人類は、いつ 平和 を見つけることができるレベルに達するのか

ある科学者は地球の 平和 について次のように述べています。

数百世代の間、地球人は” 平和 ・平和”と叫んできましたが平和はありませんでした。彼らの最も知的で教育を受けた男女の多くは、平和のための研究に自分たちの一生をささげてきました。そのことは、全く馬鹿らしいと思われるとしても、数百万の人々が、周期的に起こる戦争において、”すべての戦争を終わらせるために”戦って死んでいきました。彼らはどんな直接的な試みによっても平和は決して達成されはしないという単純な事実をまだ理解できていないようです。たとえ、どこを探せばいいかをだれかが知っているとしても、掘ってゆけば得られるような金でもなく、まだすぐ手に入る宝物でもありえません。『平和は単に、人と人、人種と人種、国と国、それに全ての人々の間の完全な理解と、カミとして地球人に知られている、あまねく広がる力と英知の副産物として自動的に得られるものです。』そのような理解が存在しているときには、平和を探すとか平和のために働く必要はありません。平和は自動的に存在します。しかし、これが理解されるまでは、どんな努力も成功はなしえません。
完全な理解は依然として地球人の達しているレベルを超えている一方、理解いのいくつかの位相は、私たちの達してるレベルをも依然として超えていますので、人が 平和 を見つけることができるということは、それが理解できるレベルに達しているときだけのことなのです。

彼は、私たち人類が平和を見つけることができるのは、それが理解できるレベルに達するときだけと言います。「それ」とは何なのでしょうか? 「それ」が全ての人々の間に完全に浸透する必要があると言います。

彼の前後の説明から3つの科学であると考えます。3つの科学とは(精神科学・弧理論による社会科学)、そして、物質科学です。それぞれヲシテ文献のミクサタカラに例えています。つまり、ミクサタカラは(タマ:精神科学、カガミ:社会科学、ツルギ:物質科学)です。その内2つまでわかってきました。タマ:精神科学とカガミ:社会科学です。

タマ:精神科学とカガミ:社会科学は、我々のおかれた自然とは、どのようなものなのかを理解する基礎です。その理解の深さと浸透が世界の 平和 に直結するということになります。そう考えます。これまで「(多くの人が)戦争を終わらせるために”戦って死んでいった”」ことは紛れもない歴史的事実です。これは自己矛盾です。これまで何度も記事にしてきた「心が病む」、「考え方が不健康」ということと同じだと感じます。

ずいぶん前に「正義を唱える人たちを信じない」旨の記事を書いた記憶があります。何故ならどちらの側にも彼らなりの正義があるからです。かつて、敵国と認定した相手に大量破壊兵器があるとイチャモンを付け、”我に正義あり”を叫んで戦争を仕掛けた大統領がいました。2020米大統領選の状況を見ても同じです。不正をやる方もダメですが、正義を盾に戦うのも合わせ鏡です。どうしてもどちらかに加担したくなります。ある科学者は、どちらでもないと言っているのです。

ある科学者は、「理解が存在しているときには、平和を探すとか平和のために働く必要はありません。平和は自動的に存在」すると言いました。

2020年の現在、3つの科学:ミクサタカラ(タマ:精神科学、カガミ:社会科学、ツルギ:物質科学)の内、2つの科学の概要は(ほぼ)わかっています。ただ、3つめの科学であるツルギ:物質科学(の基礎)がわかっていませんので、説得力がありません。早くなんとかしたいものです。


一つ気付いたことがあります。

完全な理解は依然として地球人の達しているレベルを超えている一方、理解いのいくつかの位相は、私たちの達してるレベルをも依然として超えています

地球には既に「理解のいくつか」は存在していると述べています。彼らより優れた部分が地球には存在しているということです。この話は1950年のことですから、その当時ヲシテ文献は、再発見されていませんでした。これは面白です。日本以外にも存在する可能性はありますが、一つの国として続いたのは日本だけですから、他にある可能性は薄いです。参考まで。2020年9月4日「日本語 の話者がいなくなれば、人類は滅びる


 

2020米大統領選の状況について。それにしても何故これほどリベラル派の連中は馬鹿なのでしょう。「無理を通せば道理引っ込む」です。唯物主義者は、自然を完全に理解し、掌握したと信じ切っているような気がします。自身が完璧だと信じるならば、自身が神にでもなったような気になるのでしょうか?

どうも、そんな連中は「世界の人口は多すぎる。だから無能な9割の人間は不要だ。」と考えているように思います。リベラル派の連中は、その9割の内に入れられていると感じます。最後に自身が粛正される側だと気付いた時は遅いです。スターリンや毛沢東を見ればわかります。だからといって、この二人を育てた連中を血祭りに上げれば問題は解決すると考えるのは間違いです。

唯物主義(五感でわからないものはないとしか思えない。)・・・・これは強烈!

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA