人類 は2種類にわけられる

数学者の岡潔は【3】西洋の唯物主義において、次のように言いました。

  • 五感でわからないものはないとしか思えない。これが唯物主義です。

自己の存在を否定する人はいません。その自己の存在が岡潔の言った第2の心にあることを知らねば、唯物主義者になります。

彼らは論理的に神など存在しないと信じ切っています。しかし、彼らは論理に限界があることをわかっていません

  • 言葉は互いに規定しあって成り立つ繰り返し(循環)であり、ネットワークであるし、形式である。

これは、岡潔が言った「この心(第1の心)は物質的自然界の全部を覆うている。しかし、それより外へは決して出てない。」に対応します。

岡潔の言葉は、第1の心の限界である「外のない内」を意味します。

インターネットが普及してだいぶ経ちます。ネット内の情報はすべてを覆っていますが、同時にネットにのらない情報などいくらでもあります。つまり、インターネットは外のない内です。これほど理解の容易な話はないです。

図1

人の脳も人工知能(AI)も同じで、外のない内です。

図2

おまけに、言葉は繰り返し循環です。ですから論理的思考に終わりがない。これが論理的思考の限界です。唯物主義者にも自己が在ることは確かです。では、自己とは何なのかです。在ることは確かですが、何なのかがわかりません。因みにヲシテ文献においてヒトは次です。

  • ヒト=タマ(第2の心:心の本体)+シヰ(第1の心:生命維持の欲求)+肉体(処理系:記憶を司る)
  • ヒトとは、フミヨイムナナヤココヒトであり、経験して成長する存在。
  • ヒトが肉体に備わった器官でわかるのは、である。

在ることはわかるが、それが何なのかわからないから、形式である言語が多数ある原因であり、在ることはわかるが、それが何なのかわからないから、多数の宗教があります。

言語の数が多いのと同じ理由で宗教も多くあるのです。言い換えると人は言葉で物や事をわかっているのではないということです。

つまり、唯物主義者が”神を信じない。”と言いながら、実際に多数の言語と多数の宗教があることの理由をわかっていませんし、説明もできません。2022年9月22日 なぜ、「人は自分の望むものを信じたがる」のか?で示したように人は自ら信じたいものを信じる理由がわかります。

都合、 人類 は少なくとも2種類にわけられます。

  1. 自らの存在を認めるが、それが何なのかわからないまま、自らをかえりみることなく、五感でわからないものはないとしか思えない人たち。
  2. 自らの存在を認めるが、それが何なのかわからないので、何かを信じる、あるいは信じようとする人たち。

必ずしも2.の人たちが宗教に入るとは限りません。自然、言葉、宗教、などの仕組みと働きについて考える人も含まれます。自然はどういったものなのかを考える人たちを含みます。

それも、これも人は物や事を言葉でわかっているのではないからです。だから、徹底的に唯物であったり、何かに縋ったりするのです。

悪いことに徹底的に論理的である結果は、有効な結論に至ることはありません。それらの論理は循環になり終わりがないからです。行き着く先は抽象であり、2つの心の乖離です。

ですから、徹底的に論理を追及すると心を病みます。簡単に言えば、唯物主義者は病気になります。この世界が共産主義、ネオコン、ディープ・ステートに侵され、行き着く先は崩壊です。その主役はおそらく、金融資本家です。お金や権力に執着することを何世代も続けると、生まれながらに執着する人が次第に多くなります。とても危険です。

ただ、金融資本家やグローバリストを排除すれば解決するわけでもありません。

人類が論理的に緻密であることと人類の進歩とは、必ずしもイコールではありません。

 

Follow me!

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: , , , , パーマリンク

人類 は2種類にわけられる への1件のフィードバック

  1. 中川 のコメント:

    三種類目(二種類の人間より理解力がある)の人間の定義を二種類の人間と同様に一文にすると
    どんな一文にまとめられますか?
    僕はいいのが思いつきませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA