原子模型」タグアーカイブ

自然 とはどのようなものか 3つの側面

これまで数学者岡潔の言葉を基に自然科学の問題点について考察してきました。岡潔は自然科学について、次のように述べています。「【1】 このままでは人類は滅びる」を参照ください。 自然科学というものは、自然とはどういうものかと … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

素粒子 群は、浅い投影角の運動P_を量子化したもの

素粒子物理学において、 素粒子 群は、物質粒子であるクオークによりできているとされます。しかし、弧理論(Ark Theory)の立場から見ると異なったものです。 2018年7月13日の記事「素粒子物理は間違っている」の続 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , | コメントする

電磁気学 の発達は不自然 化学の発達との比較(トム・ベアデンの手紙を受けて)

トム・ベアデンの手紙(Tom Bearden’s Response to ARPA-E) に 電磁気学 の発達は、金融資本家であるJ・P・モルガンの命令により歪められたと指摘されています。そこで 電磁気学 の歴史と化学の … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , | 5件のコメント

数学者岡潔「数は量のかげ」 むしろ「量があっての数」とも云える このとき「無限大」をどう考える? 開放系の視点から

数学者岡潔の言葉について、次の2点について考えた上で、その場合における「無限大とは何か」を考えます。 数は量のかげ 不安定な粒子にについて、「自然は存在ではない。少なくとも一部は映像と云ってよい」 (1) 数学者岡潔の言 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | 8件のコメント

フトマニ図の中央「アウワ」の「ウ」は、ウズ(渦)の「ウ」ではないか?

弧理論(Ark Theory)の骨格は次の図で表します。 図1 元々は、G・アダムスキーが遺したネガに示された紡錘図形でした。図2 弧理論による原子模型 図2に書き加えた補助線は、図1に気付く遙か以前に清書したものです。 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , | コメントする

素粒子の周期律表

本題に入る前に、いつものようにおさらいです。 研究の出発点は、ある科学者の言葉からでした。 アインシュタインの特殊相対性理論による「E=mc2」について、ある科学者は次のように述べています。 物質はエネルギーに転換するし … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする

縄文哲学と宇宙哲学は統合と云うより”同一”ということ

本年2月2日の記事にて、縄文哲学と宇宙哲学の融合について記しました。その時点では、縄文哲学とG・アダムスキーによる宇宙哲学がとても似ていることから「融合」すべきと云う考えを述べました。 漢字が日本に伝わる以前に固有の文字 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | 7件のコメント

電子の実体が”静止”しようとするが故に電子は運動し続ける

これまで当ブログとサイトにおいて、弧(Ark)の基本的性質を書き表そうと幾度も試みてきましたけれど、満足のいく出来映えになりませんでした。 再度挑戦します。 (1)物質を構成する最小単位として原子があります。その内部に原 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | 4件のコメント

エネルギー軸制御の可能性について

前々回の「宇宙はすべてが「相対的」であるが故に「左右」の対称性に拘るのだろう」という記事において、宇宙の対称性には深い意味があると述べました。 その理由として、左右の対称性に拘るのは回転運動が宇宙の中で重要に違いないから … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , | コメントする

負のエネルギーとは何か

紡錘図形については、数年の間考えてきました。最初の頃からを含めるとン十年になります。 図1 未だにはっきりしませんけれど、分かったことは次の通りです。 平面の縦軸はエネルギー軸(E軸)である。 平面の横軸は、我々が存在す … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , | コメントする