物理学 の物質と質量という熟語はどうにも腑に落ちない

過去に何度か「自然科学には基礎がない」と書きました。最近、当サイトにおいて、物質、あるいは質量という語を用いません。物質や質量と言った 物理学 では当たり前の言葉に違和感があるからです。順を追って箇条書きにします。

  • 人の肉体に備わった器官でわかるのは物と事である。
  • 物には量がある。
  • 事には質がある。
  • 物の量と事の質は、数に置き換えられる。数には2種類ある。
  • 数は物の量のかげ。
  • 数は事の質のかげ。
  • ただし、自然数の1は決してわからない。
  • 数も言葉の内である。
  • だから、人は、言葉で物や事がわかっているのではない。

弧理論の前提は以下です。

  • 自然は別の次元軸(基軸という。)からの投影による映像(M軸という。)である。
  • 映像である物と事は一つの実体の異なる面に過ぎない。
  • 人が「物がわかる」というのは、時の現在である。(人は言葉以前に、それが何であるかを情的にわかる。)
  • 人が「事がわかる」というのは、時の過去である。”事”とは、物の動き。変位。動いてからしかわからない。
  • 従って、物と事は同時に決まらない。
  • だから、「物事がわかる」のは、過ぎ去った記憶に基づいて「わかる」過去である。
  • 言葉はその後であって、過去である。「わかった」という過去形しかない。

人は、物事を言葉でわかっているのではありません。

さて、自然科学の 物理学 において、当たり前に使う言葉に物質と質量があります。

1. 物質とは、「物理:空間に量・質を持って存する、実質的なもの。最近では場(ば)に対する相対的な概念と見られている。」とあります。また、「哲学:時間的・空間的諸現象のもとである実体。」とされています。そのほかにも「場所をとり一定の量(mass)をもつもののこと。質量と体積を持っていれば物質であるというのが古典的概念。」とあります。Oxford Languagesの定義、並びにweblio辞書「ぶっ-しつ【物質】」より。

2. 質量とは、「質量とは物質の動きにくさの度合い、つまり慣性の大きさのこと。ですから物質の質量は地球上でも、宇宙空間でも、月面でも変わらない。質量の単位はkg。」とあります。これに対して、重さは、「重さとは、物体に作用する万有引力(重力)の大きさです。力の大きさですから単位はN(ニュートン)。」とあります。ファン!ファン!JAXA!「質量と重さの違いって何?」より。

冒頭に示した物と事について、誤りがなければ、1.と2.の説明に違和感を覚えませんでしょうか? 自然科学においては、物の量と事の質が最初から混同されています

外国語が日本人によって、漢字熟語に翻訳される際に創られたものです。いずれも「#1629. 和製漢語[japanese][kanji][waseieigo][lexicology]」にあります。

  • 物質・・・・物の質?
  • 質量・・・・質の量?

まずもってを「空間に量と質を持って存する」、「場所をとり一定の量(mass)をもつ」というふうに一緒くたに言い表すのは変です。質量も変です。物の慣性の大きさを表す、より適切な熟語があったかも知れません。どうすれば、よいのでしょうか。

続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

量子論 における決定的な間違い

量子論 とは何かについて、wikiによれば、次のようにあります。

 量子論 (りょうしろん)とは、ある物理量が任意の値を取ることができず、特定の離散的な値しかとることができない、すなわち量子化を受けるような全ての現象と効果を扱う学問である。粒子と波動の二重性、物理的過程の不確定性、観測による不可避な擾乱も特徴である。量子論は、マックス・プランクの量子仮説(ドイツ語版)まで遡る全ての理論、モデル、概念を包括する。量子仮説は1900年に、例えば光や物質構造に対する古典物理学的説明が限界に来ていたために産まれた。

下線は管理人。ある物理量が任意の値をとれなくて、離散的な値になること。あるいは、粒子と波動性の二重性があり、不確定性もあります。これらを扱う包括理論といいます。そのためのモデルとして”量子”が考え出されたようです。

ある科学者は、量子論が成立する過程について次のように述べています。

基本的法則は今や分かれ始めて反対の方向に散らばり始めていることに気づく。すると科学者は心によって受け入れられる 知識の限界 に近づいていることや、あらゆる物理的な法則は究極的には全く統計的なものになるという結論に達する。

下線は管理人。当時の物理学者たちは、「(観測される物理現象が)心によって受け入れられる知識の限界」が来たことを認め、その上で「物理的な法則は統計的なものになる」ということを受け入れたということです。この過程は大事な点を含んでいます。

その物理法則の理解について、具体的に述べています。

たとえば地球の科学者は電子が粒子で、波動性の二重性をもつものと定義せざるを得ない状態にある。彼らは電子は確率波をもつ粒子だということによってこれを正当化させようとしている。これは心で描くことのできない状態であって、そのために進歩の唯一の方法として抽象的な数学に頼らねばならなくなる

下線は管理人。物理学者たちの得た結論、「波動性の二重性をもつものと定義せざるを得ない状態にある。電子は確率波をもつ粒子だ」の結論から、「心で描くことのできない状態」となってしまいました。だから「抽象的な数学に頼らねばならなくなる。」というのです。

 

これまでの考察により、確率は結果だと記してきました。

その心は、自然は映像だからです。自然科学はの区別がありません

サイコロ振ると、1が出る確率は1/6です。

写真1

では、サイコロは確率ですか? いいえ、サイコロは物です。確率は、「振る」ことにより起きる結果です。確率は、基本的な原理などではなく、「事」です。つまり、当サイトで言う運動です。弧理論の前提である「自然は映像」と考えると、物と事の性質がわかります。

  • 物と事は一つの実体の異なる面に過ぎない。

続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | コメントする

如来 の意味を考える 弧理論から見たら「相対性」であり、「総量は保存する」と同時に「外のない内」

仏教における 如来 とは、悟りを開いた人のことをさして言います。仏陀(Buddha)は、悟りの最高位「仏の悟り」を開いた人を指します。仏陀には、10の称号があり、如来は十号の一つとあります。つまり、如来は仏陀のうちの一つのだという説明です。

阿弥陀如来は、「a-mita 如来」です。”a”は否定で、”mita”が「量る」だといいます。如来とは「決して量れない」ことを指しています。「奇妙無量寿如来」の無量寿は”a-mita”に相当します。

 

では、弧理論からみた如来について考えます。うまく書けるかどうかわかりませんけれど、やってみます。これまでに、如来の文字を含む記事は15件あり、初出は昨年です。

如来には人格性はなく、例えるならば合わせ鏡だといいます。

写真1 出展:wiki

他には「鐘が鳴るか撞木が鳴るか」という言葉も近いです。わかったようでわかりません。もっと、具体的です。

右は左の如し、左は右の如しですし、宇宙空間に出れば、上は下の如し、下は上の如しです。前は後ろの如し、後ろは前の如しです。の如しでの如しです。表は裏の如しで、裏は表の如しです。善は悪の如し、悪は善の如しです。他にもいろいろ考えられます。この世は相対的だという意味になります。絶対などめったにありません。

犯人は被害者の如しで、被害者は犯人の如しです。まるで、現在の政治や主義主張の世界です。これらの主義主張や宗教を含む考え方は、まるで絶対的世界観、宇宙観です

対して、如来の意味するところは、相対的世界観、宇宙観です。かなり前から、自然科学は天動説に例えられると感じていました。天動説で過去記事が15件あります。

この相対性は、宇宙に中心がないことから来ています。うまく言えないけれども書いてみます。椅子3脚を並べます。

椅子A 椅子B 椅子C

自己がAにあるとき、Bは右です。Cはそのまた右です。自己がBにあるときAは左です。Cは右です。自己がCにあるとき、Bは左です。Aはそのまた左です。

これを数に置き換えます。自己の位置をゼロとし、右を+1とし、左を-1とします。すると、自己がABCのそれぞれの位置にあるときの数の和を考えます。

自己がAにあるとき、(0+1+2)です。自己がBにあるとき、(-1+0+1)です。自己がCにあるとき、(-2-1+0)です。ABCのそれぞれの位置にあるときの計をとりますと、3+0+(-3)=0で、総和はゼロです。

椅子が3脚であっても、10脚の場合でも、幾つであっても、奇数でも偶数でも総和は必ずゼロです。ここで思い出すのは「保存の法則」です。

宇宙に中心がなければ、如来は成り立ちますし、総和は必ずゼロです。すべてが相対的であるということの意味はここにあります。量ではない時間を物差しにした相対性理論などでは出て来ない結論です。

 

人の肉体に備わった器官でわかるのは物と事です。弧理論の前提のとおり、自然(M軸という。)が別の次元軸(基軸という。)からの投影による映像ならば、大宇宙の中心は基軸上に2つあります。そして、2つの中心からの投影によるならば、映像であるM軸に中心はなく、かつ差分です。差分とは、基軸上にある2つの中心からの何か(今のところわかっていません。)の差だということです。言い換えます。

人の肉体に備わった器官でわかる物と事は差分である。そして、総量は保存しますし、かつ、外のない内です。ですから、差分以外もあるということです。

これは、次の可能性を意味します。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

岡潔の言った「情的にわかる」には「 創造 のプロセス」以外もある

岡潔は、『「わかる」というと物の理とか理解というが、全然理解じゃない。』と言いました。「わかる」の過程は、情・知・意の順に働くと言います。情的にわかるに続いて、知的にわかります。その後に意識できる訳です。「情的にわかる」がなければ、一切は存在しません。

「情的にわかる」を、仏教では他力と言います。他力とは無責任な意味合いに使われますが、本当は岡潔の言った 創造 のプロセスをいいます。

岡潔の言った「情」のほかには、仏教の他力やヲシテ文献のトのヲシテ(心の本体であるタマの働き)、あるいは記紀にあるシラス・ウシハクのシラスなども同じ創造のプロセスです。

図1

現代人に最もわかりやすいのは、「気(キ)づかされる」です。これが 創造 を意味することが知られていません。対して、自然科学には創造の仕組みがありません。「わけることによりわかる」とする還元主義では、創造の仕組みがないのです。

創造のプロセスを最もうまく表現したのが岡潔講演録「【28】ポアンカレ-の発見」にあります。

フランスに、アンリー・ポアンカレーという大数学者があったが、この人の著書に、「科学と方法」というのがあって、その第1章に、「数学上の発見」というのがある。そこで、ポアンカレーは、自分の体験をいろいろ書きつらねてこう言っている。数学上の発見というのは、理性的努力を欠いてはできるものでない。しかし、理性的努力をした時と発見が行われる時との間には、大抵、相当な時間があいている。いつ起こるかわからない。又、その方向は理性が予想したのとは、主に、違った方向の解決であることが多い。つまり、方向が予知できない。意外な方向の解決である。

 第3に、発見は一時にパッとわかってしまう。この3種類の特徴を備えている。一体、これは如何なる知力の働きか、不思議である、とそう言っている。これは、西洋文化の本質に触れた問題ですから、フランス心理学界が、直ちにこの著書を問題にして、当時の世界の大数学者たちに、「あなたはどういうやり方で、数学の研究をしていますか」という問い合わせの手紙を出した。

 その結果、大多数の答えは、ポアンカレーが言っているのと一致したというのです。それで西洋文化の中心である問題は確立したんですが、解決に向っては、一歩も近づかない。今日、なお未解決のままです。私も、実際、数学をやりまして、何度も体験してよく知っています。数学上の発見がどういうものであるかをです。

”理性的努力を欠いてはできるものでない。”というのは、「わからないXに関心を集め続ける」と同意です。努力と発見の間には相当の時間差がありますし、いつ起こるかわかりません。これが他力の意味です。自分(第1の心:シヰ)ではどうしようもありません。また、その方向性も「理性が予想したのとは違うことが多く、意外な方向の解決」です。そして、「発見は一時にパッとわかります」。

このような創造のプロセスは、あまりに個人的な体験によりますので、一般的に認められるに至っていません。度々、当ブログにおいて解説してきたとおりです。

続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , | コメントする

2000年「最後の始まり」  信仰の時代 の終わりが来た

管理人と同じことを考えている人が動画を挙げていますのでメモします。

過去に、現代は時間お金への 信仰の時代 だと記しました。関連する記事を挙げます。

弧理論による社会科学から出た問題として、2つの心の乖離があります。社会全体が抽象へ向かうことにより、2つの心(タマとシヰ:生命維持の欲求)が離れます。乖離によって、人々の心が病むとわかっています。、「世界の富豪トップ8人の資産は、貧困層36億人分と同じ」だとしても、彼らは満足できずにいます。貪欲さはさらに強くなっています。

庶民にとって、千円が二千円になれば大問題です。しかし、大富豪は資産が倍になっても満足することはありません。「世界の富豪トップ10人、パンデミック中に資産が倍増=NGO」何故なら、人の感覚器官の特性があって、すぐに麻痺するからです。

 

現代において、すべては抽象化していくことにより、タマとシヰの乖離をきたします。

図1

カミノヨ(神皇)の時代からヒトノヨ(人皇)へ変わって久しいわけで、現代はお金と時間を形代とするシャーマニズムの時代でした。

図2 カミノヨ(神皇)の時代からヒトノヨ(人皇)へ変わって久しい

このインチキ世界の終わりが2000年ころより始まったとのことです。

動画1 終えていくうお座時代2000年「最後の始まり」

 

これまで、何度も記したとおり、シラス、他力、「気づかされる」という発見創造の行為と呪術的な祈祷とは、似てはいますが異なる行為です。

図3

現代は、理性や知性が「外のない内」であることがわかっていないヒトノヨだということです。致命的です。前回の記事を参考に。

写真1 啓蒙主義(理性万能論) VS 保守主義(理性への疑い)

 

動画2 知や学だけでは乗り切れない時が来る

 

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

第1の心「 外のない内 」の限界について

ヒトには心が2つあります。岡潔が名付けた第1の心と第2の心です。

  1. 第1の心 意識を通し言葉で言える。私心 全部を覆っているが外へは決して出ていない
  2. 第2の心 意識を通さず言葉で言えないがしかし、情的にわかる。(何となく趣がわかる)無私の心

ヲシテ文献では、第1の心をシヰといいます。強いるのシヰ、つまり、生命維持の欲求です。言葉は互いに規定し合って成り立つ繰り返し、循環であり、ネットワークでした。「全部を覆っているが外へ出てない」という奇妙な言い回しを 外のない内 と言います。

図1 第1の心は、循環であり、ネットワーク 外のない内

ヒトが持つ心の本体は第2の心であり、ヲシテ文献では心の本体をタマと呼びます。これが2つの心、タマシヰです。

第1の心は、言葉の特性のとおり 外のない内 です。このことをおわかりの方は、ほぼ皆無です。外のない内である第1の心の限界について、議論されている動画がありましたので貼っておきます。とても大事な内容を含んでいます。

動画1 啓蒙主義とプロテスタント/ジェイソン・モーガン先生に聞く01

余談です。7:00~ 話の中に出てくるFBIについて、関連する過去記事です。FBIもCIAも本当に偏っていますし、秘密警察だと感じます。

啓蒙主義や保守主義などの話は、とても参考になります。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

別の次元軸 の名称をE軸から「基軸」に変更します

これまで、 別の次元軸 の名称をE軸(エネルギー軸)と呼んでいましたが、基軸に変更します。基軸とは基本軸ですけれども、(気)であり、(キ)でもあります。

研究の発端となったある科学者が言ったエネルギーについての解釈について、表現が紛らわしくて困っていました。物理学上のエネルギー[ML2T-2]には、量ではない時間[T]が入っています。それでいて、ある科学者は別の次元軸エネルギー軸とも言いました。

図1 物理学上のエネルギー[ML2T-2]は「事」であり、運動である 時の過去であり、現在を含まない 時の現在は「第2の心により(物が)わかる」ということのみ 何時何分何秒と言葉で言える時間は過去であり、現在を含まない

ヒトの肉体が持つ器官でわかるのは物と事です。自然は別の次元軸からの投影による映像です。別の次元軸の名称をE軸から基軸と変更します。

基軸とは、基本となる軸という意味です。

弧理論は、「自然は映像である」という前提(仮説)です。

  • 自然は別の次元軸(基軸)からの投影による映像(M軸)

図2

今回、名称を変更する基軸の「基」について。基は、気(キ)に同じです。つまり、気(キ)なる軸です。

続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

ホツマツタヱなどの ヲシテ文献 は、歴史書・道徳の教えであり科学書である 宗教書ではない

某ホツマツタヱを紹介する動画を見ていて感じたことをメモします。

どうも「神道には教義がないが、ホツマツタヱは、書き換えられているし、教義があるから偽書だという意見もある。」と紹介されていました。

2015年からヨソヤコヱ(48音:アワウタ)について考察を続けてきて、漸くアワウタがどのような仕組みで出来ているかわかりました

ホツマツタヱ、ミカサフミ、フトマニとして知られる ヲシテ文献 に書かれている内容は、歴史書であり、修身・道徳であり、かつアワウタという科学です。管理人は歴史に興味がありませんので省略します。

本当のことをヲシ(ゑ)テ(教えて)、ツタヱ(伝え)ているのが ヲシテ文献 です。宗教書ではありません。

宗教の教義を伝える経典に書いてあることは、神様仏様から信者に対する戒律です。信者は、自らの行いを戒律により強制されることによって、何とか人間でいられるということです。言葉を置き換えるならば、「人間に原罪があるから、戒律で縛るしかない。」ということです。縛る方法としてユダヤ教のように「契約という形をした信仰」がとられた訳です。

  • 上念司 アメリカ人から宗教 取ったら中国人

対して、ヲシテ文献は、ヒトの始まりからの歴史を記し、かつ、ヒトとは何か、ヒトはどう生きるべきかのミチをヲシヱテ、ツタヱているのであって、強制しているのではありません。ですから、ヲシテ文献は宗教書ではありません。

 

特に、アワウタ(ヨソヤコヱ:48音)は、の初めをとし、の終わりをという音おんにより意味付けした科学です。日本語の元である大和言葉(和語)の起源は、最初から物と事を明確に区分した科学です。以下は、2017年ころより考えてきた自然科学の問題点です。幾つかあげます。

直近では、アワウタの仕組みを考えることによって、仏教の「如来」、キリスト教の「アルファでありオメガである」とユダヤ教の「在りて在りたる」が同じ意味であって、アワウタに含まれるとわかりました。それどころか、相対論や不確定性関係で示されることのいずれもが物と事の関係を説明しているに過ぎないらしいとわかってきました。

図1 極大極小において、”物”は次元を失って視界から消える 両端にある複雑な”事”は論理的ではあっても大きな科学にならない 自然は映像

続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

新世界秩序(New World Order)はうまく行く訳ない

新世界秩序 (New World Order)という言葉をよく聞きます。wikiより。

新世界秩序(しんせかいちつじょ、英: New World Order、略称:NWO)とは、国際政治学の用語としては、ポスト冷戦体制の国際秩序を指す。また陰謀論として、将来的に現在の主権独立国家体制を取り替えるとされている、世界政府のパワーエリートをトップとする、地球レベルでの政治・経済・金融・社会政策の統一、究極的には末端の個人レベルでの思想や行動の統制・統御を目的とする管理社会の実現を指すものとしても使われる。

図1 出展:newworldorder 369blog

グローバリズムという言葉もよく聞きます。

グローバリズム(英: globalism)とは、地球全体を一つの共同体と見なして、世界の一体化(グローバリゼーション)を進める思想である[1][2]。字義通り訳すと全球主義であるが、通例では、多国籍企業が国境を越えて地球規模で経済活動を展開する行為や、自由貿易および市場主義経済を全地球上に拡大させる思想などを表す。

主に金融資本家たちが目指しているのがNWOであり、グローバリズムの一環です。2つの語を組み合わせます。

「多国籍企業の主である金融資本家たちは、市場主義経済を全地球上に拡大させる目的で、世界政府のパワーエリートをトップとする、地球レベルでの政治・経済・金融・社会政策の統一、究極的には個人レベルでの思想や行動の統制・統御を目的とする管理社会の実現を指す。」

肝はパワーエリートです。このパワーエリートは、公選されていません。欧州連合(EU)のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長がそれです。金融資本家が実質のトップになるべく組織されています。

 

この新世界秩序(New World Order)という言葉を聞いて思い出すのが「ローマ教皇 が、クリスラム(Chrislam)を宣言して世界統一宗教を目指す」というお話です。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説, 雑感 | タグ: , , , , , | コメントする

唯物主義 では、オカルト、占い、スピリチュアルの存在を説明できない

数学者の岡潔は、 唯物主義 を次のように述べています。

例えば、完璧な論理で思考するならば、神仏どころか、オカルトや占い、あるいはスピリチュアルなどあり得ません。通常、論理的思考に長けた人は、オカルトなどは一笑に付すものです。ところが、これまでの考察によって、言語の多さや宗教の多さの理由は、「人が物や事について、言葉でわかっているのではない」からだということがわかりました。

これまた同じ理由で、オカルトや占い、心霊などのスピリチュアルが存在します。ただ、これらに意味があるかどうかはわかりません。

ですから、自らを科学的思考に長けており、自分は論理的人間だと自任している人、あるいは唯物主義者は、オカルトや占いが存在することを説明できません

岡潔は、人に心が2つあって、その第1の心は、「意識を通し言葉で言える心」と言いました。言葉で言えるというところがミソです。言葉は互いに規定しあって成り立つ、繰り返し循環です。ですから、第1の心も繰り返し循環です。

岡潔は、自然科学者の考える自然を物質的自然と名付けています。岡潔は、「(第1の心は)物質的自然界の全部を覆うている。しかし、それより外へは決して出てない。」と述べています。【1】2つの心

(注:自然科学者は、物質的自然を時間・空間と言いいました。この時間・空間は簡単な模型であって、自然そのものではありません。)

この「すべてを覆っているが、外へは決して出ていない。」を外のない内と呼んでいます。その理由が上記の「互いに規定しあって成り立つ繰り返し循環、ネットワーク」だからです。

図1 第1の心(言葉で言える心)は、すべてを覆っているが、外へは一切出ていない

ですから、幾ら論理的に思考する唯物主義者であっても、以外の何かが存在することは当然なのです。何しろ人は言葉でわかっているのではありませんから。その何かが、宗教であったり、スピリチュアルであったり、占いであったりするという訳です。 続きを読む

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    
カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする