月別アーカイブ: 2018年8月

なぜ 日本語 は外乱に対して堅牢なのか

縄文時代からの言葉を 日本語 とするならば、なぜ 日本語 がこれほどまでに外乱に対して堅牢なのだろうか?これまでずっと考えてきました。 日本語は、ヲシテの言葉に加えて漢字、ひらがな、カタカナ、ポルトガル語やオランダ語ある … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

物質の運動→ 熱の伝導  単極誘導モーターへの応用について

ある科学者が 熱の伝導 に関することで次のように述べています。「浮き葉的余生に」のサイトより一部引用します。 君の国の科学技術者はいまいわゆる原子エネルギーで推進する潜水艦の建造計画に従事している。(注=この記事はかなり … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

インクレディブル・ファミリー  悪がなくなると正義は不要になる

最近、洋画アニメ「 インクレディブル・ファミリー 」を見て感じたことをメモします。 内容は、スーパーヒーローであるMr. インクレディブル(5人家族)が悪と戦うというのものです。 前作において、悪との戦いで街を破壊したた … 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | タグ: , , , | コメントする

五感でわかる運動から作った 時間 を用いて 五感でわからない素粒子の運動と比較する 果たして素粒子の運動は時間に比例しているのか?

長らく数学者岡潔の言葉「自然科学者の時間空間」を元にして、 時間 について考えてきました。漸く簡潔にして直接の疑問にまとめることができるようになりました。 自然科学者は、人の肉体に備わった五感でわかる物質の運動から作った … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | コメントする

自然科学 は還元主義なのに「時間」を用いることによって、循環論になっている 

自然科学 の矛盾点と限界について、足かけ4年ほどかかって考えてきたのですが、前回の記事を書いていて気付きました。 自然科学は還元主義の形をとっているにもかかわらず、時間を用いることによって循環論法になっています。 これは … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , | 10件のコメント

エイリアンインタビュー で気になる点 2つについて

コメントで教えていただいた本「エイリアンインタビュー」-エイリアンインタビュー:ローレンスR・スペンサー編集2015年-を読んで気になる点が2つあったのでメモします。 1947年ニューメキシコ州ロズウェルの近くでUFOが … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , | 2件のコメント