コンデンサーマイク BM-800 改 ポップガード自作

改造前提で人気のコンデンサーマイク BM-800 相当であるNW-800やSY-1000を改造して使ってきました。

これまで市販のポップガードを改造してましたが、嵩張るし原稿を読みにくいので新たに作りました。

指向性を高めるためにスポンジに切り込みを入れます。

3Dプリンタで作った支持台に市販のポップガードを取り付けてましたが、これでも大きすぎて邪魔です。そこで、より小さなポップガードを自作します。

AUTODESKの無料3DCADであるTINKERCADにて作図します。

slic3rにて印刷データに変換します。

そして、先般自作した3Dプリンタ2号機にて印刷。

印刷の出来上がりが、こんな感じでとてもコンパクトにできました。

薄めの靴下の生地を挟み込み3ミリネジでとめます。ポップガードを目玉クリップでマイクスタンド側に固定して出来上がりです。

 

これまでコンデンサーマイク BM-800 相当品を4個買って改造しました。その内でできの良いやつを使っています。この状態で録音して、環境音もほぼ入りません。とても都合が良いです。

これまで建物の一角を防音シートで囲ったところにPC一式を持ち込んで録画&録音しておりました。随分楽になりました。

試しに、環境音ありまくりの自室の机上にて録音したwavファイルをwordpress内に貼りました。

使用機材は以下です。

  • NEWER NW-800改(16ミリユニット)
  • behringer U-PHORIA UM2
  • Audacity2.4.2

マイクの改造について、参考まで。2020年11月21日「BM-800 系コンデンサーマイク改造というか、修理と3Dプリンタ部品でマウント

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA