なぜ 唯物主義者 は共産主義になるのか

この何年か自然科学の問題点を検討してきました。自然科学は2つの手段で組み立てられています。

  • 還元主義:わけることによりわかるわかるの語源はわける
  •  唯物主義 :五感でわからないものは無いとしか思えない

顕微鏡や天体望遠鏡などあらゆる方法を使ってわかる範囲を次表で示します。

表1

岡潔は心が2つあるとして、これを第1の心と第2の心としました。

  1. 第1の心:意識を通し言葉で言える。理解、物の理。
  2. 第2の心:意識を通さず言葉で言えないが、しかし、何となくその趣が直にわかる。

自然科学は第1の心によります。その手法が還元主義と 唯物主義 です。還元主義によって、表1についてわかるのは、極大は宇宙の大規模構造でした。極小の領域は量子の”場”でした。参考→2020年9月15日「宇宙 は外のない内であり、総量は保存しない。」、2020年9月28日『空間 とは境界であり、そのまま「場」である。

しかし、第1の心、即ち”言葉”でわかるのは、循環であり、ネットワークであり、”外のない内”でした。例えば、スプーンです。

写真1

還元主義によれば、スプーンを完全に説明しなければわかったことになりません。3回ほど辞書で調べると次図になります。

図1 

還元主義:わけることによりわかるとするならば、更にわけて説明しなければならないはずです。これでは説明が不足です。しかし、説明すればするほど何が何だかわからなくなります

詰まるところ、人は写真1が何であるかを”意識を通し言葉でわかっているのでは無い”ということです。人は第1の心でわかっているのでは無いのです。これは洋の東西を問わず、人種にもよりません。

にもかかわらず世界の大多数の人は心が2つあることを知りません。だから還元主義と 唯物主義 にこれっぽっちも、微塵も疑いを持つことなどないのです。その結果、唯物主義者は表1の全てを覆っている(把握している)という揺るぎない自信があるようなのです。

ハッキリ言って、大馬鹿です。何度も書いてきたように第1の心は、物質的自然の全部を覆っているが外へは決して出ていません。図1のスプーンと匙のネットワーク図に地球上の全知識、全情報を書き加えることは可能です。それでも言葉で言える第1の心は「互いに規定し合うことにより成り立つ循環であり、ネットワークであり、外のない内」なのです。 自然科学者が研究の対象としている自然を物質的自然と言います。物質的自然は自然そのものではありません。「自然>>物質的自然」です。

で、第1の心しか知らない唯物主義者は、知識において表1の全てを覆っているという揺るぎない自信から「どんなに調べても神など存在しない。そんな世迷いごとなど許さない。」という絶対の自信を以て、宗教を信じる他者を攻撃するのではないか?と想像しています。これを称して共産主義というのではないでしょうか?これでは非宗教という宗教です。端から自己矛盾です。(管理人には到底信じられないので想像するしかありません。w 自然科学が統合失調だと感じてきたのは、たぶんこの辺りです。) 

参考→2017年2月15日『「分ける」ことにより「分かる」のは、「物と事の関係性」であり、行き着くところは「統合失調(分裂)」だろう』、2017年7月19日『群盲 象を評す 自然科学の「統合失調」は意図したものか?

事実、行き着くところ10次元や超ひもや泡などという抽象に迷い込んでいるのです。人は衣食住という具体から絶対に離れることが出来ない存在です。管理人の考察によれば、具体とは「別の次元軸からの投影による阻害性を持つ映像」だと考えます。

加速度的に膨張する宇宙も大規模構造も、重力レンズも、エーテルはないがポテンシャルはあるという境界空間であり、それが”場”だろうとの結論です。

実のところ、寛容で懐疑的な態度を絶対に失ってはいけないと思います。どんなに魅力的な話でも全部を鵜呑みにしてはいけません。それはそれ、これはこれです。 

参考→2018年4月26日『高野誠鮮 氏「寛容で懐疑的な態度は絶対失ってはいけない」と書いてあります。

一番厄介なのは自身の考えに微塵も疑いを持たない人です。そのような人が唯物主義者なのだと思います。ただ、自身の考えが正しく合理的だと思わねば、研究を続けられないのも事実です。

 

繰り返しになります。 図1に示した言葉のネットワーク図が仮に、地球上の全知識、各地の図書館やインターネット、あるいは専門のデータベース、会社や個人の端末などなど、すべての情報を入れ込んだものだとします。(それでも第1の心は外のない内であることに変わりありません。)これに新しい知見や発見などはどのように見つけるのでしょうか?ダイナマイトの発明は偶然の出来事が切っ掛けだとどこかで読んだ記憶があります。それ以外の発見は、どうすればよいのでしょうか。(それとも彼らには、知識の終端だとの考えがあるのでしょうか。それでは唯物主義者は、全能だという事になってしまいます。)

通常は数学を使います。しかし、岡潔の書籍を読んでみると数学上の発見は計算によって見つけてはいないようです。最初に答えを見つけて、それから計算で確かめるように書いています。参考→春宵十話

蛇足ながら、管理人の研究は第2の心に従っています。これは岡潔が述べた手法に近いですが、自分のやり方とは異なります。箇条書きにて。

  1. わからないものに関心を集め続ける。
  2. 右の内耳に関心を集めて、聞こゆるを聞き、見ゆるを聞く。
  3. 努力感を感じない精神統一に至る。
  4. 情的にわかる。
  5. 情的にわかるものを知的に言い表すことにより文化はできてくる。

参考「【4】 禅の非思量」、「【10】 右の内耳」、「【27】 西洋人の創造

3.の「努力感を感じない精神統一」は誤解を生じます。正しくは”弛緩と関心”です。リラックスしているけれど、寝ている訳ではないという状態です。右の内耳も人によります。 あらかじめ回答があるとわかっている問題ばかりやっているとこのようなことは全く出来なくなってしまいます。

この新しい知見や発見へ至る手法を整理したのが次図です。

図2 自然科学には新しい知見や発見を得る手法がない

記紀での表現「シラス・ウシハク」のシラスの元は”知る”のようです。岡潔は上記の1.~5.の手法を用いていました。ヲシテ文献では、トのヲシテとロのヲシテを指します。いずれも私たち現代人には難しいです。幸い日月神示に頻出する語として「気(キ)づく」があります。岡潔の云った1.~5.の手法は一言で言えば”気(キ)づく”です。それが弛緩と関心です。 数学は緊張と集中ですから、例えればアクセル全開です。これは間違いで私たちに必要なのはアイドリング状態です。エンジン切りではないです。

参考→2018年3月27日「宇宙の真理を探究するに最適の道具は 数学 だという。ならば何故、数学の難問に挑むと心を病むのだろうか?」 この記事の頃より現在は、はっきりわかっています。緊張と集中を要する数学により抽象化します。結果、2つの心が乖離することにより心を病みます。人は具体から離れすぎては駄目です。

図3 全ての物と事は具体から抽象の内にある。世界が病むのは2つの心が乖離するから。

このことは、善悪でもなければ、宗教・思想・信条・主義・主張の違いや保守・リベラルの違いでもありません。たぶん数字に過ぎないお金が原因のようです。数は幾らでも抽象化できます。人類全てが抽象化へ向かい病んで自滅するようです。人類のすべての資本・資産・負債は10進数により管理されています。12進数が物理的に有用・有効だと示せればすべてを崩せます。自然が映像ならば、投影の仕組みから見て12進数が有用であるはずです。うまく行けば貴方の預貯金も無意味になります。(勿論、管理人のも。)サイト内を”12進数”で検索ください。10進数から12進数への移行が如何にハードルが高いかわかります。

 

余談です。これまでの考察を動画にまとめたいのですが、とても困難です。伝えたいことが多すぎます。一つ一つが馴染みのない考えで、いちいち全部を初めから説明しなければならず大変です。今春から9本解説動画をアップしましたが、視聴は伸びません。数ではないことはわかっていますが、気分はへこみます。それと、2017年頃からタマ:精神科学とカガミ:社会科学の核はわかってきて、ツルギ:物質科学の領域を考え出して2年ほど経ちますがなかなか進まないのもへこみます。

図4 3つの科学:ミクサタカラの内、2つはわかった。

そういえば、”言葉遊び”でサイト内を検索すると記事が19個出てきます。実は、全体が抽象化するというのは、言い換えると言葉遊びです。参考→2014年5月10日「核抑止力という言葉遊び  」 どういう訳か、誰もが正面切って反対できない「平和・人権・人種差別・男女共同参画・自然環境・子ども」などの名称が付く団体や組織には怪しいのが多いです。声だかに叫びながらその実、利権を維持拡大するのに懸命です。

平成30年度男女共同参画基本計予算画総括(212,270百万円)、平成30年度防衛関係費(4兆9388億円)。 その昔、あるところで男女共同参画事業に関係していましたけれど、現在こんなに巨額になっていると知って驚きです。日本を取り巻く環境から鑑み、バランスを欠いていると感じます。

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA