ある科学者は、 加速度に種類がある ことを述べていた

ある科学者の言葉で、以前から訝いぶかしく感じていたことがあります。今回、彼の説明の意図( 加速度に種類がある )がわかりましたのでメモします。

★加速を感じない理由についてです。

我々の宇宙船が地球人から観測されるときや、宇宙船の速度や加速度について話が出るときには、必ず不信感を起こす。地球の第一流の科学者が次のように言うのを聞いたことがある。『人間その他の高等生物がこの種の加速度に耐えられるはずはない。』これは地球人の知性を評価するときにいつも我々を失望させる問題だった。地球の一般的な知識を持つ普通の知的な素人でさえも、この言葉を直ちに否定できるはずだ。もちろん、この回答は簡単だ。船体を加速させるフォース(力)が船体自体のあらゆる原子ばかりか内部に乗っているパイロットまはた乗員などの人体のあるゆる原子にも等しく作用するのだ

下線は管理人による。傍点を強調に変えました。

ダニエル・フライの「なぜ私は落下する飛行機の内部の人間や物体のように船内の空間に浮かばないのだろう?」という問いに答えています。 ★なぜ無重力状態にならないかについてです。

その理由も全くかんたんだ。船体が動き出す前に君はイスに座った。すると君の肉体とイスのあいだに一つの引力が作用したのだ。船体と君の体の両方を加速するこの力は等しい割合で物体に作用するし、地球の引力もこの両方に作用し続けているので、君の体とイスのあいだの元の力はいつまでも残っている。ただし地球の引力が距離とともに減少するにつれてその力も減少する。

惑星と惑星の間を飛ぶときは自然の引力の源泉からはるかに離れてしまっている。それで実際的な理由によって、この引力を人工的に作り出す必要があるんだ。我々が慣れている引力は地球の引力の半分程度にすぎない。

この言葉の内にもわからないことはありますが、それでも遠回しに 加速度に種類がある ことを述べています。こういったことに気づくべきは地球人類の側であって、直接的に教えてもらえる筈もありません。

  1. 船体は地球の引力に反発する。
  2. 船内の乗員にも反発する力が行き渡る。(反発する力は、原子間のみならず到達距離が大きい事を意味する。故清家新一氏が言われたように、船体と乗員はまるで単原子のような振る舞いをする。)
  3. しかし、地球の引力は船内の乗員に同時に働いている。だから、宇宙船が地球から十分遠ざかれば、船内の引力も減少する。
  4. 惑星間航行する宇宙船は、別に人工的に引力を作る。

ある科学者が言ったことをまとめます。

  • 1.より、地球の重力と似てはいるが別種の力があること。→地球の重力による加速度と別種の加速度があること。
  • 1.の力と2.の力は、宇宙船内部に同時に働いていること。
  • だから、宇宙船が地球から十分遠ざかれば、船内の引力も減少すること。
  • 4.より、大型の宇宙船内部に地球と同じような引力を作り出せること。

ですから、ある科学者たちが使用する宇宙船は、このような馬鹿げた船ではありません。

gif1

仮に、ダニエル・フライの伝えたことが本当であるならば、加速度には重力遠心力以外にも1.によるものと4.によるものがあることになります。

最低でも合計4種類あることになります。重力の加速度と遠心力の加速度の間で区別がつかないことが原因で、気づくのが今になったと言うことになります。

 

ある科学者は、地球人の知性を評価して失望しています。岡潔は自然科学者に対してもっと辛辣です。【2】空間と物質より。

これはほとんど原始人に近い幼稚な仮定です。しかもそう仮定して疑わない。仮定していることも知らないんです。

【5】自然科学の無知より。

それで物質現象のほんの一部分しかわからんというのは、完全な無知とほとんど選ぶ所がない。

 


余談です。サイトのSEO対策として、外部リンクを貼ることが推奨されます。なぜなら、サイトの信頼性が上がるからです。しかしながら、区別はつかないが加速度に種類があるなどという主張は何処にもないと確信します。ですから、参考になるサイトはありませんから、外部リンクは貼れません。

何度も書きます。重力の加速度と遠心力の加速度は差し引きできます。だったら重力は加速度ですか?

 

Follow me!

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA