解説」カテゴリーアーカイブ

弧理論の解説

父親は、魚の捕り方を教えてくれたが、魚はくれなかった。

動画サイトの街録chでの、ボビーオロゴン氏へのインタビューで、彼が語った言葉です。 動画1 数学者の岡潔は「わからないXに関心を集め続ける」と述べました。参考【4】禅の非思量 この言葉は、表題のとおり、岡潔が「魚の捕り方 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

岡潔 にも勘違いはある?

当サイトでは 岡潔 の言葉を詳しく検討してきましたが、岡潔も勘違いしているらしい事があります。 岡潔は、言葉は形式だと述べています。【4】情のメカニズムより。 知の働きは「わかる」ということですが、そのわかるという面に対 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , | コメントする

電流は、マクスウェルの悪魔を起こせる か

電子の運動を使って、 マクスウェルの悪魔を起こせる でしょうか。マクスウェルの悪魔(Maxwell’s Demon)とはマクスウェルが唱えた熱力学での思考実験です。 図1 出展:マクスウェルの悪魔とは? 電磁 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

論理に繰り返しが現れたら、論理の終端( 抽象 )である

何かの議論をする内に、その論理の中に”繰り返し”が現れたら、その論理の終端です。終端とは論理がすでに 抽象 になっていると言うことです。 その論理に矛盾があるわけではありません。むしろ論理が正しいからこそ繰り返しが現れる … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , | コメントする

第1の心しか知らない 人 から、心が2つあると知っている”ヒト”へ ある計画 の最初の一歩

人 とは肉体を持った人間です。現代人のほとんどが、心は2つあることを知りません。1つしか知りません。対して、ヲシテ文献に登場するヒトは心が2つあることを知っています。前回記事の続きです。 ヲシテ文献においては、ヒトとは「 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: , , | コメントする

ある計画 ガイアの法則と 日月神示 を組み合わせた地図

ガイアの法則(千賀 一生著)によれば次なる文明は東経135度から1.4度以内に起きるとされます。 図1 出展:大地を枕に また、 日月神示 はヲシテ文献のフトマニの流れを汲みます。 管理人は随分昔、ある計画があるらしいこ … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , | コメントする

「 気づく 」には2種類ある

「 気づく 」は、仏教で言うところの”気づかされる”という他力であり、ヲシテ文献での”(キ)づく”でもあります。ヲシテ文献の(キ)はキツサネ(東西南北)のヒガシ(東)の古い古い言葉です。(キ)とは日の昇る方角であると同時 … 続きを読む

カテゴリー: 解説, 雑感 | タグ: , , | コメントする

ある科学者は、 加速度に種類がある ことを述べていた

ある科学者の言葉で、以前から訝いぶかしく感じていたことがあります。今回、彼の説明の意図( 加速度に種類がある )がわかりましたのでメモします。 ★加速を感じない理由についてです。 我々の宇宙船が地球人から観測されるときや … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , | コメントする

自然科学 は思わぬところから瓦解する

ある科学者は、地球の科学について、基本的には悪いところはないと言うが、基礎がないと言います。岡潔が 自然科学 を問題視したのと同じです。科学に基礎がなければ、いずれ地球の文明は終わると言います。 その基礎として、ある科学 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , | コメントする

自然科学 に代わる新しい科学の最低要件 ”物を量り事を質す”

自然科学に代わる新しい文明の基礎となり得る科学の最低要件を示します。(長くて申し訳ないです。) その前に管理人が自然科学の問題点を追求する切っ掛けとなったある科学者の言葉を列挙します。 科学知識を求める人間は木に登るアリ … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , | コメントする