田坂広志氏による ゼロ・ポイント・フィールド 仮説は”差分”ということ

手元に「死は存在しない 最先端量子科学が示す新たな仮説:田坂広志著」があります。

死は存在しないかどうかに興味はなくて、量子論から得られる仮説だというゼロ・ポイント・フィールドに興味があります。興味深いことが書いてありますので引用したうえで、弧理論からの解説をします。

本では、ビッグバンを起こした膨張する宇宙、森羅万象の宇宙は、すべて量子真空から生まれたとして、量子真空について次にように述べています。P118【無限のエネルギーが潜む「量子真空」】より。

これは、すなわち、この「量子真空」の中には、この壮大な宇宙を生み出せるほどの莫大なエネルギーが潜んでするということに他ならない。

そして、この「量子真空」は、いまも、我々の身の回りに、この宇宙のすべての場所に、普遍的に存在しているのであり、これは、別な表現をすれば、我々の生きているこの世界の「背後」に、「量子真空」と呼ばれる、無限のエネルギーが満ちた世界が存在しているということである。

このように、現代科学の最先端の量子物理学においては、何もない「真空」の中にも、莫大なエネルギーが潜んでいることが明らかにされているのであるが、このことは、「真空」を「無」と考える一般の常識からすると、なかなか理解できないことであろう。

なぜなら、密閉された容器の中から空気を含むすべての物質を外に吸い出し、容器の中を完全な「真空」の状態にしても、なお、その「真空」の中には、莫大なエネルギーが存在しているのである。そして、このエネルギーのことを、量子物理学では、「ゼロ・ポイント・エネルギー」と呼んでいるのである。

また、最新の「量子真空」の研究によれば、このエネルギーは「無限」であるとの理論も提示されている。

研究によれば、何もない(量子)真空には、無限のエネルギーが存在しているとして、このエネルギーのことをゼロ・ポイント・エネルギーと呼ぶと言います。

そして、宇宙のすべての情報を記録する「 ゼロ・ポイント・フィールド 」が存在するというのが仮説です。【この宇宙のすべての情報を記録する「ゼロ・ポイント・フィールド」】P121より引用します。

この「仮説」を詳しく論じる前に、その内容を、もう少し正確に説明するならば、この「ゼロ・ポイント・フィールド仮説」とは、この宇宙に普遍的に存在する「量子真空」の中に「ゼロ・ポイント・フィールド」と呼ばれる場があり、この場に、この宇宙のすべての情報が、「波動情報」として「ホログラム原理」で、「記録」されているという仮説なのである。

量子物理学の研究の成果として、ゼロ・ポイント・エネルギーがあり、その”場”をゼロ・ポイント・フィールドと呼ぶ仮説で説明すると言います。そして、ゼロ・ポイント・フィールド仮説によれば、宇宙のすべての情報は、波動情報として、ホログラムの原理によって、記録されているとされます。

現在の物理学では、ゼロ・ポイント・エネルギーは事実として認められていて、その原因を「場」で説明するべくゼロ・ポイント・フィールドという仮説がたてられたようです。

過去に、ゼロ・ポイント・フィールドに言及していました。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , | コメントする

すべては 差分  如来 運動の相対性 貸借対照表 エネルギー保存の法則

人の肉体に備わった器官でわかるのは、です。

  • 物と事は一つの実体の異なる面に過ぎない。(自然は映像)
  • 物と事は互いに規定しあって成り立つ、繰り返し、循環である。

自然は別の次元軸上にある実体の投影による映像だとの考えです。弧理論の出発点です。

図1 基軸(気)上にある実体が投影されて物と事(運動)として現れる(M軸:映像)

ある科学者は”一つの実体”と言いますが、自然にある現象を観察するにすべては、 差分 であるようです。ということで、物と事は複数の実体に関係しているとみています。複数の実体が映写されることにより、物と事として現れているということです。

物は陽子・中性子・電子の三種あります。事(運動)には、次のようであると考えられます。

  • 角度、時間
  • 速度、流速
  • 加速度、躍度(加速度の時間変化)
  • 圧力、気圧
  • 温度
  • エネルギー
  • 波動(時間の観念を含む)
  • 孤立波(ソリトン)
  • ソリトンの一種である素粒子
  • 電磁波、光子
  • 確率
  • 情報(記憶)

なお、素粒子は波の一種であり、物ではなくて事の一種です。

素粒子の質量について、GeV/cで表されていますが、光速度c[LT-1]がわかるためには、その前に時間[T]がわかっている必要があります。時間は運動から作ります。岡潔の言ったとおり、時間という計量的なものはありません。つまり、時間は物の量ではなくて、事の質です。電子ボルトに事の質である時間を係数として掛けることによって、素粒子の質量としています物理学は物の量と事の質を混同しています。これは間違いです。 サイト内を差分で検索すると54件の記事があります。

で、仏教の如来です。

  • ~の如し、の如し、のごとし・・・・
  • 右は左の如し、左は右の如し。
  • 善は悪の如し、悪は善は悪の如し。
  • ヲ(雄)はメ(雌)の如し、メ(雌)はヲ(雄)の如し。

そして、ご存じのとおり運動は相対的です。

さらに面白いことに、複式簿記に使われる貸借対照表も如来と同じです。

図2 出展:【バランスシート(貸借対照表)の見方】図解でわかりやすく解説

  • 貸方は借り方の如し、借り方は貸方の如し。

年度締めに使う合計残高試算表はよくできています。

図3 出展:合計残高試算表を作成する。

自然が(複数の実体からの)投影による映像であるならば、映像である自然には、ことごとく中心がないと考えられます。だから、あらゆる物と事は、相対的であり、わかるのは 差分 だとすると納得できます。

複式簿記の起源は諸説あるようですが、13世紀末期から14世紀初頭のイタリア説が有力とされています。地球上の権力の起源が通貨発行権にあることは間違いありません。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

なぜ、 心の本体 を”タマ”と呼んだのか?

ヲシテ文献においては、ヒトにある2つの心タマシヰといいます。漢字で書くところの「魂こん」では意味が通じません。タマは 心の本体 で、シヰは欲しい欲しいのシヰで、生命維持の欲求です。生命維持の欲求は、強いるのシヰですから意味がわかりますけれども、 心の本体 を何故タマと呼ぶのかが問題です。

生れてこのかた、存在についての説明が不要なのは自己だけです。自己の存在こそ誰かに説明を求める必要などありません。自己の存在は銘々わかっています

岡潔はというと、心の本体を「情」と言いました。コトバンクの「」には次のようにあります。

物事に感じて起こる心の動き。気持ち。
思いやり。なさけ。
異性を慕う心。男女の愛。
物事の実際のありさま。
そのものから感じられるおもむき。味わい。

物に感じて動く心の働き。感情。
他人に対する思いやりの気持ち。なさけ。人情。
まごころ。誠意。
意地。
特定の相手を恋い慕う気持ち。愛情。また、特定の相手に対する肉体的な欲望。情欲。
事情。いきさつ。
おもむき。味わい。趣味。

管理人が岡潔のことを知ったのは、2015年ころです。以来、岡潔の言う「大宇宙の本体は情である」ことや「日本人は情の人である」というのを納得してきました。しかしながら、最近はどうも違ってきました。

というのは、心の本体を”情”とするには、「情とは何なのか」を説明せねばならないからです。そもそも、自己の存在は自己が銘々わかっているのであって、それをわざわざ説明が必要な「情」とするのは違うと思うからです。そのように感じるきっかけとなったのがヲシテ文献にあるナサケヱダです。

  • ミヤビ(ナサケヱダ+アワレヱダ)

ホツマ辞典によれば、ミヤビは随心とされています。ミヤビによりヒトに社会性ができますし、記憶を司っています。このナサケヱダが岡潔の情に等しいとわかりました。また、本居宣長の「もののあはれ」とアワレヱダが等しいとわかりました。図にします。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: | コメントする

何故、 水掛け論 が成り立つのか。

何故、 水掛け論 が成り立つのか考えました。今回は音声でお送りします。

  • 言葉は互いに規定しあって成り立つ繰り返し。
  • 言葉は形式。【4】情のメカニズム
  • 世界中に多数の言語があるのは、言葉が型式だから。
  • 世界中に多数の宗教があるのは、教義や経典が言葉で書かれているから。
  • 世界中に多数の主義主張があるのは、言葉で表現されているから。
  • 人は物や事を言葉でわかっているのではない。

図1 出展:水掛け論のイラスト(棒人間)

図2 言葉は必ず繰り返しを含む

図3 出展:超弦理論とブレーン世界

玄野武宏の音声でお送りしました。世界的な混迷の原因は、主義主張のぶつかり合いにあることは明白です。


図4 大きさのスケール 単位m

図3にあるプランクの長さとは、いったい何を示しているのだろうか?

プランク長(プランクちょう、英: Planck length)は、長さのプランク単位である。記号  lP で表す。コンプトン波長を π/pi で割ったものとシュワルツシルト半径とが等しい長さとなる質量で定義される。このときの質量をプランク質量という。

プランク長
Planck length
記号  lP
値 1.616229(38)×1035m
相対標準不確かさ 2.3×105

プランク質量について。

プランク質量(プランクしつりょう、英: Planck mass)は、プランク単位系における質量の単位である。プランク質量 mP の値は以下である。

ここで、括弧内に書かれた数字は、最後の2桁についての標準不確かさを示す。つまり、(2.176470±0.000051)×10-8kg という意味である。c は真空中の光速度、 hバー はディラック定数、G は万有引力定数である。

プランク質量はコンプトン波長を π/pi で割ったものとシュヴァルツシルト半径とが一致する質量である。その長さはプランク長である。

他の自然単位の値が非常に小さいか大きいかであるのとは異なり、プランク質量の値はほぼ人間が取り扱えるスケール内にある。すなわち、1プランク質量は一般的なコピー用紙(坪量 64g/m2)を 1mm×0.3mm に切ったものの質量くらいである。

よくわかりませんが、質量と加速度が出てくるのですから、たぶん、量ではない時間をパラメータとして換算しているようです。物の量と事の質を混同している結果であるような気がします。因みに時間事の質です。物の量ではありません

因みに、超弦理論をもう少し複雑にするとネットワーク理論になります。匙とスプーンの関係は、人がわかる具体的な物と事ですけれども、超ひもやネットワーク理論は抽象な事に過ぎません。図4参照。

 

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , | コメントする

近頃、変だと思うこと  イーロン・マスク が暗殺されないという事実

近頃、奇妙だと思っていることをメモします。

  •  イーロン・マスク が殺されないこと。

管理人は、政治・経済・金融の状況をニュースなどで見るにつけ、民衆に主権があるのではなくて真の支配者は別にいて、私たちは奴隷に近いなと感じてきました。

古代ギリシャにおいて、市民支配階級を意味しました。生活に必要な事は奴隷にやらせました。近世まで奴隷の生活は、持ち主である市民からあてがわれていました。しかし、現代においては、市民は自らの生活は自ら稼ぎ続けながら、富を何処かに居る支配者に捧げ続けなければならない存在となっています。つまり、現代においては、市民=奴隷です。参考記事です。

過去記事にて紹介したように、FBIが持っているニコラ・テスラの情報が開示されたことについて、FBIのサイトを調べてみたらニュースレターや新聞記事の切り抜きpdfに過ぎなかったということがありました。

どうも、以前からFBIのやっていることは(断片的に)怪しいことがわかっていました。

 

昨今、ツイッターファイルなるものが公開されているとのことで、公開に踏み切った イーロン・マスク が何故暗殺されないのかが腑に落ちてきました。管理人が2次情報、あるいあ3次情報としてよく観ているサイトをあげます。

そのほかに、馬淵睦夫氏や茂木誠氏ほかの動画や本も参考にしています。藤原直哉氏は、最近の動画にて、イーロン・マスクが殺されないのは、米軍が裏についているからと述べています。なるほど、FBIとCIAに対抗できるのは軍関係者だけですから納得です。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 未分類, 雑感 | タグ: | コメントする

意味のある 情報 と本質のない情報

以前、情報に本質はないと記しました。

弧理論での前提を考えます。

  • 人が肉体に備わった器官でわかるのは、物と事である。
  • 自然は別の次元軸からの投影による映像である。

別の次元軸を基軸(気軸)と言います。映像としての自然をM軸と言います。自然が映像ならば、その表れであるM軸上にある物と事の全ては結果に過ぎません。

図1

前提からして、次になります。

  • 物と事は一つの実体の異なる面に過ぎない。
  • 物と事は互いに規定しあって成り立つ繰り返し、循環である。
  • 人にとって、”物がわかる”というのが時の現在である。
  • 人にとって、”事がわかる”というのが時の過去である。
  • 物と事は同時に決まらない。

上記の「わかる」というのは、「何となくその趣おもむきがわかる」というのであって、岡潔の言う”情的にわかる”に相当します。”わかる”には、順があります。

  1. 情的にわかる
  2. 知的にわかる
  3. 意識を通してわかる

1.がなければ一切は存在しません。2.と3.をもって理解、あるいは物の理ことわりと言います。これが知識です。岡潔は情的にわかるという心を第2の心とし、下2つを第1の心としました。【4】情のメカニズムより。

自覚するといえば情の目で見極めること。知や意では自覚できない。大体、「知、知」と知を大事にする。中国人もそうだし、印度人もそうだし、西洋人だってそうです。今の教育なんかもそうだけど、知ということについて少し深く考えてみた人、あるだろうか。私はないだろうと思う。

 知の働きは「わかる」ということですが、そのわかるという面に対して、今の日本人は大抵「理解」するという。ところが、わかるということの一番初歩的なことは、松が松とわかり、竹が竹とわかることでしょう。松が松とわかり、竹が竹とわかるのは一体、理解ですか。全然、理解じゃないでしょう。

 理解というのは、その「ことわり」がわかる。ところが、松が松とわかり、竹が竹とわかるのは理がわかるんではないでしょう。何がわかるのかというと、その「おもむき」がわかるんでしょう。

 松は松の趣をしているから松、竹は竹の趣をしているから竹とわかるんでしょう。趣というのは情の世界のものです。だから、わかるのは最初情的にわかる。情的にわかるから言葉というものが有り得た、形式というものが有り得た。

 それから先が知ですが、その基になる情でわかるということがなかったら、一切が存在しない。人は情の中に住んでいる。あなた方は今ひとつの情の状態の中にいる。その状態は言葉ではいえない。いえないけれども、こんな風な情の状態だということは銘々わかっている。

 言葉ではいえない。教えられたものでもない。しかし、わかっている。これがわかるということです。だから知の根底は情にある。知というものも、その根底まで遡ると情の働きです。

つまり岡潔は、情・知・意の順に働くと言っています。話を戻します。

図1のとおり、自然が映像ならば、基(気)軸上にある実体が、投影されその結果物と事として現れるということになります。それがM軸です。そして、情・知・意の順に働くということです。ですから、あらゆる情報、つまり知識は結果に過ぎません。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

林千勝氏の「 世界皇化 と八紘為宇」と藤原直哉氏による「21世紀はみんながリーダー」

最近、藤原直哉氏の動画をよく見ます。「21世紀はみんながリーダー

皆が自覚すれば世の中は変わると考えていますけれども、何をどう変わればよいかはいろいろあります

管理人は、みんながリーダーになるというより、みんなが天皇になればよいと考えてきました。というのは、天皇は民に代わって、世の安寧を願われているのですが、みんなが世の安寧を願えるようになるのが一番だと思うからです。

そのことに関して、興味深い動画がありましたので、挙げておきます。

動画1 【令和五年 新春特別対談】林千勝氏に聞く[桜R5/1/2]

38分ころからです。林千勝氏は、日本人の止揚を述べています。

写真1 動画より

その中で、八紘為宇世界皇化 を挙げておられます。林千勝氏の主張について、以前の動画で聖徳太子の「和」というのでは弱いと記しました。

管理人の理想として、クニトコタチさんやアマテルさんのころまでののヲシテとのヲシテが再び実現することを願うにあたり、八紘為宇や 世界皇化 より進んで、みんなが天皇になればよいと考えました。つまり、祈祷や呪術的な何かではなく、みんながのヲシテとのヲシテを実践する世界になることが止揚だと考えます。

恐れ多い主張だとか、非現実的であるということは十分承知しておりますが、どうせ願うならば、2つの心について、均整の取れた世界を目指したいものだと考えています。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説, 雑感 | タグ: , , , , | コメントする

「本当の大災難は2025年7月」というのは、同時に 人類の希望 になってほしい

最近、たつき諒の予言漫画「私が見た未来 完全版」を読みました。近頃、都市伝説とか予言などの動画を観ます。その中で結構紹介されているのが、”多くの予言者が2025年に何かが起きる”とされていることです。特にこの本では、7月とまで特定されています。ある都市伝説系の動画で紹介されている、この本を買いました。

面白いのは、2025年7月に起きると予言されているのは、大災害ではなくて、大災難だというところにあります。災害と言えば、台風や地震、あるいは火山の噴火などです。または、疫病などであるかも知れません。

災害(さいがい、英:disaster)とは、自然現象や人為的な原因によって、人命や社会生活に被害が生じる事態を指す。

しかし、この本で紹介されているのは、大災難だということです。

思いがけず身にふりかかってくる不幸な出来事。災い。

災難というのは、見方を変えれば試練にあたる何かかも知れません。人が成長するのに必要であって、そういった試練に耐えて、越えて行かねばならない何かです。考え方を変えると、不幸な出来事であっても、”もしかしたら”という希望が持てる、 人類の希望 につながるように思います。

 

ところで、冬になって暖房が必要になってきました。例年のとおり、11月頃から脱衣場にハロゲンヒーターを持ち込んでいます。切り忘れが無いように、以前作ったタイマーをAC電源とヒーターの間に挟んで使っています。

しかし、このタイマーは12進数に改造したものです。

写真1 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

1%の人がひふみ神示にある「悪を抱き参らせる」に必須の論理は、 アワウタ にある

日月神示、ひふみ神示の補巻 月光の巻第二十八帖に「悪を抱き参らせよ。善も抱き参らせよ。」とあります。その志を持つ人が日本に1%ほどいるようです。次の動画の1:00~あたりが重要です。

動画1 【今、世界はどうなっている?】林千勝×水島総 第21回「改竄された歴史、原爆投下の真の標的とは? / ユダヤ支配とアメリカ分断の政治構造」[桜R4/12/17]

水島総氏と林千勝氏が述べていることの大意です。

  • 日本に目覚めている人は1%ほど。(世界にも)
  • 反グローバリストたる福音派アメリカ人とて、インディアンを虐殺した歴史を持つ。
  • 彼らもKKK、あるいは反ユダヤ主義の歴史がある。
  • 彼らの歴史は200年ほどしかない。
  • 日本人は、ユダヤ人と同じくらいの長さの歴史を持つ。
  • 彼らと対等に渡り合えるのは日本人だけである。
  • 我々は、アメリカの分断と同じところに居てはいけない。
  • 止揚(ドイツ語: Aufheben)が必要である。
  • (別の動画にて)林千勝氏「日本が持つ”和”によって世界平和を成しえる。」

動画のキャプチャです。

写真1 米国における分断構造(影響力を持つユダヤ人福音派を支持基盤に持つアメリカ第一主義者の構図)

現在の米国の政治構造は、分断構造にあります。民主党の内に目覚めた反グローバリストが居て、共和党にもグローバリストが居る状態にあります。

写真2 民主党の内に目覚めた反グローバリストが居て、共和党にもグローバリストが居る

林千勝氏『アメリカ第一主義の人たちは、反グローバリストではありますが、反グローバリストたる福音派のアメリカ人とて、インディアンを虐殺した歴史を持つし、クー・クラックス・クラン(英: Ku Klux Klan)、あるいは反ユダヤ主義という差別の歴史がある。第一、アメリカはおよそ200年の歴史しかありません。(グローバリストたる)ユダヤ人と対等であり得るのは日本人だけだ。」と言います。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | コメントする

4種類ある発散トーラスで電子のスピンを説明する

いろいろ難しいところがありますが、兎に角やってみます。

自然は別の次元軸(基軸)からの投影による映像(M軸)だというのが弧理論の前提です。人がわかる物と事は、基軸上にある実体の投影によって映し出される映像です。そして、物と事(運動という。)は一つの実体の異なる面に過ぎません。物と事は同時に決まりません。「事がわかる」というのは、過ぎさった運動の記憶によります。

人にわかる物と事は差分らしいと考えています。宇宙(M軸)に中心はなく、代わりに基軸上に2つの中心があります。(だから、空間ができます。)その最も小さな差分宇宙背景放射ではないかと考えます。また、2つの中心アとワからできるM軸上での”かげ”が、宇宙の最も大きな構造(ボイド:泡)を形作っていると考えます。(宇宙の大規模構造

写真1 出展:宇宙の大規模構造

そして、人にわかる物と事が差分だとすると、実体は複数あるようです。

弧理論では、物は陽子・中性子・電子の3つだけです。それぞれが2つの実体を持つと考えます。それぞれにアルファベットを割り付けて、実体をABC、GHIと呼んでいます。

図1 基軸(旧E軸)上にある実体をABC並びにGHIとする

注)以下、図中にE軸と表示のある場合、基軸と読み替えてください。

陽子(D)の実体はAとGです。中性子(E)の実体はBとHです。電子(F)の実体はCとIです。

電子と実体Cについてのみ考えます。

物である電子が観測者に対して静止している場合は、実体CとIはM軸に対して直交しています。直交以外の角度である場合、物である電子は事(運動)としても現れます。

図2 実体Cは物と事(運動)として現れる

実体Cと電子FのがM軸に並行して現れた場合のM軸上での形状が発散トーラスです。ただし、実体Cと電子Fの対がM軸に並行の状態では、電子は物としての次元を失っていて観測できません。その時の形状が発散トーラス(の場)だということです。発散トーラスは距離の7乗に逆比例する力の場です。とても強いが到達距離は極端に短いです。

発散トーラスは4種類あります。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする