第3起電力」タグアーカイブ

フトマニ図の中央「アウワ」の「ウ」は、ウズ(渦)の「ウ」ではないか?

弧理論(Ark Theory)の骨格は次の図で表します。 図1 元々は、G・アダムスキーが遺したネガに示された紡錘図形でした。図2 弧理論による原子模型 図2に書き加えた補助線は、図1に気付く遙か以前に清書したものです。 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

素粒子の周期律表

本題に入る前に、いつものようにおさらいです。 研究の出発点は、ある科学者の言葉からでした。 アインシュタインの特殊相対性理論による「E=mc2」について、ある科学者は次のように述べています。 物質はエネルギーに転換するし … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする

エネルギー軸制御の可能性について

前々回の「宇宙はすべてが「相対的」であるが故に「左右」の対称性に拘るのだろう」という記事において、宇宙の対称性には深い意味があると述べました。 その理由として、左右の対称性に拘るのは回転運動が宇宙の中で重要に違いないから … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | コメントする

太陽が地平に沈むとき「陰」は無限長になる

  これまで弧理論への入り口や過去記事に何度か書いてきたことですが、うまく表現できませんでした。再度書きます。 第3起電力のエネルギー源について(第2版)の考察より得た 図1 右の図形は「発散トーラス」といいま … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , | コメントする

弧理論に於ける「正の起電力」の意味

前回の記事の最後に、E-M軸平面での「投影」を万華鏡の「反射」に例えました。 この弧理論の考え方を電磁気現象に適用したのが、超効率インバーター「デゴイチ」の「第3起電力仮説」を扱った「第3起電力のエネルギー源について(第 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , | コメントする

日月神示 神一厘の仕組み その概要(「ス」のミタマ と アダムスキーの紡錘図形は同じである)

研究を開始してすぐから、弧(Arc)が本当は弧(Ark)であると気付いていました。 G・アダムスキーのコンタクトと聖書の物語の間に深い関係があるだろうということです。 私は、G・アダムスキーが異星人とのコンタクトを必要以 … 続きを読む

カテゴリー: 解説, 雑感 | タグ: , , , , , , , , , , , , , | コメントする

弧理論(Ark Theory)によれば、宇宙は極小・極大領域において、弧を描いているようだ

弧理論の考え方と聖書の関係で書き足りないところはあるのですけれど、弧理論の考え方で少し進展があったので記します。 これまでのとおり、曖昧/不明瞭なところはありますが、研究が進めば詳細がわかるとともに誤りは訂正していけると … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , | 8件のコメント

EMAモーター エーテルエンジン Nマシン

幾年か前にエーテルエンジン 写真1(クリーンエネルギー研究所訪問記より拝借) のコア断面 (図1省略) 図1 シールドコイル (未知のエネルギーフィールド:共振回路とフリーエネルギーp114図14、世論時報社) はエドウ … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , | コメントする

”電磁誘導” と ”単極誘導” は異なる現象である。 (より高い対称性について)

前回の記事の追記についてです。過去記事の再掲を含みます。 2013年7月に行った実験をまとめた . 動画1 単極誘導モーター実験4-2 の装置は 写真1 で示す銅線と銅板の小片で作った接点を持つ装置で、アルニコ磁石がアク … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | 6件のコメント

単極誘導における相互作用とは何か

単極誘導の現象は極小さい微弱な現象です。 特に単極誘導発電機による起電流は、導体円板を回転させる際に出る電気ノイズや接点に生じるノイズなどによって、定性定量のいずれの特性も調べるのが困難です。 そこで、管理人がこれまでに … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする