角度 は「量」ではない 角度から作る時間は物理量ではない

これまでに、「宇宙の本質は距離(長さ)ではなく、 角度 にある」と何度か書きました。この観点は、物質的自然※が「別の次元軸からの投影による映像」だとの仮説から来たものです。 しかし、人が時間を作ることとなった原点も 角度 でした。この一致は管理人にとって奇妙なことでした。現在もこの一致はどこからくるのかわかりません。※数学者岡潔の「【3】五感でわかるもの」を参照ください。

人は太陽や天体の運行により方位・方角を知るとともに季節の移り変わりとの関係に気付いて暦を作りました。

図1 出典:太陽の動き

暦(春夏秋冬の変化)とともに年や月を決め、時、分、秒という時間を決めました。 その際に用いたのが大地に立つ人と太陽や天体の動きにかかる 角度 です。

図2 出典:時差とは

だから、時計はアナログの日時計が始まりです。

写真1 携帯の日時計

デジタルになった現在のセシウム原子時計になっても10進数で扱いながら12の倍数であるわけです。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: | 4件のコメント

知識の限界 とは人の心が受け入れられる「抽象の限界」のこと

前回記事の過程で気付いたのは、人は物や事の具体の中に生きていることだということです。だから人の心が受け入れられる抽象には限度があると書いたのです。

それで、気になったのがいつも引用するある科学者の言葉です。2箇所あり、それぞれ長いです。

科学知識を求める人間は木に登るアリのようなものだ。自分では上方へ動いていることがわかっていても、その視野は狭すぎて幹全体を見通せない。そのために幹を離れていることに気づかないで下方の枝の方へ移動するかもしれない。いっときは万事がうまゆく。自分ではまだ上方へ登れるし、進歩という果実を少し摘み取ることもできる。だがその枝が急に無数の小枝に分かれていろいろな方向に葉が散らばっているために本人はまごつき始める

そして基本的法則は今や分かれ始めて反対の方向に散らばり始めていることに気づく。すると科学者は心によって受け入れられる 知識の限界 に近づいていることや、あらゆる物理的な法則は究極的には全く統計的なものになるという結論に達する

たとえば地球の科学者は電子が粒子で、波動性の二重性をもつものと定義せざるを得ない状態にある。彼らは電子は確率波をもつ粒子だということによってこれを正当化させようとしている。これは心で描くことのできない状態であって、そのために進歩の唯一の方法として抽象的な数学に頼らねばならなくなる

正しく眺めれば、基本的な真理は常に簡単で理解が容易なのだ。

だから幹の上から眺めれば、枝は”枝″として簡単な、理解の容易なものになる。てっとりばやく言うと、君らの科学が進歩し続けるために必要なのは、君たがとまっている枝から枝との分岐点まで降りて、ふたたび登り始めることだ。

 

君たちの科学は一本の低い枝を知識という全体の樹木に変えていて、そのために科学がひどく複雑になっているんだ。そこでこの科学が実用面で応用されると、できあがった装置は手が出ないほどに複雑になるんだ。

君たちにとって最も必要なのは、自然の基本法則または事実がまったくかんたんだということを発見することだ。

下線と強調は管理人による。

自然科学者(物理学者)は、「電子は確率波をもつ粒子」だと考えています。これは波動関数で記述されるのであって、「電子は原子核の回りを回っているのではない」とよく云われます。極小の世界は確率で起こるのだとの説明です。これが量子力学の始まりです。管理人もそう習ってきました。

これは心で描くことができません。だから(抽象的な)数学を使うのです。このとき質量を持つ電子という具体から数学としての抽象へ移ったのです。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

科学の始まりである 魔法と錬金術 は「病む」の始まり

現代は統合失調(分裂)の状態にあると何度も書いてきました。ブログ記事を検索すると過去2015年8月6日の『バカボンのパパ 「賛成の反対なのだ~」 では済まされない』を最初に計18回も統合失調を取り上げています。 別の書き方では「考え方が不健康」ともしました。 一言で云えば、現代は病んでいます

数学者岡潔の言った言葉です。「【1】 このままでは人類は滅びる

今は間違った思想の洪水です。世界は間違った思想の洪水です。これから逃れなければ人類は滅びてしまう。

そして、自然科学の成り立ちについて、次のように述べています。

自然とはどういうものかということを言わないで、自然というのはわかり切っていると一人決めにしている。そして、これについて科学した結果を集めたものです。

自然科学が間違った思想を元にして自然を科学したものの寄せ集めだというのです。このことは即ち、科学の全体が統合失調であるのと同じです。管理人がそう理解したのは前々回の記事からです。自然科学の構造を図示すると大きく3の部分(古典、素粒子、宇宙物理)に分かれており、互いに不連続(かつ相性が悪い)ことがわかってきました。

図1

続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , | コメントする

ある研究者にとっての 自然 とは何だろう?

何年か前、ネットで読んだことで気になっていたのですけど、元記事がどこにあったかわかりませんでした。 先日、よく似た話を聞いたのでメモします。

某研究者が保湿剤の試験をします。その材料が持つ性質を利用したいのですが、その材料を使うと併せて防腐剤が必要になります。人に触れたり身体に入る物ですから防腐剤は避けたいところです。そこで、カビや細菌の繁殖しにくい材料が有利であるとして試験をしているとのことです。背反する性質を持つ材料というのはどうも変に感じますけど。得てして無害は有益でないとも云えます。ベントナイトは、無害ですけど有益でもないからダイエット食品に使われます。泥を喰うって・・。

研究者が欲しいのは材料と試験結果を統計処理して有意であると判定が出たデータです。その試験について冒頭ネットで書かれていたコメントが、確か「(自然から)欲しいデータを叩き出す」という表現でした。このコメントに違和感があったので覚えていました。

例で挙げた保湿剤に安全性があるかどうかはもとより、その材料に市場があり、どのような製品に使われ、どのようなマーケティングが行われるかなど一研究者には関係ありません。ましてや研究者が 自然 をどのように考えているかはまったく関係ないのです。

わけることによりわかる」というのが要素還元主義です。特性の一つに着目して、入力と出力を一対一に限定して試験をするわけです。 全体のことはまったく関知しないのです。

数学者岡潔は、講演で人類は滅びるとして次のように述べています。「【1】 このままでは人類は滅びる」より引用します。

今は間違った思想の洪水です。世界は間違った思想の洪水です。これから逃れなければ人類は滅びてしまう。 で、その為に思想の間違いの根本はどこにあるか、それを調べましょう。

一番怪しいと思えるのは自然科学です。それで自然科学から調べます。大体、自然科学というものは、 自然 とはどういうものかということを言わないで、自然というのはわかり切っていると一人決めにしている。そして、これについて科学した結果を集めたものです。

だから、かようなものは学問とはいえません。これは単なる思想です。

自然 とは何か、どのようなものかをまったく考えずに「自然とはわかり切っていると一人決めにしている」と岡は云います。 自然科学は「一人決めにしたものを科学した結果を寄せ集めたものであって、学問ではない」と述べています。 自然科学は、めいめいが持つ思想で科学した寄せ集めだというのです。

これは、例に挙げた研究者の態度そのものです。一般に偏差値の高い者が研究にあたります。すると、研究者は対象を学校の定期試験と同じ形態に整えます。つまり「予め答えがあるとわかっている問題に特化(変形)」して研究の対象とするという態度です。

 

これまでの考察の結果、自然科学の全体は、次の図になります。

図1

これを観ると、自然科学が循環かつ幾つかに断裂していることがわかります。さらに細かく観れば、分野間に繋がらない部分があることがわかります。 岡潔が指摘したとおりの形をしています。時間が問題で、自然科学の全体は、古典の範囲とそれ以外(素粒子物理と天文学を含む宇宙物理)に断裂しています。しかも両端に終わりがありません。

 

なぜこのようになってしまったのか、最近、原因が言語にあるような気がしてきました。英語が主流となったのは、それなりに理由があると考えます。

 

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: | コメントする

アンケート「 人工知能 が人間を滅ぼす時代が来る?来ない?」 例外はあるけど来るわけない!

ドメインが kodenjiki.com のころから2つのブログランキングに登録しています。

にほんブログ村 科学ブログへ
にほんブログ村

管理人はSNSをしないのですが、これらボタンも見栄えのために貼り付けています。 昨日、人気ブログランキングの中を見ていたら「 人工知能 が人間を滅ぼす時代が来る?来ない?」というアンケートが気を惹きました。

これまでの考察で、 人工知能 が人間を滅ぼす可能性はありませんので「来ない」に投票するとともに理由を記入しました。 コメント欄の文字数制限によりかなり端折りました。以下です。

AIは脳の模倣物。ニューロネットワークの要素はブラックボックスBBそのもの。脳はBBとして最低限の処理をしている。数学者岡潔は「心の本体は情」だとした。心の本体は脳とは別。脳は身体と心をつなぐコンセントに過ぎない。AIは人を滅ぼせない。

何を云いたいか伝わらない文章ですので少し説明します。以下は既出です。

 

自然科学は、要素還元主義です。「わけることによりわかる(はず)」というものです。

図1

「わからない」ものをブラックボックスとして、「わかる」部分に「わける」ということです。その意味で自然科学は孤立系です。

図2

よく見るとわかるように、「わけられた」方の要素もまたブラックボックスです。こうして、素なる要素を求めて終端が無いという状態が自然科学であったわけです。

続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | 4件のコメント

縄文哲学 より「ヲシテ哲学」という呼び名が相応しい

どうも、縄文時代あるいは縄文土器という呼び名は外国人が名付けた、いわば押しつけの呼称らしいです。 ヲシテ文献研究者である池田満氏も 縄文哲学 の呼称を用いておられますので、管理人も 縄文哲学 と呼び習わしています。でも僅かに違和感はありました。何より縄文と云えば原始人のイメージがあります。

時折、読みに行くフリーの物理学者である井口和基氏によるブログKazumoto Iguchi’s blog 2には次の記事がありました。 10月16日の記事『「縄文」の呼び名は語弊を呼ぶ!?:広く言えば、インディアンもアマゾン人も縄文系だ!』には次のように書かれています。

やはり最近つくづく思うのは、

縄文文明

という名前は非常に不都合であるということである。

ところで、この名付け親は日本人じゃね〜〜!

元祖日本に勝手に住み着いた害人さんじゃなかった、外人のエドワード・シルヴェスター・モースだった。

たまたま自分が見つけた土器の模様が縄模様だっただけで、それに「縄文土器」と名をつけた馬鹿者。その後の土器にはまったく縄の後もなく、火焔土器のような際立った物がたくさん見つかったのである。

まったく同意なのですが、いろいろとこじつけが感じられます。 記事「なぜ日本語は外乱に対して堅牢なのか」に書いたとおり、単語の幾らかが似ていても言語の枠組みが違ったら遺伝子的に近くても異なる思想や文化になると考えます。

縄文哲学 の核心は「のヲシテ」と「のヲシテ」にあります。ヲシテとは、『ホツマツタヱ』『ミカサフミ』『カクのミハタ(フトマニなど)』を記述している文字のことです。「ト」と「ロ」の文字の中には、人々が生きて行くべき方向がしっかり込められています。これほど相応しい呼び名は無いと思います。 縄文哲学を改めて、ヲシテ哲学と呼ぶのが相応しいと考えます。

 

表 出典:日本ヲシテ研究所

ひょうについて、最初はちょっと奇妙だなと感じました。なぜ一音一音に意味を付すのか疑問に思ったのですが、日本語が堅牢な理由がわかってきてからは本当に凄いことだとわかってきました。ヨソヤコヱ(48音韻)素晴らしい!! 12の倍数なんて凄いです。

 

以下、ホツマツタヱ(キツノナトホムシサルアヤ)の一文です。

アワノウタ カタカキウチテ

ヒキウタフ オノツトコヱモ

アキラカニ ヰクラムワタヲ

ネコヱワケ フソヨニカヨヒ

ヨソヤコヱ コレミノウチノ

メクリヨク ヤマヒアラネハ

ナカラエリ スミヱノヲキナ

コレオシル

そういえば、ヲシテ文献について調べ、学ぶ最初に気になったのは「ヰクラムワタヲ ネコヱワケ」でした。

「ヰクラムワタ」が五臓六腑でないことは当然ですが、「ネコヱ」の意味がわかりませんでした。「ネ」なる「コヱ」ですけど、これを「ワケ」るのです。「ネコヱ」は音韻にわけることなのか、あるいは頭の中で考えることを意味するのかわかりませんでした。 頭の中で考えるというのは想念のことです。(弧理論の考え方では想念は位置を持ちません。) コヱに発する前に頭の中で考えます。ネなるコヱにワケるというのは、どういうことか随分考えました。結局、日本語で考えるのですから、同じ事なのです。音韻の連なり思考は同じだということです。

で、素なる音韻に意味を持たせたのが表になります。最近、やっと気付いたのが言葉の内、素なる音韻はピースであって、言葉、言語あるいは思考そのものは、パズルに相当するということでした。音韻の連なりは互いに規定し合って全体(思考)をなしています。そもそも音韻に意味はありません。

写真1

我々の自然も同じ仕組みです。これも凄いことです。 リンクした過去記事にて示したことです。  素なる音韻に意味はありません。ただ、自然が互いに規定し合って成り立っているのですから、言葉も自然にマッチした意味づけができる方が合理的であることはよくわかります。

ついでながら、日本語にはヨソヤコヱの基礎がありますので、漢字あるいは漢語由来ではない日本語が増えていくのではないかと考えます。 ただ言葉遊びはダメです。

 


長い期間かかって次第に充実してきました。当サイトに掲載した内容は、(まったくの見当違いでなければ)陳腐化しません。 3つの科学(精神科学・社会科学・物質科学)には、均等な努力が必要だとされています。いま、管理人が3つの科学にどれほど等しく進んでいるのか見当がつきません。如何なる資料を調べても出てこない内容です。「暗闇研究」ですから、仕方在りません。もう少しで実験にたどり着けるとの思いでやってきましたけれど、正直焦れています。

今年最大の発見は、物質的自然がピースとパズルの関係であることと、言葉も同じであること、それに伴い社会科学の種になり得るものに気付いたことです。  数学でさえもピースとパズルの関係だったのは驚きです。 数学者岡潔「自然数の1は決してわからない」=ピースに意味が無いのは当たり前です。【6】 数学の使えない世界 やはり、岡潔は超天才です。

 

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: , , , , | コメントする

物理的な 時間 について

2018年9月18日、当サイトに掲載した「時間とは何か」において、 時間 には2つあることを示しました。 読み返してみますと「観念としての 時間 」についての説明は概ねOKの様ですけれど、「物理的な 時間 」の説明は、どうもよろしくないです。 もう少し詳しい説明が必要です。これまで何度も取り上げてきたのですが、この説明が結構難しいです。

そこで、説明に使う小道具を作ってみました。円板に数字を配して、中心に針を取り付けただけです。

写真1

右の円板は、直径20cmで、円周の12分の1は約52.3mmあります。左の円板は、直径15cmで、円周の12分の1は約39.2mmあります。円板が転がるに1目盛りでそれだけ移動する訳です。同じ 時間 であるのに距離(長さ)は変化します。 因みにイギリスにあるウエストミンスター宮殿(英国国会議事堂)に付属する大時計(通称:ビッグベン)の直径は、7mだそうです。これだと円周の12分の1は約1099cmになります。

写真2 出典:ビッグベンの鐘がしばらく聞けなくなる!? 今年でしばらく見納め

物理的な時間は、五感でわかる物質あるいは物体の運動から作ります。運動そのものではありません。

モノサシ位置に数字を置いて「長さ」の基準を作ります。計りたい物とモノサシとの比較によって被測定物の長さを決めています。つまり、物理量である「長さ」はモノサシという基準となる量の裏付けを持っているということです。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

自然科学は アポトーシス の過程に入った

これまでの考察により、自然科学に限界があることがはっきりしてきました。  右リンクに「時間とは何か?」を示しました。 この記事は、当初2015年11月に掲載したものを2018年9月に全面改定したものです。数学者岡潔の言葉を出発点に足かけ4年かけてまとめたものです。 現時点で見直して、80%~90%くらいの出来だと感じます。過不足はあるようですが、大筋では正しいようです。

2016年4月14日の記事に「時間は存在しない。自然科学は何処へ向かうのだろうか?」として、ある科学者の言葉を引用しました。

物質科学の進歩を止めることなどできやしない。それは進んだりもどったりはするにしても。もどるとすると、それを支えている要素は退化のプログラムによってまず弱くなってきてそして崩壊することになる。  基礎的には地球の物質科学に悪いところはないんだ。もし、人々がそれを支えることができるような基礎を用意しないとそれは夢想だにしなかったほど水平に広がって進歩してしまう。「もし、基礎がなかったら?」 -略- 「君たちの文明は終わるさ」

強調は管理人による。 退化のプログラムという考え方は、1950年代には存在しなかったと思われます。これを読んで管理人は、 アポトーシス という言葉を思い出しました。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

フリーセックス・ウーマンリブ・フェミニズム・人種 人権問題 ・男女同権・男女共同参画の流れ着く先にあるのは個々人の「孤立」

前回の記事で「 人権問題 等に胡散臭い利権の臭いがする」と書きました。何も差別は許されるという意味ではありません。

何年か前、某TV局のドキュメンタリー番組で、「両親が離婚して、養育されなくなった少女がトレーラーハウスに住む祖母に引き取られる。祖母の収入は年金だけ」というのを観ました。 確か母親である女性は違法ドラッグか何かで離婚になって、行き場を失った少女を祖母が引き取った話だったと記憶しています。 それだけでは、アメリカにおける貧困や病んだ社会の様子を知るだけです。でも、管理人には何かが残りました。

それが割とはっきりしてきたのは、 人権問題 に携わってだいぶ後になってからのことでした。日本において人権問題といえば、幾らかの利権が絡むことは必至です。男女共同参画にしても何かが違うと感じていました。特に個人情報保護法が施行されてから明確になりました。わかったことは以下です。

人が持つ基本的人権は絶対であることは確かです。しかしながら、現実の流れは違う方向へ進んでいます。 例えば、女性の人権を大事にするとされながら、結果として男と女はわかり合えなくなっていきます。 そういった流れの中、社会は「男女、人種、国、地域、宗教、職業、経済格差、性的マイノリティ、家族」がバラバラになっていくことを感じてきました。某TV番組で感じたのは、家族がバラバラになるという現実への引っかかりだったのです。

人々は自らの権利を主張し、それが通ったことによって”孤立”しています。自由の大義の下、より細分化され互いの権利を主張すればするほど、個人は孤独になっていくという現実です。

 

そんな折に見かけた画像が以下です。 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: , , | コメントする

もし貴方が前文明の生き残りだったら 秘密結社 として科学技術を温存する?

仮に人類が全面戦争によって滅びたとしたらどうでしょうか? 子どもの頃に読んだ手塚治虫の「火の鳥」に(不確かながら)次のような場面があった記憶があります。

写真1 出典:火の鳥2 未来編

『戦争によって唯一生き残った主人公(確か大きな鼻を持った男)は、海の波打ち際に立っていた。一人生き残ったことを嘆きながらも男の死後に期待を持って亡くなる。彼の希望は、自らの身体の内に存在する細菌やバクテリアが海に棲息して、やがては地球に知的生物がうまれて、次なる文明を形成するはずと。』

 

実は、前々回の記事「地球製UFO は昔から存在する」とドヤ顔されても」を書いてから、宇宙技術(UFO技術)をもった 秘密結社 の連中とは、前回文明が滅びた際に、生き残った連中なのかも知れないと考えました。 荒唐無稽な話であることは理解しています。

いつも引用するある科学者について、いろいろ述べているのですが、これまで判断を保留していたことがあります。少し長いですけど、その部分を引用します。

「前にも言ったとおり、私の直接の先祖は地球の以前に破壊された文明の生き残りの一部なんだ。これは千世代も前の話だが、そのときでさえも現在の文明以上に進んでいた。

彼らは君たちが習慣的にそうするように、他のものと対抗はせず、自然法則の曲面にしたがいこれを使用した。結局、彼らの科学は君たちのものに比べて単純なもので、君たちがやってみようと思っても見ないことすら達成できたんだ。

しかしながら、彼らもまた、その進歩に従って、社会的精神的価値の同様の発達をとげる絶対的な必要性を理解できなかったんだ。この時代の二つの主要な国家の間に政治的社会的な裂け目が生じた。最初の話のときに言ったが、二国間の摩擦は年々増大し戦争へと発展してしまった。勝敗は問題ではなく、単純にお互いを破壊したんだ。生き残りは少なく、地上の放射能レベルは人間の許容値を超えて上がった

生き残りの人々が放射能ですぐに全滅したということではない。精神的肉体的な機能の低下を促進したということだ。続く世代には望ましくない変化も沢山あり、彼らをそう長くないにしても石器時代レベルにまで落としただろう。

今のチベットの高原の上に、生き残った宇宙船が六台、彼らの乗組員によって着陸したんだ。人類の生き残りを保存するために何をすればよいかを決定するための会議のためだった。結論は他の惑星に行こうというものだった。そのときの宇宙船は宇宙飛行に使用できるもので、時々は数百キロメートルの高さまで上がるのに使用されていたが、惑星間の広い空間を渡る試みはなされおらず、乗務員には成功できるなどということは考えられなかった。

火星として知られている惑星が地球に近く、横切っていくことができそうに思われた。

その頃は火星の温度、大気、水等の表面状態は現在の天文学者が報告しているものよりも人間が生きるのに都合のよいものだった。

採決がなされ、四台の宇宙船の乗組員は少なくとも人類の文化の一部を保存する希望を持ってこの大きなギャンブルにかけたのだった。残りの二台の乗組員は地球に残ることを決定した。彼らは集まった高地の高さでは放射能レベルが比較的低いので彼ら自身や彼らの子孫に肉体的、精神的な退化を起こすことなく生き続けることができると判断したんだ。

私は君の心の中に生じている疑問が理解できる。だから、この人たちは男女を均等配分し、両方ともこの代表としてこの船に同数乗り組んでいたと説明しておこう。

この火星への飛躍をした四台の内三台は彼らの目的地に到着した。四台目の運命は我々の歴史に記録されていない。

続きを読む

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: , , , | コメントする