岡潔が求めていたのは 宗教 だった

確かに神仏の信仰は、人に心の安寧をもたらします。しかし、宗教は人類のあらゆるもめ事の原因でもあります。そこで信仰とは何か、宗教とは何かについて調べました。注:回りくどい説明ですが、ご辛抱ください。

「信仰」は、goo辞書から引用します。

  1.  神仏などを信じてあがめること。また、ある宗教を信じて、その教えを自分のよりどころとすること。「信仰が厚い」「守護神として信仰する」
  2. 特定の対象を絶対のものと信じて疑わないこと。「古典的理論への信仰」「ブランド信仰」

信仰とは、(ある宗教を)信じて、自分のよりどころとすることです。あるいは、特定の対象を絶対のものと信じて疑わないこととあります。つまりは、原因と理由はともあれ、妄信するということです。人は信じたいものを信じるということです。「鰯いわしの頭も信心から」ということです。 そのような信仰には思考停止が伴います。そこに理解も物の理ことわりもありません。

 

次に「宗教」についてgoo辞書から引用します。

《religion》神・仏などの超越的存在や、聖なるものにかかわる人間の営み。古代から現代に至るまで、世界各地にさまざまな形態のものがみられる。

神・仏などの超越的存在にかかわる人の営みとあります。つまり、原因と理由にかかわらず、人が無条件で信じる超越的存在にかかる人の営みです。まとめると、超越的存在について、妄信に基づく人の営みが宗教です。ですから、世にごまんと宗教があるのです。

 

これは実に馬鹿げています。天才たる岡潔が求めていたのがこのような何かであるはずがありません

管理人はこれまで、G・アダムスキーとダニエル・フライの遺した資料、並びにヲシテ文献にある資料と岡潔の言葉を元に考察を進めてきました。その上で3つの科学(精神科学、弧理論による社会科学、物質科学)を求めてきました。この3つの科学をミクサタカラと呼んでいます。ミクサタカラはたとえであり、タマ:精神科学、カガミ:社会科学、ツルギ:物質科学に対応します。これまで、タマ:精神科学とカガミ:社会科学はわかったつもりでしたが、意外にもタマ:精神科学の根幹は宗教であったわけです。

ここまで岡潔の言葉を参考に考察を進めた結果、前々回の記事で、出てきたのは宗教だった訳です。前回記事「ヒトハアノモノ」を参照ください。思考停止は、統治者の求めるところであって、これまでの宗教は皆を思考停止させるために用いた道具に過ぎません。

 

ここで改めて、「わかる」ということについて考えます。岡潔はこれを2つの心(第1の心と第2の心)としました。まとめたのが次図です。

図1

第1の心の特性である「私という心」は、還元主義と唯物主義によります。つまり、わけることによりわかるとする考え方です。そのわかり方は、意識を通し言葉で言える心です。ところが、言葉は互いに規定し合うことにより成り立つ循環でありネットワークであり、外のない内であることがわかっています。これがヲシテ文献のシヰです。

本当の「わかる」は、第2の心にあります。そのわかり方は、意識を通さず言葉で言えないがしかし、その趣おもむきがわかるという心です。これがヲシテ文献のタマです。

 

岡潔は、山崎弁栄上人の言葉をひいて「本当に実在しているのは心だけだ。自然は心があるために映写される映像に過ぎない。」と述べています。さすれば、映像を映写する仕組みがあるに違いない訳です。その考察により得たのが「境界空間」という仮説です。

岡潔は、自ら「本当の心は、理解や物の理ではない。」と言いながら、心が「わけることによりわかる」としたのです。これは間違いです。多くの宗教の教理経典は、この矛盾を持っているはずです。(十界など。)

 

一方で、岡潔は「自然数の1は決してわからない。」と述べています。ゼロと1を使う2進数で言えば、1とはゼロでない数ですし、ゼロとは1でない数です。つまり、互いに規定し合うことにより成り立つ循環です。数学も言葉と同じです。

人は物や事を言葉でわかっているのではありません。岡潔が云った第2の心は、言葉でわかるのではないのです。これには数学も含みます。げんに岡潔は「数学の使えない世界」について述べています。曖昧さを含まない言葉の一種にプログラム言語があります。同様に、曖昧さを含まないのが数学です。それでも第2の心はわからないのです。外のない内である第1の心が持つ本質的な限界です。

ここからは弧理論です。

弧理論において、宇宙の中心は宇宙にありません。大地の中心が地平面上にないのと同じです。大宇宙の中心は別の次元軸上にあります。しかも中心は2つあります。3D映画の映像元(映写機)が2つあるのと同じです。

M軸(物質的自然、物理空間)を横軸とし、図示すると次になります。

図2

これをヲシテ文献では、「カミ」と言います。カミとは次になります。

「ア」と「ワ」は、つながり、「ウ」をもたらし、「ウ」よりヒトを生じさせる。「ヒトハ アノモノ」であり、「ヒトハ ウナリ」。

「カミ」とは、自然は別の次元軸からの投影による映像であり、その元は「ア」と「ウ」よりなり、決して交わることのない「ア」と「ワ」から「ウ」、即ちウズ(渦:物質)が出来るということを示しています。そのアとワの構造が宇宙の大規模構造に表れてアワ(泡)状になっています。

それで、「ア」とは何かと問われたとします。すると次のように答える以外にありません。

「ア」とは「ワ」ではない何かであり、「ワ」とは「ア」ではない何かである。

つまり、アとワは互いに規定し合うことにより成り立つ循環だということです。「ア」も「ワ」も決してわかりません。

まとめると、人は別の次元軸からの投影による映像であり、心も別の次元軸にあるアとワによる訳です。2つあることはわかるが、それが何であるかは決してわかりません。

岡潔は「大宇宙の中心は情である。」と言いました。そして、その情について「わかつべからざる全体である」と言いました。以上を鑑みると「情」は、大宇宙の中心にある何かの働きであることがわかります。つまり、「ア」も「ワ」も仮に呼んだだけだと言うことです。

(仮に弧理論が正しいならば、)「何と呼べばよいかわからないにも関わらず、2つ在ることは認めざるを得ないし、物の理でわかるものではない何か」ということです。これが超越的存在の意味です。

これは冒頭に示した妄信ではありません。宗教といっても、人は別の次元軸からの投影による映像だから、その映像の仕組みを第1の心でわかろうとする努力を別の次元軸に求め続けられるということです。つまり、思考停止はしないし、妄信ではないということです。その上で、自然科学の問題点(還元主義と唯物主義の欠陥)を避けられるということです。言い換えると、心の仕組みと働きの健全性を保ちながら科学を追えるということです。これならば、2つの心が乖離することで心を病むことはありません。混乱と思考停止することも回避できます。

因みに還元主義の問題点を最初に指摘したのは、2017年2月15日 『「分ける」ことにより「分かる」のは、「物と事の関係性」であり、行き着くところは「統合失調(分裂)」だろう』の記事です。

実のこところ自然科学は思想であり、「皆が信じたいから信じている」に過ぎない営みです。

 

追記1/15 うまく言えないですけれど、人の心の仕組みと働き、並びに心の出所について、論理的に突き詰めていったら、「互いに規定し合うことにより成り立つ決してわからない何かから来ていることがわかった。」ということです。ですから、「兎に角、信じなさい。」という妄信と決定的に異なるわけです。その何かは、言葉で表現できない何かです。それは2つあり、仮に「ア」と「ワ」と名付けていますが、あくまでも仮です。「神や仏を信じなさい。」という妄信でありません。

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA