超ひも 理論 超ひもは「如来」に同じ

岡潔の言葉をきっかけに自然科学の問題点について考察してきました。角度から作った時間は量ではありません。その時間をパラメーターとした物理学は間違いです。どうも弧理論の前提を考えると「運動と量ではない時間が比例するのは運動も角度も別の次元軸(E軸)からの投影角の現れ(比例関係にある)から」のようです。まだ、詳しくはわかりません。

図1

岡潔は、(自然科学者が対象とする自然)を物質的自然と名付けました。物質的自然は全体として、量ではない時間をパラメーターとする循環でした。

物質的自然にかかる問題は、究極のところ「物とは何か」という疑問です。その前提にあるのが「時間・空間」でした。物理学者が考える”時間”は実のところ量ではありませんし、”空間”は自明ではありませんでした。弧理論によるところの”境界空間”です。境界空間でサイト内を検索ください。

そのような物理学者たちの行き着いた理論の一つに 超ひも 理論があります。この 超ひも は仏教にある「如来」に同じです。

写真1 如来は合わせ鏡に似る

ついでながら、唯識論は誤りです。人は言葉でわかっているのではありません。

2021年7月7日 唯識論 は”繰り返し”になっている。だから間違い。

 

弧理論も究極的には繰り返しなので限界がある事は明白なのですが、当面は別の次元軸(E軸)に”因”を求めることにより、繰り返しを回避するという点で異なります。

で、「如来」という言葉を何処の誰が言いだしたのか調べてみましたけれど、わかりませんでした。しかし、先人が” 如来 ”に気付いたのは言葉の仕組みから?のようでした。2021年10月8日の記事。

例えば、写真は何かと問われます。

写真2

辞書で詳しくすると次図を得ます。

図3 匙はスプーン、スプーンは匙

どこまで詳しく説明しても際限がありません。言葉は互いに規定しあって成り立つ循環でネットワークであって、人は言葉でわかっているのではありません。写真2の図3による説明は話し言葉です。数学は書き言葉にあたるのでしょうか。

で、写真1が何であるかを説明するには、図3の左下にある液体のもとである「」が何であるかを説明しなければ写真1を説明したことにはなりません。これが自然科学者(物理学者)の持つ課題です。その行き着いた先の一つが超ひも理論なわけです。

書き言葉?である数式で表された超ひもをイメージに描いたのが次図です。

図4

超ひも理論は、量ではない時間をパラメーターとする循環理論です。閉じているか開いているかは別にして、これまで考察してきた「匙とスプーン」「如来」と 超ひも 繰り返し循環という意味では同じです。

数学であろうが如何なる学問であろうが言葉を使うという時点で「互いに規定しあって成り立つ循環でネットワーク」であって、これを超えることは決してありません


 

物理学者たちが見ている10-33cmというのは、量ではない時間という数長さという数に置き換えているだけのような気がします。(今のところ断言できませんが。)

図5 大きさのスケール

上記記事の「理論物理学の数式は、(意図的に)複雑で難解で、右辺と左辺で次元が異なっているから間違いだ。」に相当します。

実に面白い話です。これが本当ならえらいことです。物理学、自然科学の根幹が崩壊します。 これまで指摘してきたように、自然科学に物と事の区別がないのは致命的です。

如来というのは実は簡単です。

 

ある科学者の言葉です。

物質科学の進歩を止めることなどできやしない。それは進んだりもどったりはするにしても。もどるとすると、それを支えている要素は退化のプログラムによってまず弱くなってきてそして崩壊することになる。  基礎的には地球の物質科学に悪いところはないんだ。もし、人々がそれを支えることができるような基礎を用意しないとそれは夢想だにしなかったほど水平に広がって進歩してしまう。「もし、基礎がなかったら?」 -略- 「君たちの文明は終わるさ」

 

大事なことを忘れる所でした。角度から作った時間は量ではありません。しかし、もっと大事なこと。 第1の心(意識を通し言葉で言える。私心:ヲシテ文献で言うシヰ)は時の現在を含みません

図6

時間という数は、物の量ではなく、事の質にかかる数です。過去です。時間、即ち”t”について、t→0とすると論理破綻します。ビッグバン理論がそれです。

  • 2021年6月25日 ビッグバン宇宙論 は宇宙の起源とは何の関係もない

超ひも理論もt→0とする計算を行うと破綻します。理論の全体が抽象に過ぎないからです。

抽象とは事(運動複雑さの極致です。

  • 数は(物の)量のかげ  岡潔
  • 数は事の質のかげ  管理人
  • 物と事は一つの実体の異なる面に過ぎない。 弧理論の基本

文明全体が抽象化へ向かっています。

図7

一般人は、仮想通貨がやばいとわかっています。

 

Follow me!

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA