素粒子物理学 は名曲か? 具体と抽象について

これまで、地球の文明は、抽象化が進んでいると何度か書いてきました。抽象化は2つの心の乖離を生むから、不健康だとの考えです。 ただ、うまく説明できませんでした。何とかわかりやすい例を示せそうなのでメモします。

前提として、「自然はE軸からの投影による映像(M軸)」というのがあります。ヒトが肉体に備わった器官でわかるのはです。

  • 弧理論では、物と事は一つの実体の異なる面に過ぎない。

図で示すと次です。

図1 物と事(運動)は一つの実体の異なる面に過ぎない 事は実体の投影角による

  • 物は基本粒子(陽子・中性子・電子)からなる
  • 事(運動)は次による
  • 圧力
  • 角度
  • 時間(角度から作る:過行く運動の記憶に基づいて、人が抱く観念)
  • 波動(含む”ソリトン:孤立波”~素粒子群)
  • 速度
  • 加速度
  • 統計
  • 確率(投影の結果であって、原因ではない)
  • 情報(記憶)

物は、ヒトの肉体に備わった器官でわかる具体です。

例えば、お砂糖とかバナナなどの食物などです。 物と物との関係も具体です。例えば、コーヒーにお砂糖を入れます。 物と事との関係は少し抽象になります。お金は物(商品)との関係になります。先物取引は既に抽象です。お砂糖や大豆の先物取引には未到来の時間(期日)の値を予想します。日常生活で利用するポイントカードなども抽象です。不換紙幣であるお金自体が抽象なのですが、現金を持ち歩かなくてよくなっていることは、さらなる抽象化を意味します。

以上を区分します。

  • 物と物
  • 物と事
  • 事と事

物は比較的に単純ですが、幾らでも複雑化できます。数学なども抽象ですから、際限がありません。(必ず、どこかで繰り返しが現れます。)ですから、数学や物理の問題で心を病むことがあります。

 

因みに、上記の2つの心の乖離とは次図で示す、具体と抽象に対応します。

図1 社会のほとんどが抽象へ向かっている

心の本体であるタマと生命維持の欲求であるシヰは、シヰの行き過ぎた発露によって抽象へ引っ張られていると考えています。

まず次の記事をお読みください。

2つめの記事はちょっとわかりにくいです。

象徴的に 素粒子物理学 を取り上げます。

256ビートのリズムは、音楽理論に合致しますし、皆様も聞くことができます。

ですが、(管理人の知る限り)世に名曲と言われる音楽に256ビートの曲はありません。上の記事に出てくるNHKの番組どれみふぁワンダーランド」で、聞いた256ビートの音は、単なる雑音でした。理論通りに、256ビートのリズムに乗せて楽曲を創ることが出来るはずですけれども、誰もやりません。

 

素粒子は粒子と名付けられていますが、物ではなくて””です。波の一種です。時間の観念を入れると波動です。素粒子は波動の一種であるソリトン(孤立波)です。

素粒子物理学 は、物理学の分野で重要だと位置付けられています。これまでの物理学理論に則っていますし、実験で確かめられています。しかし、抽象に過ぎません。音楽で言えば、 素粒子物理学 は名曲ではないのです。 何故なら、自然は映像だからです。

素粒子物理学は、上記で示した(事と事)つまり、素粒子理論とソリトンの組み合わせです。事と事の上位にあって、抽象に過ぎません。 繰り返します。とても名曲とは言えません。敢えて言えば、雑音です。

 

私たち人類は、日常に生活しています。過度の抽象化は、人の心や社会が病みます。戦争の原因は何かを考えてください。過度の抽象化、複雑化で思考停止するのは厳禁です。同時に、SNSに見られるように軽薄短小に持っていくことを旨とした動きが強くなっています。

恐らく、自然科学の問題点として挙げられることは、「自然科学には、物と事の区別がない」ことです。関連する記事を挙げておきます。

参考図。

図2 大きさのスケール(単位m) ”事”の複雑さは両端に広がり、際限はない(繰り返しが現れる)

 

余談です。(たぶん)何処かの誰かは、次のような世界を目指しているようです。

  • 「なんでだろう?」と考えない人ほど重宝。世界のSNS化。
  • 理論と実験が合致すれば進歩していると考える科学者。これは幻想。今回の主題。
  • 唯々諾々と受け入れる怠け者と無能な働き者の世界を目指す。(我々はsheeple”シープル”にならない。)
  • それと人口の抑制(というか削減:蜘蛛の糸にあるカンダタの世界)

 

Follow me!

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA