エイリアンインタビュー で気になる点 2つについて

コメントで教えていただいた本「エイリアンインタビュー」-エイリアンインタビュー:ローレンスR・スペンサー編集2015年-を読んで気になる点が2つあったのでメモします。Alien Interview

1947年ニューメキシコ州ロズウェルの近くでUFOが墜落し、空飛ぶ円盤からエイリアンが救出されました。そのエイリアン(以下「エアル」と呼び、彼女はパイロットであり士官です。)に当時従軍していた看護師マチルダ・オードネル・マックエルロイがインタビューした記録です。1947年の7月から8月にかけてエアルにインタビューをテレパシーにて行われたとあります。この記録はマチルダの個人の感想等の記録並びに機密にあたるエアルとの質疑等により構成されています。これら資料が事件から60年経ってから エイリアンインタビュー として編集者スペンサーに送られてきました。

ざっと読んで気になることは幾つもあります。例えば、なぜ公表が60年も過ぎてからなのか。信憑性はどうなのかなどです。 ここで管理人の姿勢はいつも同じです。「寛容であり、徹底して懐疑的であるべき」でして、理解できないことは何処かに留め置くことです。

 

気になる点の内、2点を取り上げます。1つは、時間に関することで、もう1つは空間に関することです。

エアルはマチルダの問いに応える形でインタビューは進んでいきます。エアルはある時期、多数の書籍を読んで英語をマスターしたといいます。そして、エアルは独自の概念を含む造語をしました。以下、エアルの造語(IS-BE)に関するエアルの説明です。p70より引用します。

個人的に私は、全ての感覚のある存在たちは不死のスピリチュアルな存在であるという信念を持っている。これは人間も含まれている。正確性と単純さのために、私は自分の造語を使う:「IS-BE(イズ・ビー)」。なぜなら不死の存在の第一の性質は彼らが時間の無い「IS(存在する)」という状態の中で生き、彼らの存在の唯一の理由は彼らが「BE(そうなる)」ということを決めるからである。

確か「IS-BE(イズ・ビー)」は、自己を客観視した状態だと説明した箇所がありました。自分の頭を上から俯瞰して見るようなものです。

(1) エアルは、時間とは何かを説明しています。p77からです。

あなたが歴史という題目を理解するには、まず時間という題目を理解しなければならない。時間とは単に、空間を通り抜ける物体の運動を任意に計測しているにすぎない。

言い回しは英語からの翻訳ですからわかりにくいですけれど、要は「時間とは物体の運動を計測すること」と述べています。 時間という別の次元軸はありません。時間は空間(にある物体)の性質を切り取ったに過ぎないのです。

これは数学者岡潔が著書で述べていることと同じです。岡の著書「自然科学は間違っている」の【2】自然科学者の時間空間より一部引用します。

自然科学者は初めに時間、空間というものがあると思っています。絵を描く時、初めに画用紙があるようなものです。そう思ってます。時間、空間とはどういうものかと少しも考えてはいない。これ、空間の方はまだ良いんですが、わかりますから。時間の方はわかりませんから。

時間というものを表わそうと思うと、人は何時も運動を使います。で、直接わかるものではない。運動は時間に比例して起こると決めてかかって、そういう時間というものがあると決めてかかって、そして、時間というものはわかると思っています。空間とは大分違う。

下線は管理人による。

これまで考察してきたことによれば、時間は「人の五感でわかる物体の運動から作る」のです。 例えば、太陽と地球の自転にかかる位置から時間を作る日時計や歯車の運動から時間を作る機械式時計があります。

clock

高精度なセシウム原子の振動(運動)から時間を作る原子時計も同じです。

セシウム原子時計

写真1 http://jjy.nict.go.jp/mission/page2.html
次表に示すとおり、人の五感でわかる赤い括弧の範囲内にある物体の運動を使って時間を作るという点において、日時計も、機械式時計も原子時計も同じです。

表1

問題は、

人の五感でわかる物体の運動を使って作った時間で、表の範囲外にある極大の天体の運動や極小の素粒子の運動とを比較している

ことです。 岡潔が述べたように自然科学者は、「運動は時間に比例して起きると決めてかかって、そういう時間というものがあると決めてかかって」いるのです。

問題の本質は以下です。

時間は運動を使って作りますが、運動そのものではありません位置に数字を割り振って、その数字を差し引きしているということです。

Time and position図1

位置とは住所地番と同じです。 「2点間の住所地番同士を差し引きしてどうするの」です。  それでも、そうやって作った時間を用いて上表の「赤い括弧の範囲にある運動と比較する」のは問題ありません。この範囲にある、例えば電車の運動と比較するにはまったくもって問題はありません

表の外側にある(天体や素粒子の)運動と比較するのが問題なのです。  過去記事(時刻は位置であり量ではない 例えば3分間は、距離(長さ)であって時間そのものではない)や(時間 は独立した物理量ではない 空間の性質に依存したものである)あるいは(時間とは、過ぎゆく運動の記憶である)などを参照ください。

 

これまでの考察によって、どうも「空間は曲がっている」ようです。勿論、相対性理論による「空間の曲がり」などではありません。 相対性理論の根幹は「運動から作った時間を光速度に置き換える」ということですから、ダメです。

自然科学の問題点を簡略に示したのが次図です。

 Material nature図2

自然科学は複雑ですけれど、要は「運動から作った時間を用いて、素粒子など物質の運動を定義している。更には時間を光速度に置き換えて、時間・空間を再定義している」に過ぎません。

自然科学は、還元論の形をとりながら循環論ですから、矛盾してます。

これが自然科学すべての問題の本質です。

 

(2) 次にエアルは、この「IS-BE(イズ・ビー)」造語を用いて空間とは何かについて説明しています。p77より。

空間*1とは直線的ではない。空間*1とはある物体を見ているIS-BEの視点によって決定される。あるIS-BEと見られている物体の間の距離が「空間*1」と呼ばれる

空間*2の中の物体、またはエネルギーの塊は、必ずしも直線的な形で動くわけではない。この宇宙では物体は不規則に、または曲線的なパターン、または同意された法則に基づいて動く傾向がある。

※番と下線は管理人による。

この文章は理解が難しいです。 「IS-BE」を弧理論と同じ別の次元軸に置くことを前提に考える必要があると認識します。 また、※1はエアルが説明したい「空間」で、※2が我々が認識している空間だと思われます。

 

弧理論の発端の一部は、ある科学者の言葉にあります。

物質はエネルギーに転換するし逆にもなるというが、本当は一つの実体の異なる面に過ぎない。

これを弧理論では次図のように考えます。

entity and mass図3

別の次元軸(E軸)を「真のエネルギー値を持つ実体が存在する」と定義します。上から見ると実体が持つ物質面だし、横から見ると「真のエネルギー値」がわかります。  実際は視点を変えずに実体の物質面への投影角が変化します。

enrgy and motion図4

の運動は、投影角によって増減します。真のエネルギー値の変化分が運動として認識されます。

一方、エアルが述べた「空間」について、別の次元軸と考えて図示します。

図5 物質面とは、我々が認識している(空間*)のこと。

エアルによれば『IS-BEと見られている物体の間の距離が「空間*1」』だとのことです。そして、空間※2についての説明が「空間の中にある物体、またはエネルギーの塊」と限定されています。 この「エネルギーの塊」とは、図4の「運動」に相当しそうです。ですから、※2に示される空間とは「エアルが説明する空間※1」とは別のものだと推測します。

図4と図5は似ています。たぶん、弧理論による実体とエアルによる造語「IS-BE」は同じものではないかと感じます。 すると我々が認識している「空間」とはかなり趣が異なってきます。

 

図4において、実体が物質面に並行となった場合、実体が持つ「真のエネルギー値」はゼロとなり、すべて運動になります。(時間を含まない運動としてと表す。) このとき我々には物質は見えなくなり、質量を観測できません。これは「波」であると考えられます。 例えば、電子が光速度で量子化されたら光子です。

弧理論において、物質面(M軸)にすべて運動として現れるとき、このCがエアルの言う「IS-BE」なのだろうか?

JIttai and Undou図6

において、運動は、「IS-BE」?  そうだと考えると空間は曲がっている?  よくわかりません。 これまでの考察によれば、表1の両端(極大及び極小の世界)は、運動の状態(波の状態)にあると考えています。 素粒子も宇宙の巨大な構造も観測者に対して常に運動していて「静止し得ない」のです。

E=mcという数式の理解が曖昧だから混乱します。 物質と運動(物理学でいう時間を含むエネルギーを意味する。)との関係が理解できていないから混乱します。

整理すると「弧理論において(観測者に対して極大・極小の世界は静止し得ない)=空間は両端で曲がっている」となります。 ただし、極大の世界は相対論により曲がっているのではありません。別の次元軸方向に曲がっていると考えます。

エアルの「空間は直線的ではない」とう発言と近いことは確かだが、何処がどう違うのか理解できません。  運動は、エアルの言う「空間は曲がっている」と同じとして理解して良いのだろうか? 「空間とは何か」意味をもう少し考えます。

 

自然科学の問題点と矛盾を列挙します。

  1. 時間は存在しない。人が経験的に持つ観念に過ぎない。
  2. 重力レンズの現象は別の次元軸の存在を示唆している。相対論ではない。
  3. 量子もつれの突然死は空間の曲がりによって説明できる。同時でなくなり、相関が崩れる。
  4. 陽子中性子は内部構造を持たない。別の次元軸の存在を考えれば、陽子中性子とも映像だと説明できる。単独で取り出せない物質:クオークは不要。多数の素粒子群は物質未満の破片に過ぎない。実体は6種×投影元2あるから最大12種の運動が考えられる。だから素粒子群が12種に分類できる。素粒子群は、運動を量子化したもの。時間を使って質量に換算したに過ぎない。「GeV/c
  5. 物理的時間は人の感覚でわかる運動から作る。だから人の感覚でわからない運動と比例関係にあるかどうか証明できていない。素粒子物理学も宇宙物理学も理論計算できるが正しいかわからない。 GeV/cは、運動を時間を使って質量に換算しなおしたもの。光年も時間を使って距離に換算したもの。もし空間が別の次元軸方向(E軸)へ曲がっているならば正しくない。
  6. 科学の根幹に時間を用いていることによって、自然科学は近似になる。その適用の範囲は表1の赤い括弧の範囲、いわゆる「古典的範囲」にしか適用できない。大きく3つの範囲に分断されている。だから、重力が統一できない。
  7. 還元論であるにもかかわらず、科学の根幹となる部分において循環している。
  8. 自然科学の問題点は「時間」にあることは明白。
  9. 解決の方向として、「自然は、別の次元軸からの投影による映像だ」という開放系理論しかない。

ついでながら、我々五感で生きる世界(観測者の立場)と極小の世界の運動とはE-M軸平面において、「位相」が異なるだけです。 欲しいのは運動です。位相をずらすことができれば、フリーエネルギーは可能です。その具体的な方法がわかりません。 回転体を云々すれば実現できるはずです。2つの発散トーラスが打ち消しあっている状態にある回転体の位相をどうやってずらすかです。  トランスにパルスを入れるのも一つの発想なのですが、本質的ではありません。

 

マチルダによれば、エアルは、目が大きく、鼻も口も耳もなく、小さくて細くて用意した椅子が大きいくらいで、かつ目を閉じることがないのでじっとしていると生物かどうか判別できないと記しています。 いわゆるグレイと呼ばれるもののようです。 本にエアルの写真や絵はないのですが、管理人はカゲロウを思い出します。

Haft.jpg写真 2 https://ja.wikipedia.org/wiki/カゲロウ

エアルによれば、地球は牢獄あるいは監獄惑星だとのことです。歴史的経緯はどうあれ同意です。もっとも管理人は、第7章古代史のレッスン以降ほぼ読んでいません。

高野 誠鮮氏のお話しから想像するにエアルは生体ロボットかも知れません。 G・アダムスキーが異星人とコンタクトした際に外部に漏らせないあるものを見たとの話しをどこかで読んだ記憶があります。農作業など機械で代替えできない労働は彼らにやらせるとのことです。

 

 

何が本当で、何がウソなのかわかりません。でも、参考になるものは受け入れます。いずれわかってくるかも知れません。  あらかじめ「答えと解法が存在する」とわかっている問題ばかりやっているとYes か No(全肯定か全否定)どちらかの反応しかできなくなります。

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

エイリアンインタビュー で気になる点 2つについて への2件のフィードバック

  1. takutaku のコメント:

    お久しぶりです。前回、書き込みをしたときのエイリアンインタビューを購読なされたようですね。私は素人ですから、Φ氏のように理解することはできませんが、私の感覚的には、空間も時間も人間が認識しているようなものではないということが、感じ取れます。量子論の瞬時にして情報が伝わる現象、或いは波と粒子の性質などΦ氏の理論的考察を突き詰めていくと、答えが出てきそうな気がします。イズビーの言う空間が曲がっているというのは、かなり昔のアブダクションされた女性の本で、引力とは天の川銀河からの圧力の影響で空間が湾曲しているからだ、というような文を読んだことがあります。
    このアブダクションされた女性は、政府や軍も介入し念入りに調査も行われたようです。

    • Φ のコメント:

      これまで考えてきたことと繋がりそうな点があるので、参考にしました。話しの全体が嘘か本当かまったくわかりません。ただし、興味深いのは、取り調べをまとめた文章を証しするため、軍幹部がマチルダを通してエアルに自筆のサインを求めたところ。エアルは理由を述べてサインを拒否しました。軍幹部はエアルを電気ショックにかけて「死なせ」ました。地球がいかにも劣等惑星であることの信憑性を高める部分でした。ウソならサインをもらったとしておけばよいからです。エアルが言うように証言に対するサインや異星人の死体や破片など物的証拠など信憑性を高めるに何の役にも立ちません。愚かです。
      映像であるというのは、岡潔が僧侶山崎上人を引用したのであって、その他の資料からも合理性があるのです。思いつきだけではありません。映像であるならば、と思考を続けると”曲がっている”の結論に至ります。百年以上前に相対論が出てこなければ、危うく「曲がりの原因は別の次元軸からの投影映像」という方向へ発達していたかも知れません。そうなると人類は「愚か」を最大限に発揮して既に自滅していたと考えられます。
      因みに「極大での湾曲」について、「地平面が湾曲している」の次元を上げた考えです。遠くの銀河系ほどより速く遠ざかっていることを湾曲していると表現しています。だから湾曲が等方なのです。ビッグバンでは宇宙の中心が地球だとなってしまいます。
      >アブダクションされた女性の本で、引力とは天の川銀河からの圧力の影響で空間が湾曲している
      圧力の原因として「質量が原因で空間が湾曲」という相対論の考えならば理解できません。何が(空間が)何に対して曲がっているのか?「長さが変わらない光」に対して空間が湾曲、というのが相対論の根拠です。光速度は時間から、時間は手元にある機械装置の運動から作ります。それだと運動は空間の湾曲に依存していることになり、循環です。最初から空間とは何かという問いが抜けています。だから相対論を除外して重力レンズは別の次元軸を示唆していると考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です