数学者岡潔」タグアーカイブ

ヲシテ文献にある ヰクラムワタ のヰクラについて

3月19日の記事「山崎弁栄 上人 自然は心があるために映写されている映像に過ぎない」において、次のように記しました。 『2.の静的に「わかる」:(時の現在)が、ムワタではないかと感じます。その上で、3.の動的に「わかる」 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | コメントする

山崎弁栄 上人 自然は心があるために映写されている映像に過ぎない

本記事の内容は、人の心について述べています。心のあり方であったり、心の仕組みであったりします。けれども、結論は自然科学の問題点の指摘と現代文明への批判となっています。 以下は、これまでに扱った題材ばかりですが、これらの示 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | コメントする

数学者岡潔 の読み方

本記事は、 数学者岡潔 の存在を知ってから気になってきたことです。何とかお伝えしたかったことで、記事にしたものの難し過ぎることから諦めてきたことを、あらためて記します。また、個人的なことも含みますことをご了承ください。 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | コメントする

数学 は「ヲエモノ」への入り口

「ヲエモノ」とは、ヲシテ文献にある魔物のことです。先に、2019年2月21日の記事「神道 に教理教典がない訳」をお読みください。本記事は、その続きです。 表題を正確に云えば、「10進法の 数学 は、ヲエモノ(魔物)に入り … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | 2件のコメント

遠隔作用と 近接作用 接するとは?

物や事において、遠隔であるか近接であるかは、人の五感でわかる通りとしてよいと考えます。 2013年から2015年頃にマイケル・ファラデーが発見した単極誘導モーターについて実験を行いました。実験を通じて、そのころから「接す … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | 2件のコメント

物質的自然 は一筆書き

数学者岡潔は、自然科学者が考える自然(時間・空間)を物質的自然と名付けました。その内、特に時間に問題があるとして、時間とはどのようであるかを云いました。おおよそをまとめると以下です。 時間は、過ぎ行く運動の記憶による観念 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , | コメントする

シラス・ウシハク と数学者岡潔

前回と前々回の記事に続いた「精神科学」の解説です。 シラス・ウシハク の一般的な解釈をねずさんのブログ「ねずさんのひとりごと」より引用します。ねずさんは「シラスとウシハク」で次のように説明しています。 そしてこのときの言 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | コメントする

「考える」ということの仕組みを 考える

いろんな本や難しい数学の問題について考えた結果、何かを知ったり理解が進んだりします。人はこのような活動をします。 ところがほとんど誰も「自分自身がどのような仕組みで、その理解なり感想なりに至ったか」について考えることはあ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: , , | コメントする

岡潔 的思考 「右の内耳」について

数学者 岡潔 について、最初の記事を書いたのは2013年10月15日『「時は金なりTime is money.」の本当の意味』というものでした。「岡潔」で検索してみますと項目数184件という結果でした。現時点での記事の総 … 続きを読む

カテゴリー: 解説, 雑感 | タグ: , | 4件のコメント

自然科学 は捨てられる 最初は素粒子物理学から

いずれ 自然科学 は皆から見捨てられるでしょう。 ことに素粒子物理学は最初に求心力を失うでしょう。 その理由は3つあります。これらの理由は既に解説してきたことです。できるだけ簡潔に書きます。 時間は物理量ではない。 物質 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする