金融資本家」タグアーカイブ

インクレディブル・ファミリー  悪がなくなると正義は不要になる

最近、洋画アニメ「 インクレディブル・ファミリー 」を見て感じたことをメモします。 内容は、スーパーヒーローであるMr. インクレディブル(5人家族)が悪と戦うというのものです。 前作において、悪との戦いで街を破壊したた … 続きを読む

カテゴリー: 雑感 | タグ: , , , | コメントする

ゲージ 場の理論 「場」や「エーテル」は投影による映像だろう

管理人は、ゲージ 場の理論 について、理解できていません。ただゲージ場の理論 は電磁気学から考え出された理論であって、力の伝わり方を近接作用として表したもののようです。 物理学者たちは力の伝わり方を近接作用として理解しよ … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , | コメントする

電磁気学 の発達は不自然 化学の発達との比較(トム・ベアデンの手紙を受けて)

トム・ベアデンの手紙(Tom Bearden’s Response to ARPA-E) に 電磁気学 の発達は、金融資本家であるJ・P・モルガンの命令により歪められたと指摘されています。そこで 電磁気学 の歴史と化学の … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , | 5件のコメント

時間[T]を使わずに「量」を表せるならば、「お金」の制度は意味を失うだろう

前回の記事において、人々の収入は概ね 労働 ∝ 時間 ∝ お金 の関係にあると書きました。 パートの時給であったり、月給、年収であったり、講演の報償などです。経営者やスポーツ選手の年俸もこれに当てはまります。 労働とは( … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , | コメントする

岡潔「数は量のかげ」ならば、「お金」は既に「量」を捨て去っていた

前回に続いて、岡潔の言葉を起点にお金と時間に関して考察します。 写真1 こちらより 1971年8月ニクソン・ショックにより「お金」は「量」の裏打ちを無くしました。 恐らく「量」が無くて成立するのは数学とお金だけになります … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: , , , , , , | 4件のコメント

図の差し替えと説明 「心の成り立ち」と「想念の経路」について

先日の記事、「心の成り立ち」と「想念の経路」において 図1 を用いて説明しました。 大分分かり易くなってきていますけれど、まだ不十分だと感じました。 そこで、 図2 印刷用pdf の様に、変更します。「想念経路」の部分を … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: , , , | 26件のコメント

「気(キ)」とは何か

岡本天明の日月神示をつらつら眺めるに「気(キ)」という語が多いのに気付きます。ここ一年余りホツマツタエ(ホツマツタヱ)等のヲシテ文献より縄文哲学を学んできました。 縄文哲学の「タマ+シヰ」と日月神示の「気」、岡潔の「情 … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 解説 | タグ: , , , , , , , , , , , | コメントする

二重反転型単極誘導モーターにみる「運動の相対性」について

運動の相対性については、誰しも「完全」に理解していると思い込んでいます。ところが現実の行動は異なるのではないかと感じます。 地動説は誰でも理解しているのに、太陽が東から昇ることに慣れきっていて、実験を計画するとき、知らず … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , | 3件のコメント

お金も時間も存在しない。紙幣(硬貨)や時計(カレンダー)は偶像である。抽象化により本質が分かると思い込まされている。目的はお金の制度を維持すること。

これまでの考察により、お金も時間も存在しないことを理解しました。   写真1 と 写真2 のどちらに価値がありますか。  【仮にオレンジ1個70円として、3個で210円。赤ワイン1杯600円として2杯で1200 … 続きを読む

カテゴリー: 解説 | タグ: , , , , , , , , , , , , | 2件のコメント

悪魔崇拝の本質

これまでの考察を以下にまとめます。 G・アダムスキーの伝えた宇宙哲学によれば、人の心の本体は宇宙の意識(因)より出てマインドになるようです。 マインドには2種類あって、センスマインド と ソウルマインドです。 センスマイ … 続きを読む

カテゴリー: 未分類, 雑感 | タグ: , | コメントする