球ギャップを製作

新しい単極誘導モーターの実験準備はできているのですが、おおよその電圧を知るために

photo1033

球ギャップを作りました。 材料は、直径30ミリの真鍮球、Φ6ミリの真鍮棒、5ミリ厚のアクリル板、Φ15ミリのアクリル棒です。 ろくな工作機械もありませんので、芯が通っていません。 回転させる装置ではありませんので、これでOKです。

製作には、標準気中ギャップによる電圧測定方法と「静電気の話」(A・D・ムーア著河出書房新社1972年6月)を参考にしました。

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 未分類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA