弧理論 研究の目的と感想

2010年に研究を始めて13年目です。弧電磁気論としてスタートした研究は2013年9月に弧理論(Ark Theory)と名称を改めて現在に至ります。 弧理論について研究する目的、並びに近頃感じていることの感想をメモします。

1)弧理論研究の目的

大きく分けて2つになります。第1の目的は、戦争の動機をなくすです。管理人が考え得る人類最大の課題です。ある科学者は言います。

数百世代の間、地球人は”平和・平和”と叫んできましたが平和はありませんでした。彼らの最も知的で教育を受けた男女の多くは、平和のための研究に自分たちの一生をささげてきました。そのことは、全く馬鹿らしいと思われるとしても、数百万の人々が、周期的に起こる戦争において、”すべての戦争を終わらせるために”戦って死んでいきました。彼らはどんな直接的な試みによっても平和は決して達成されはしないという単純な事実をまだ理解できていないようです。たとえ、どこを探せばいいかをだれかが知っているとしても、掘ってゆけば得られるような金でもなく、まだすぐ手に入る宝物でもありえません。『平和は単に、人と人、人種と人種、国と国、それに全ての人々の間の完全な理解と、カミとして地球人に知られている、あまねく広がる力と英知の副産物として自動的に得られるものです。』そのような理解が存在しているときには、平和を探すとか平和のために働く必要はありません。平和は自動的に存在します。しかし、これが理解されるまでは、どんな努力も成功はなしえません。
完全な理解は依然として地球人の達しているレベルを超えている一方、理解いのいくつかの位相は、私たちの達してるレベルをも依然として超えていますので、人が平和を見つけることができるということは、それが理解できるレベルに達しているときだけのことなのです。

考えるに、現在のところある科学者の言うように、通信技術の発達により人類は”理解ができるレベル”に達していると感じます。問題は、人類が何をどのように理解するかです。別のところで、ある科学者は「(平和について)単に問題を提起するだけで解決策を与えていないからだ」と述べています。 具体的な解決策が弧理論だと考えています。

弧理論は、G・アダムスキー、ダニエル・フライの遺した資料、数学者岡潔による2つの心とその他の言葉、ヲシテ文献に示される2つの心の仕組みと働き(カミの仕組み)、Buddha、仏、覚、如来(循環)、そして、ヲシテ文献の流れをくむ日月神示(ひふみ神示)、並びにファラデーが発見した単極誘導の現象を基礎資料としています。

これらの資料から「自然がE軸からの投影による映像(M軸)」だとの結論をています。これが弧理論の出発点です。

 

SPACE PEOPLEというサイトに興味深い文章があります。「与えられた宇宙文字の本当の目的」という文章です。 元ネタは、G・アダムスキー:久保田八郎訳になる「空飛ぶ円盤の真相」(高文社)です。 p75とp77から一部引用します。

写真1

さて、この象形文字が私に与えられたおもな理由の一つは、地球人が欲しがっていることを宇宙人が知っていたという〝具体的な証拠〟を与えるためであった。

宇宙の兄弟たちは次の事実を認めている。すなわち地球の古代文明の歴史やその文明の哲学のなかには、彼らの遊星上で知られていて、そこに住む人々によって保たれている歴史や哲学と一致するものがあって、それが例の象形文字のなかに述べられているというのだ。
それで、ずっと以前に私に与えられたあの象形文字の完全な説明をすることは現在でも私にはできないけれども、その文字はおそらく目的を果たしたであろう。宇宙人たちは満足の意を表わしている。

強調と下線は管理人による。「私」とはG・アダムスキーのことです。

象形文字とは、G・アダムスキーが遺したネガフィルムに映っていた宇宙文字と呼ばれるものです。

写真2

「地球の古代文明の歴史やその文明の哲学」と「彼らの遊星上で知られていて、そこに住む人々によって保たれている歴史や哲学」と一致するものがあるとのことです。写真2ヲシテ文献で示される”カミ同じ意味を持っているとの当サイトにおける主張は、これです。 未だ、同一だということを証明しきれていませんが、管理人としては同一だと判断しています。

そして、「地球人が欲しがっていることを宇宙人が知っていたという〝具体的な証拠〟」を見つけることです。欲しがっていることとは”フリーエネルギーと重力制御”にかかる理論と実験です。つまり、理論と実験により地球に古くからある哲学と彼らが保ってきた哲学が同一であることの証明になります。(目的の1つ目です。)

同時に”平和への解決策”がここにあります。戦争の動機をなくす策です。時間が量ではないにもかかわらず、運動を記述すパラメーターとして使えることは大きな疑問でした。「量ではない時間と運動が何故比例するのか?」ということです。

  • E軸からの投影角∝物と事(運動P)∝空間内での角度∝時間

ならば、理解できます。つまり、ある科学者の言うようにE軸-M軸すべての記述に12進数を使えば、時間ではなく投影角にて「物と事(運動)」を統一的に記述できるはずと考えます。

ある科学者は言います。

我々の算数はいくつかの重要な関係で君たちのものと違っているからなんだ。我々の先祖は君たちと同様に最初に計算法を学んだときに十本の指を使ったんだ。

我々が君たちがやっているのと同じ十進法を基礎とした計算システムを開発したのはおきまりの結果だった。長い習慣から、その後数世代の間このシステムが使用され続けたが、十二進法を基礎としたシステムがもっとかんたんで有用で、本質的により可分性があるとわかったんだ。知ってのとおり十二は、二、三、四、六で割り切れるが十は二と五でしか割れないんだ。

結局、我々の人類はどうあっても昔の習慣を破ろうと決定し、十二進法による数体系を法律としてきめた。数世代の間は数学的混乱の時代だった。これは、新しいものを受け入れることによって得られる利益をわかっていながらも、古い計算の仕方を放棄するのを拒否したり能力不足だったりすることに起因したものであった。結局、十進法による数学の教科書を廃止し、その後の出版を禁止することが必要になった。

”12進法を基礎としたシステムがもっとかんたんで有用”であることが証明できれば、戦争の動機をなくせます。(12進数が有用である証明が2つ目の目的です。) 同時に、お金は10進数ですから、地球上の考え得るすべてのシステムを一掃せねばなりません。人類にとって大変な試練であるに違いありません。

いずれにしても、問題を切り分け、段階を踏んで進むしかありません。

 

2)感想。 本記事を書こうと思ったきっかけです。2009年末頃、すべてが一点に集中してきていると感じました。研究を始めたのは2010年からでした。2022年現在は、もっともっと集中してきています。どうも、代替えはないようです。仮に管理人が死んでも代わりになってくれる人はありません。逆に管理人の研究を誰かが盗み取ることもできないと感じます。

ほぼ決定だと感じるきっかけになったのは次によります。

図1

いわゆるレイラインというものです。

図2

図3

これまで奇跡ともいえる幾つかの出来事の結果が現在です。これまでに書いてない事とも考えあわせると、どなたかがやってくれそうというのは期待できないです。

 

Follow me!

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 雑感 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA