新世界秩序(New World Order)はうまく行く訳ない

新世界秩序 (New World Order)という言葉をよく聞きます。wikiより。

新世界秩序(しんせかいちつじょ、英: New World Order、略称:NWO)とは、国際政治学の用語としては、ポスト冷戦体制の国際秩序を指す。また陰謀論として、将来的に現在の主権独立国家体制を取り替えるとされている、世界政府のパワーエリートをトップとする、地球レベルでの政治・経済・金融・社会政策の統一、究極的には末端の個人レベルでの思想や行動の統制・統御を目的とする管理社会の実現を指すものとしても使われる。

図1 出展:newworldorder 369blog

グローバリズムという言葉もよく聞きます。

グローバリズム(英: globalism)とは、地球全体を一つの共同体と見なして、世界の一体化(グローバリゼーション)を進める思想である[1][2]。字義通り訳すと全球主義であるが、通例では、多国籍企業が国境を越えて地球規模で経済活動を展開する行為や、自由貿易および市場主義経済を全地球上に拡大させる思想などを表す。

主に金融資本家たちが目指しているのがNWOであり、グローバリズムの一環です。2つの語を組み合わせます。

「多国籍企業の主である金融資本家たちは、市場主義経済を全地球上に拡大させる目的で、世界政府のパワーエリートをトップとする、地球レベルでの政治・経済・金融・社会政策の統一、究極的には個人レベルでの思想や行動の統制・統御を目的とする管理社会の実現を指す。」

肝はパワーエリートです。このパワーエリートは、公選されていません。欧州連合(EU)のウルズラ・フォン・デア・ライエン委員長がそれです。金融資本家が実質のトップになるべく組織されています。

 

この新世界秩序(New World Order)という言葉を聞いて思い出すのが「ローマ教皇 が、クリスラム(Chrislam)を宣言して世界統一宗教を目指す」というお話です。

言語が多数あるのと同じ理由で無数の宗教があるとわかりました。比べて、ローマ教皇がクリスラム(Chrislam)なる造語で世界を統一する宗教を目指すと宣言するのは、内容の無い浅はかな宣言です。

同じく、新世界秩序など真っ当な道理などありません。無理やり統一しようとするのですから無茶苦茶です。うまく行く訳がありません。(ロシアとウクライナの戦争を見るにつけ、うまく行かせる気はないとわかりますが。)

それこそ、金融資本家たちは、何をどうやって、どのような世界を創っていこうとしているのか全く分かりません。むしろ、抽象に過ぎないお金を儲けるために戦争している訳で、お金儲けが世界の維持(人々の幸せ)より重いのですから、おしまいです。ある科学者が言った言葉は貴重です。

二国間の摩擦は年々増大し戦争へと発展してしまった。勝敗は問題ではなく、単純にお互いを破壊したんだ。生き残りは少なく、地上の放射能レベルは人間の許容値を超えて上がってしまった。

生き残りの人々が放射能ですぐに死んで全滅したということではない。精神的肉体的な機能の低下を促進したということだ。続く世代には望ましくない変化もたくさんあり、彼らをそう長くはないにしても石器時代のレベルにまで落としただろう。

 

一つ指針があります。弧理論における社会科学は基準になります。文明の方向性について、物事の全体が極端に抽象化しています

この抽象化は、2つの心の乖離につながります。その先端が金融経済システムです。これまで何度も書いてきたように、第1の心(意識を通し言葉で言える心)は、繰り返しであり循環です。循環ですから抽象化に終わりはありません。これが最大の問題です。

図1 社会全体が抽象化しつつある

現状でも相当深刻な状態にあると推察します。2つの心の乖離は、病むということを意味します。別の言い方をするならば、統合失調です。

(たぶん)これすらトップではないと推察します。論理的思考の行き着く先なのでしょうけれども、既に妄想です。ノイズと紙一重。

256ビートは音楽理論としてあり得ますが、256ビートの名曲など存在しません。256ビートの曲を聴いて悦に入っているのならば、頭おかしいです。 新世界秩序 などうまく行く訳がありません。

 

Follow me!

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説, 雑感 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA