時代の最先端からは、次の文明は生まれない

アイザック・ニュートンはリンゴが樹から落ちるのを観て、「万有引力の法則」を発見しました。

 

図1 出典:りんごが落ちるのを見て万有引力の法則を発見したニュートン

しかし、当たり前の事ながら人類が誕生する以前から万有引力はありました。 惑星探査機はやぶさもニュートン力学を用いて軌道計算を行っています。今も変わりません。

「惑星探査機 はやぶさ」の画像検索結果写真1 出典:JAXA

面白いことに、ニュートンの偉業は、最先端ではないことに気付きます。より基礎的な、誰もが見過ごしていた物や事の中に、新しい文明の礎となるものがあると確信します。 岡潔が云ったように自然科学で当然(自明)のこととして扱われている時間について、もっと真剣に検討すべきだと思います。

 

Follow me!

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 未分類 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA