3Dプリンタ 2号機 Anet A8 Orbiter direct drive extruder with BL-T

以前、中華部品を集めて適当に作った3Dプリンタは、精度が出ない代物でした。

参考2017年8月17日「自作CNCに3Dプリンターはどうだろう」、2019年5月8日「自作 3Dプリンター 中華部品の寄せ集め

  1. 印刷エリア20cm*20cm
  2. ダイレクト方式
  3. ノズル0.5ミリ
  4. 1層目0.4ミリ 2層目以降は0.3ミリ

ダイレクト方式でしたからホットエンドが重くてz軸の調整に苦労しました。また、Y軸のベースをアルミ板で自作したためかz軸(高さ)が安定しませんでした。

 

何とか、ノズル0.4ミリで積層を0.2ミリとしたいので2号機を作りました。今回は、3Dプリンタの部品を自前で印刷できますので、いろいろ検討した結果、Anet A8というタイプのアルミフレーム(2040)仕様にしました。次にリンク先のコピーになります。

AM8 – Metal Frame for Anet A8

部品等は、主にAliexpressから取り寄せました。2040アルミフレームは丸鋸で切断します。白のフィラメントを使いました。

写真1

電源とRAMS1.4ボードは背面側です。液晶表示は配線の関係で上部に付けました。フィラメントホルダーは上部に付けました。

 

この時点では、従前のダイレクト方式のXキャリッジですが、調べる内に面白い物をみつけました。

動画1

Orbiter というもので、これをダイレクトに使います。これは優れもので、遊星ギヤを使いますので、一回り小さいステッピングモーターを使えてトルクがあります。遊星ギヤは高回転には向きませんので、このような使い方に適しています。動画1の関連資料(“The Orbiter” 140g direct dual drive Extruder with up to 10 kg pushing force)などを適当に引用しつつ目的の.stlファイルを合成します。これらをまとめてTinkercadにまとめます。

写真2

で、参考に「 Anet A8 Orbiter direct drive extruder with BL-T 」として、Sketchfabに貼り付けました。

1号機で各部品を印刷しまして、できあがったのが以下です。

 

重さを量ります。355gありました。いいろ取り付けたので重いです。

ついでに、Orbiter extruderのみでは142gでした。

 

 

できあがったXキャリッジを付け替えます。

ベースを取り付け、ホットエンドを付けます。

ホットエンド用ファンとBL-TouchとOrbiter extruderを取り付けます。

 

次に、印刷物用のファンとダクトを付けた上で、配線をとりまとめて出来上がりです。

これから調整になりますが、大きな不具合から押さえていくことになります。今のところz軸の振動が大きいです。

因みに、機械駆動系の電源は24Vにしました。両側に取り付けたブロアは印刷物を冷やすブロアですが、これ共鳴します。うるさいです。2つのモーターとダクトの長さがあうのか、キーンという共鳴音がします。(印刷し直すのが面倒です。)ダクトの長さを2ミリほど長くすることで回避できます。このブロア2台は重くなるし大げさな気がします。単純に見た目を対称にしたかっただけですw。

ところで、以前作ったLaser Engraverのユニットをこれに付けようか、それとも1号機を改造して専用にしようか検討しています。2016年5月31日「自作CNC TTLレーザードライブ回路の試験

 

追記 3/17 電源をDC24Vにしたので、ホットベッドの端子は直接半田付けです。コネクタでは火災になりかねません。また、ホットベッド加熱用のFET(RAMPSボード)が心配になりました。そこで、間にソリッドステートリレー(SSR-25 DD)を入れました。

BL-Touchの調整は以下を参考にしています。

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA