本当のこと とは何か?

ある科学者は、物質とエネルギー[LM2T-2]の関係について次のように述べています。

君たちの科学の急速な進歩に対する根本的な障害の一つは、科学者たちが物質とエネルギーのかんたんな同一性をまだ十分に把握していないことだ。地球の最大の思索家の一人であるアルバート・アインシュタイン教授はずっと以前に物質とエネルギーの同一性を量的に表した数式を発表した。この式は数学的には全く正しいのだけれども、誤った結論に達している。つまり、物質はエネルギーに転換するし、その逆にもなるというが、本当は物質もエネルギーも一つの実体の異なる側面に過ぎない

時間は物理量ではなく、事の質です。エネルギーは時間を含むので時間を含まない運動と言い換えます。下線部分を言い換えると次になります。

  1. 物質も運動も一つの実体の異なる面に過ぎない。
  2. 物と事は一つの実体の異なる面に過ぎない。

2.の解釈は今年わかったことです。人の肉体に備わった感覚でわかるのは、です。まとめると運動は、事であり、事の質とは情報です。で、 本当のこと とは本当の情報ということになります。

では、情報とは何でしょうか。情報を蓄えるには必ずわずかばかりのエネルギー([LM2T-2]、あるいは運動)が必要です。そして情報には質による特性があります。情報の特性は次です。

  1. 情報には発信源がある。これを1次とする。
  2. 情報は拡散する。2次、3次と伝搬する。
  3. 情報は拡散するとともに価値は下がる。
  4. テレビ、新聞等に掲載される情報は3次、4次情報。
  5. 例えば、1次情報に接する内部関係者がこれを利用して金儲けをするとインサイダー取引として罪に問われることがある。

情報は時とともに拡散し、陳腐化し価値は下がります。で、 本当のこと とは、拡散しても価値が下がらない情報と云うことです。そのような事があるのでしょうか。どのような理論、仮に宇宙根源理論、あるいは量子重力理論、その他究極理論があったとします。そのような理論にかかる情報が拡散しても世の中何もかわりません。つまり、その理論は究極理論と云いながら、 本当のこと が含まれていないのです。

本当のこととは、拡散、伝搬しても価値が下がらない情報のことです。時事問題、経済、金融、政治等など、どんな重大事も時の経過とともに必ず風化していきます。拡散しても価値が変わらない情報とは、(たぶん)フリーエネルギー、あるいは重力制御に関する情報とか、人の心の仕組みと働きなどに関する情報だと感じます。逆に言えば、古今東西、太古より伝わり変わらない情報に 本当のこと が含まれているように思います。ただ、誰もその価値に気(キ)づかない状況です。皆、本当のことに興味がないのです。

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説, 雑感 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA