです。ほぼ確定です。改めて 自然科学の問題点 をまとめます。

  1. 唯物主義の限界
  2. 時間は物理量ではない。
  3. 要素還元主義の限界

1.数学者岡潔は、自然科学者が考える自然を物質的自然と名付けました。※ 自然科学者の唯物主義について、「五感でわからないものはないとしか思えない」のだと云いました。人の肉体に備わった五感には限界があります。

感覚器官は細胞でできており、タンパク質であり、元素です。五感でわかる範囲は概ね赤い括弧で括った範囲になります。この範囲内であるというのが唯物主義の限界です。しかし、自然科学者は例えば1020倍ほどに拡大することにより範囲を越える物質や現象を観察してきました。これに限界が存在していることに気付かないのです。ですから、観測や実験の結果は液晶画面上の図やグラフであったり、グラフから得た情報を元に作成したCGが多いです。

図1 https://www.kek.jp/ja/NewsRoom/Release/2013/10/08/709-01.jpg

「わからないものはないとしか思えない」のです。彼ら自身が仮定の元に考えていると思っていません。だから探求に際限がありません。立ち止まって考えることができません。「【 3】 五感でわかるもの

自然とは何か、とても問題です。弧理論の考え方からすると自然の内、物質的自然が扱う領域は4分の1から8分の1くらいではないかと考えています。

続きを読む

カテゴリー: 解説, 雑感 | タグ: , | コメントする

角度 は「量」ではない 角度から作る時間は物理量ではない

これまでに、「宇宙の本質は距離(長さ)ではなく、 角度 にある」と何度か書きました。この観点は、物質的自然※が「別の次元軸からの投影による映像」だとの仮説から来たものです。 しかし、人が時間を作ることとなった原点も 角度 でした。この一致は管理人にとって奇妙なことでした。現在もこの一致はどこからくるのかわかりません。※数学者岡潔の「【3】五感でわかるもの」を参照ください。

人は太陽や天体の運行により方位・方角を知るとともに季節の移り変わりとの関係に気付いて暦を作りました。

図1 出典:太陽の動き

暦(春夏秋冬の変化)とともに年や月を決め、時、分、秒という時間を決めました。 その際に用いたのが大地に立つ人と太陽や天体の動きにかかる 角度 です。

図2 出典:時差とは

だから、時計はアナログの日時計が始まりです。

写真1 携帯の日時計

デジタルになった現在のセシウム原子時計になっても10進数で扱いながら12の倍数であるわけです。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: | 4件のコメント