自然 >( 時間・空間 )

ある人から云われました。「岡潔って、何か宗教っぽい。」 それには理由があります。

数学者岡潔は、次のように述べています。【2】自然科学者の時間空間より。

自然科学者は自然というものをどういうものだと考えているかということを代りに言ってやって、そして、それを検討するより仕方がない。

自然科学者は初めに時間、空間というものがあると思っています。絵を描く時、初めに画用紙があるようなものです。そう思ってます。時間、空間とはどういうものかと少しも考えてはいない。

続いて、【4】自然科学と生命現象より。

ところで、自然のできるだけ簡単な模型を考えて、その中を科学するということは、知ってやってるのだとすれば確かに一つの研究方法に違いない。知らずにやってるんですけど、それでもある結果は出るだろう。そうは思います。しかし、こういう簡単な模型の中だけを調べたのでは、わかるものは物質現象だけで、生命現象はとてもわからないのではあるまいかと、こういう疑いが起こります。

自然科学者は、自然について考える際にそれを「 時間・空間 」としました。簡単な模型であって、自然そのものではありません。

自然科学者は、「自然>( 時間・空間 )」であることに気付いていません。だから、理由が付かない、わからないことは全部どこかへ押しやって「非科学的」として済ましています。詳しくすれば次になります。 「わけることによりわかる:還元主義」に当てはまらないもののすべては「彼らの考える科学の外」として思考停止するのです。

岡潔が拘った”情”というものを考察する立場について、自然科学から見れば非科学でしかないのです。次図は2016年11月ころに出しました。

図1

右上の欄がほぼ空白です。この空白部分に自然科学で扱えない非科学のすべてを押しやっています。この部分にはいわゆるオカルトや宗教あるいはスピリチュアル系などのトンデモやUFOやフリーエネルギーなども含まれています。ほとんどの人は、岡潔が何を伝えたかったのかがわからないのです。自然=自然科学の模型( 時間・空間 )だと認識している限りは、問題の存在すら気づけません。岡潔の指摘したとおり、「人は故障がなかったらなぜ見えるのか?」といった質問に自然科学は何も答えられません。

 

管理人も「自然とは何か」という疑問を持っています。岡潔も読むほどに「自然とは何か」と云わずに話しを進めていることに気付きます。「わからないこと」のすべてを自然に含めるならば、自然とは何かを定義することは不可能に思えます。 10件ほど前の記事から読んでいただければわかるとおり、「言語規範と量子場は同じ」であるならば、自然科学は「循環(ネットワーク)であり、孤立系(外のない内)」であるというのは自明のことです。ならば、自然をネットワークとしか感じられないのならば、岡潔の伝えたかった事などわかりようがありません。心は2つあるのです。

 

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

自身を含まない 量子場理論 は間違っている 

研究対象とは別の位置に自身を置いて論ずることは間違っていると、かなり前に指摘しました。そういう研究は、自身を”神”の位置に置くのと同じだということです。自然科学、特に物理学に違和感を持っていたのはこの点でした。

先般より考察の参考にしている 「 時間は存在しない(カルロ・ロヴェッリ著」(以下、著者という。)から気になる部分を引用して説明します。

第九章「時とは無知なり」p130からです。

かりにこの世界の基本的な力学において、全ての変数が同等だとすると、わたしたち人間が「時間」と呼んでいるものの正体は何なのか。腕時計はいったい何を計っているのか。絶えず前に進んで、決して後ろ向きにならないのは何なのか。なぜ後ろ向きにならないのか。この世界の基本原理に含まれていない、というところまでは良いとして、いったいそれは何なのか?

じつは、この世界の基本原理に含まれず、何らかの形でだた「生じる」にすぎないものはたくさんある。たとえば、

  • 猫は宇宙の基本的な素材に含まれていない。この惑星のさまざまな場所で「生じ」、繰り返し現れる複雑なものなのだ。

著者のこの書き方だと「猫は複雑なもの」だから基本原理に含まれないとでもいいたいように読めます。それとも基本原理に含まれないから存在しないというのでしょうか。全く違います。

数学者岡潔は次のように述べています。

  1. 人の心は2つある。
  2. 第1の心のわかり方は「意識を通し、言葉で言える」。
  3. 第2の心のわかり方は「意識を通さず、言葉で言えないが、しかし、何となくその趣おもむきがわかる」。

2.に示す第1の心は、「わけることによりわかる」とする還元主義のことです。理解とか物の理ことわりといいます。「わかる」の語源は「わける」です。つまり、意識して言葉で言える物をわけることによりわかるはずだという主義、考え方です。

著者は理論物理学者です。わけることによりわかるはずだとして、物を細分化して行きました。200年以上かかって物理学者は 量子場理論 に辿り着きました。著者は「量子場は言語規範と同じであることがわかっている。」と述べています。 言語規範とは、言葉の規則・基準という意味です。

  • 規範 「単なる事実ではなく、判断・評価などの基準としてのっとるべきもの。準拠。標準。規格。」

言語学者は、言葉・言語をわけることにより、音素に辿り着きました。音素とは人が聞き分けられる言葉の最小単位です。音素に意味はありません。音素を組み合わせることによって言葉はできます。意味のない音素を互いに規定しあうことにより言葉・言語が出来上がっています。意味を与えています。

これはネットワークであり、循環です。

図1

いわば言葉は、「外のない内」であり孤立系です。

図2

人の思考、つまり「意識を通し、言葉で言える」第1の心は、循環であり孤立系であるということです。 人の思考もまた孤立系なのです。

孤立系である第1の心により「物」をわけることにより、物の最小単位を求め続けた理論物理学者である著者は、遂に(音素ならぬ)物素に辿り着いたのです。それが量子場です。ですから音素と同じく量子場に意味はありません。

 

著者は「猫は基本的な素材にない複雑なもの」と述べています。著者は岡潔が云った第2の心を知らないのです。猫は複雑だから存在しないというのでしょうか。

写真1

それとも、簡単であれば存在するとでも考えているのでしょうか。

写真2

数十個の単位(ブロック)でできている猫は存在するというのでしょうか。違います。写真1も写真2の中央にあるものも人は、だとわかるのです。それはわけるからわかるのではありません。意識を通し言葉で言えるようになるに、それが何であるかを何となくわかるのです。でなければ(循環であり孤立系である)言葉で言える訳がないのです。それが第2の心の働きによるのです。でなければ、月も太陽も犬も人もいません。 (注:数学を含む。数学の素なる数(数素)もまた意味はありません。岡潔は「自然数の1は決してわからない」と述べています。同じです。【6】 数学の使えない世界を参照ください。)

 

「時とは無知なり」ではなくて、著者が無知なのです。

著者は誤解しています。は現在・過去・未来からなります。著者が用いる「時」とは、この場合「時間」を意味します。これまでの考察により時間は、時の現在と未来を含みません。それがプランクの時間(10-44秒)でもです。

図3

状態(ア)において、本当にわかるのは第2の心です。岡潔によれば、情じょうの働きにより写真1が何であるかを、意識を通さずとも言葉で言えずともわかるのです。それが現在(静止画がわかる)です。それ以降が「知」の領域です。は現在と過去を橋渡ししています。「知」とは記憶であり情報です。それは過去です。それから「」が働きます。そこから初めて「あぁがいる。」とわかるのです。 ついでながら、過去記事にしたように本居宣長の「もののあはれ」は、(動画がわかる)という意味です。それには記憶が必要です。物の動きがわかるのは、過去の記憶(知)によります。

 

表題のごとく、自身(現在)を含まない 量子場理論 は間違っています。

心の仕組みと働きを抜きにして物質科学は成立しません。

著者は時間変数を含まずに 量子場理論 を作ったと云います。しかし、時間を光速度cに置きかえただけです。光速度cがわかる為には、その前に時間がわかる必要があります。時間は物体の運動からつくります。最初、人類は物体の運動にかかる角度から時間をつくりました。だから時間は10進数による12の倍数なのです。角度は量ではありません。だから時間は物理量ではありません。

 

著者の理論は、2018年にわかった「自然科学は循環である」という範囲から一歩も出ていません。

図4

自然科学が循環であり孤立系なのは、人が持つ第1の心が循環で孤立系だから当然のことなのですが、対して第2の心は開放系である(らしい)ことがわかります。第1の心のネットワーク以外です。するとこれら(孤立系、循環である自身)を含む理論を構築するには別の次元軸を考える他無いことに気(キ)付きます。 岡潔が山崎弁栄上人の言葉を引いて述べたように「自然は心があるために映写される映像に過ぎない」と完全に合致します。【3】 西洋の唯物主義を参照ください。

 

因みにビッグバン理論というのは胡散臭いのですけれど、理論にt=0を代入しても意味はないはずです。著者が気付くべきは、「現在に意味は無い」ではなくて、「理論は決定論ではない」なのです。過去記事にあるように古典物理も量子力学を基礎とする現代物理学も決定論にはなり得ません。管理人自身、3年ほど前まで古典力学は決定論だと信じていました。当たり前のこと、未来はわかりません。

追加です。著者は自然において「(あらゆる物や事が)生じる不思議」を強調しています。この点について。弧理論ではもっと積極的です。  元の定義(ヲシテ文献によるカミ)は次です。

「ア」と「ワ」はつながり、「ウ」をもたらし、「ウ」よりヒトを生じさせる

なんとなく生じるなどというものではありません。「生じさせる」のが自然なのです。その仕組みと働きを別の次元軸に求めようというのが弧理論です。過去記事を「カミ」で検索、参照ください。 これまでの考察によれば究極、「回す」と「回る」の違いに行き着きます。回る仕組みがすべてを生じさせています。自然科学の考え方では、すべてを回さねば成り立たないのです。本当は「回る」のです。加速度には2種類あります。数学的には区別がありませんので、物理学者には「生じる」という観点しかありません。宇宙において静止は、例外中の例外です。

 

追記1/15 著者の言葉を真似るならば、『は宇宙の基本的な素材に含まれていない。この惑星のさまざまな場所で「生じ」、繰り返し現れる複雑なものなのだ。』と云えます。人も車も男も女も何も存在しない。何もわからないままです。  自身を含まない理論が”統一理論”にほど遠いと気付かねばと感じます。

2018年の前半に「自然科学は循環である」とわかり、2019年には「人の思考もまた循環である※1」とわかりました。管理人の人生における最大と云ってもよいほどの研究成果です。この手の話しについて、いくらでも記事に書けますが、これまでにおおよそ網羅していますので、似た記事になります。

※1 思考とは、岡潔の云う第1の心(意識を通し、言葉で言える心)です。言葉が互いに規定しあって成り立っているのですから、思考もまた循環であり孤立系です。著者の云う「言語規範」です。循環であり孤立系であり、ネットワークに過ぎない言葉では何もわかりません。猫も人も。 循環である(数学)言語で記述された量子場もおなじです。それが量子場でも、素粒子でも、基本粒子でも同じです。互いに規定しあって成り立っているのです。では、なぜ人は猫や人であるとわかるのか?それが岡潔の云った第2の心です。意識を通さず、言葉で言えなくとも何となく猫は猫の、人は人の趣おもむきがわかるのです。第2の心がなければ、猫も人も存在しません。このように考察を続けると自然は映像だと考えざるを得なくなります。別の次元軸を考えざるを得ません。

理論物理学者に聞きたいのは、「ブロックでできた”簡単な猫”ならばどうなの?」ということです。

写真2

 

カテゴリー: 解説 | タグ: , | コメントする

量子場 を説明する簡単な模型

前回までにご紹介したカルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」から興味深い点を読みます。

写真1

カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その6』の中で引用した子どものための量子場にかかる図を眺めていて気付いたことです。

図1 出典:A Children’s Picture-book Introduction to Quantum Field Theory

この模型では、バネを付けた小さな球が互いに連結しており、揺らぎによって量子(粒子であり波動である物性を持つ。)が生じるを模しています。

著者が本で述べていることの一つの大凡をまとめると以下になります。

  • 量子場は言語規範と同じくネットワークである。
  • 量子場の方程式は、物と物との間の関係を説明する。
  • 世界はと云うより物と物との間にある関係、即ち(出来事)により成り立っている
  • 出来事のネットワークは、より単純な出来事に分解できる。
  • 複雑な出来事は、量子場のネットワークが織りなすと考えるとうまくいく。
  • ネットワークは、「外のない世界」である。

その上で著者は云います。

わたしたちはずっと、この世界をある種の基本的な実体の観点から理解しようとしてきた。物理学はほかのどの分野よりも熱心に、それらの基本的な実体の正体をつきとめようとしてきた。だが調べれば調べるほど、そこに「在る」何かという観点ではこの世界を理解できないように思えてくる。出来事同士の関係に基づいたほうが、はるかに理解しやすそうなのだ。

著者の主張を管理人なりにまとめたのが前回までの記事です。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , | コメントする

カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その6

前々回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」から興味深い点を読みます。

写真1

いつも引用するある科学者の言葉から得た管理人による考察と比較して検討します。著者は、「物ではなく、出来事にある」と述べています。第六章「この世界は、物ではなく出来事でできている」より。「実体」という部分をp99より引用します。

かりにこの世界が物でできているとしたら、それはどのようなものなのだろうか。しかし、原子がもっと小さな粒子で構成されていることはすでにわかっている。だったら素粒子なのか。だが素粒子は、束の間の場の揺らぎでしかないことがすでにわかっている。それでは量子場なのか。しかし量子場は、相互作用や出来事について語るための言語規範にすぎないことがすでに明らかになっている。物理世界が物、つまり実体で構成されているとは思えない。それではうまくいかないのだ。

前回までに説明したとおり”言語規範”と量子場を比較して、「同じだとわかっている」と述べています。

  1. 言語「音素の組み合わせ」・・・・音素に意味は無い。音素の組み合わせに意味がある。
  2. 量子場「場の揺らぎ→物(素粒子等)」・・・・量子場に意味は無い。場の揺らぎにより生じる量子、その他の物質の組み合わせに意味がある。

1.と2.を対比させると同じだという意味です。その上で、物理世界がで構成されているとは思えないと述べています。ここで著者が使った「実体」とこれまで管理人が使ってきた「実体」とはまったく意味が異なります。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

数学者岡潔「 2つの心 」・・・頑としてわからぬ人たちが居る

数学者岡潔は、人には 2つの心 があることを説いています。ところがどういうわけかあまり詳しく解説していません。晩年になって、自身の時間が残されていないからなのかわかりませんが、先を急いでいるような感じを受けました。

岡潔を知ってから「 2つの心 」と「時間とは何か」の2点について、少しずつ考えて記事にしてきました。できるだけ具体的な例を挙げながら、第1の心と第2の心の仕組みと働きについて考えてきました。この2つのテーマを掘り下げて考える理由は、自然科学の何が問題なのかを明確にするためでした。

しかし、これまでのところ、十分わかってもらえているという実感が湧きません。その理由について考えました。

 

ほぼ全ての人たちは、岡潔の講演録なり、著書を「読んだらわかる」と思っています。ところが実は、「岡潔を読んでもわからない」のです。誰でも岡潔を読めば、「岡潔は何かを訴えている」とはわかります。それで何かわかったつもりになります。それだけです。岡潔は第1の心と第2の心のあり方を次のように述べています。【1】巻頭言より。

第1の心のわかり方はことごとく意識を通す。その内容はすべて言葉で云える。それでこれを「」という。これに反して、第2の心のわかり方は、決して意識を通さない。またその内容は、決して言葉では書けない。だからこれを「」という。しかしながら、無が根底にあるから、有が有り得るのである。東洋人はこれをずっと知っていた。日本人も少なくとも明治までは知っていた。そしてよくわかる人は、そのことが非常によくわかったのである。何でもすべて本当に大切な部分は無である。だから日本本来のよさというのは無である。ギリシャ人や欧米人は有しか知らない。無のあることを知らない。

第2の心の世界を「無」と云い、第1の心の世界を「有」と云う。真、善、美はすべてその源を無の世界に発して、有の世界へ流れこんでいる。有の世界に入って後、言葉で云えるのである。

一見、哲学的なことを述べている様な言葉です。ところが直近の記事11月1日の『カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その2』で取り上げたこと、『「今」に何の意味もない』に一致することがわかります。「今」は、「無」より出ているからです。 続きを読む

カテゴリー: 解説, 雑感 | タグ: , | コメントする

カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その5

前回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」から興味深い点を読みます。

写真1

著者は、1960年代から、時間変数を含まずに量子重力を記述する努力がなされてきたことを紹介しています。p118より引用します。

時間変数をまったく含まずに量子重力を記述する方程式がはじめて書かれたのは、千九百六十七年のことだった。アメリカの二人の物理学者、ブライス・ドウィットとジョン・ホイーラーが発見した。今日ホイーラー=ドウィット方程式と呼ばれている式である。

量子重力の基本式に時間が含まれていなくても、なんの不思議もない。基本的なレベルでは特別な変数は存在しない、という事実の結果でしかないのだから。

この理論は時間のなかで物事が展開する様子を記述するわけではない。物事が互いに対してどう変化するか、この世界の事柄が互いの関係においてどのように生じるかを記述する。ただそれだけのこと。

注:編集の都合、”・”で強調された原文を”下線”で代用しました。 1967年に2人の物理学者によって時間を含まずに記述されたとのことです。最初は納得していましたが、よく考えたら変です。著者たち物理学者の云うことは半分は正しいけれど、間違っています。理由は以下です。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , | コメントする

カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その4

前回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」から興味深い点を読みます。

写真1

数学者岡潔による「自然科学は間違っている」から得た管理人による考察と比較して検討します。著者は「時間とは何か」を考え続けます。第九章「時とは無知なり」より。

かりにこの世界の基本的な力学において、全ての変数が同等だとすると、わたしたち人間が「時間」と呼んでいるものの正体は何なのか。腕時計はいったい何を計っているのか。絶えず前に進んで、決して後ろ向きにならないのは何なのか。なぜ後ろ向きにならないのか。この世界の基本原理に含まれていない、というところまでは良いとして、いったいそれは何なのか?

じつは、この世界の基本原理に含まれず、何らかの形でだた「生じる」にすぎないものはたくさんある。たとえば、

  • 猫は宇宙の基本的な素材に含まれていない。この惑星のさまざまな場所で「生じ」、繰り返し現れる複雑なものなのだ。

前回までに指摘したように、著者は知らないようです。

  1. 時間は計るものではなくて、時間は作るもの。
  2. 時には「現在、過去、未来」があって、時間は、人が「時の過去」に持つ観念である。時と時間を混同している。
  3. 著者は、人が「猫」を見て「猫である」と何故「わかる」のかわかっていない。

1.について、時間は作るものであって、計るものではありません。(日本標準時をつくる) 著者は、どうも観念的な時間の存在は否定しているようですが、物理量としての時間は肯定しているようです。量としての時間は「計るもの」との認識のようです。これまでの管理人による考察では、時間とは次です。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , | コメントする

カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その3

前回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」の前半から興味深い点を読みます。

写真1

その際、数学者岡潔の講演録から「時間」に関する発言を元に考察した結果と比較検討します。

 

(1) 前回記事に追記した「言語規範」云々についてです。該当部分をp99より再掲します。

かりにこの世界が物でできているとしたら、それはどのようなものなのだろうか。しかし、原子がもっと小さな粒子で構成されていることはすでにわかっている。だったら素粒子なのか。だが素粒子は、束の間の場の揺らぎでしかないことがすでにわかっている。それでは量子場なのか。しかし量子場は、相互作用や出来事について語るための言語規範にすぎないことがすでに明らかになっている。物理世界が物、つまり実体で構成されているとは思えない。それではうまくいかないのだ。

この文章の後、世界の出来事を”ネットワーク”という言葉で説明しています。下線を付した”言語規範”をネットで調べたところ、幾つかありました。「言語規範とはなにか?」や「言語規範と言語表現」などです。

下線部分の管理人の解釈は、以下でした。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | 2件のコメント

カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その2

前回に続いて、カルロ・ロヴェッリ著(以下、著者という。)の「 時間は存在しない 」の前半から興味深い点を読みます。

写真1

その際、数学者岡潔の講演録から「時間」に関する発言を元に考察した結果と比較検討します。

今回は、第1部 時間の崩壊、第3章 「現在」の終わり、にある『「今」に何の意味もない』と『「現在」がない時間の構造』についてです。p46からp60までの内、幾らかを引用します。

著者は、宇宙の遠くにある惑星の「今」と、この室内にいるお姉さんとの「今」について議論しています。

お姉さんから自分の目に届く光を受けるわけだが、光が皆さんのところに届くには、たとえば数ナノ秒[一ナノ秒は一秒の十億分の一]の時間がかがる。したがってみなさんが目にしているのは、お姉さんが今行っていることではなく、数ナノ秒前に行っていたことなのだ。

わたしたちの「現在」は、宇宙全体には広がらない。「現在」は、自分たちを囲む泡のようなものなのだ。

では、その泡にはどのくらいの広がりがあるのだろう。それは、時間を確定する際の精度によって決まる。ナノ秒単位で確定する場合の「現在」の範囲は、数メートル。ミリ秒単位なら、数キロメートル。わたしたち人間に識別できるのはかろうじて十分の一秒くらいで、これなら地球全体が一つの泡に包まれることになり、そこではみんながある瞬間を共有してるかのように、「現在」について語ることができる。だがそれより遠くには、「現在」はない。

「宇宙の今」という言葉には意味がないのだ。

続いて、「現在」がない時間の構造においては、ミンコフスキーの光円錐(ライトコーン)を用いて[事象]の地平線について説明しています。その上でp59から結論を述べています。

もしも、「現在」に何の意味もないのなら、宇宙にはいったい何が「存在する」のか。「存在する」ものは、「現在」にあるのではないのか?

じつは、何らかの形態の宇宙が「今」存在していて、時間の経過とともに変化しているという見方自体が破綻しているのだ。

時間の過去と現在について、数学者岡潔は「【5】 情の特色」において次のように述べています。

情は分かつべからざる全体である。やはり部分として分かつべからざる全体である。無量のそういう部分がある。情の中には時間も空間もありません。時はありますが時間という計量的なものは無い。また、空間は量的に質的にありませんが、時については2種類、2つですね。過去と現在、それだけですが、新しい現在が古い現在に変わる。その古い現在が過去になっていくということは限りなく繰り返される。そういう意味で未来は無い。

続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , | コメントする

カルロ・ロヴェッリ著「 時間は存在しない 」について その1

カルロ・ロヴェッリ著の「 時間は存在しない 」と「すごい物理学講義」の2冊を買いました。

写真1

まだ読んでなくて、前半、ページをめくって気になったことを記します。

管理人が「時間とは何か」について、数学者岡潔の言葉から考えだしたのは2013年からです。最初は 2013年10月15日の記事『「時は金なりTime is money.」の本当の意味』からです。数学者岡潔の講演録から「時間」に関する発言を元に考察してきました。カルロ・ロヴェッリ(以下著者という。)の考えとの比較によって、同じところと異なるところを検討することで「時間とは何か」が明確になります。

 

まず、著書のタイトルである「時間は存在しない」についてです。アリストテレスとニュートンの時間についての考え方を比較しています。p66から。

わたしたちの知る限り、「時間とはなんぞや」という問いに最初に思いを巡らしたのは、アリストテレスだった。そしてアリストテレスは、時間とは変化を計測した数であるという結論に達した。事物は連続的に変わっていくのだから、その変化を計測した数、つまり自分たちが勘定したものが「時間」なのだ。

対して、ニュートンの考え方をプリンピキアから引用して紹介しています。p68から。 続きを読む

カテゴリー: 解説 | コメントする