アリとサイコロの例えと クオーク

平面世界(2次元)に住む アリ が居ました。アリは唯物主義者でした。※注  アリの感覚では前後と左右しかありません。

※ 唯物主義・・・五感でわからないものはないとしか思えない

ここに3つの面しかもたない奇妙なサイコロがあります。奇妙なサイコロは3面体です。各面に数字を示す記号が書かれています。1と2と3です。

写真1

アリ はこのサイコロを何度も振ります。観察した結果は以下です。

  • 2回に1回しか目が出ない。サイコロは存在するのに目が出ない。
  • は6回に1回出る。
  • は6回に1回出る。
  • は6回に1回出る。

つまり、6回に3回はが出ます。確率は6分の1なのに目は3つしかありません。

そこでアリは考えました。「目(数字)の仕組みがあるはず。それは、4と5と6であるはず。そして、目が出ない(観測されない)のは4、5、6がサイコロに閉じ込められているからだ。」

そして、アリはある結論に達します。「本当は、サイコロには内部構造があって、次のようになっているに違いない。」

  • 1には6
  • 2には5
  • 3には4

という内部機構があると考えました。「1が出るときは7から6が差し引かれ、2が出るときは7から5が差し引かれ、3が出るときは7から4が差し引かれるのだ。こうして出た目と確率から常に7を計算できる。きっと宇宙の本質は7にある。」と結論づけました。こうして平面アリは唯物主義者でありながら観測できない4、5、6という記号を含めて3面体のサイコロと認めてしまいました。 彼らが持つ感覚でわかるのは、3面体のサイコロしかありません。

おしまい。


クオーク の閉じ込めをサイコロの目に例えたお話しです。 平面アリのお話しでは、本質が「7」であるところで切りよく終わっています。しかし、素粒子群の話には終わりがありません。唯物主義だから、ないとしか思えないのです。これは厄介です。既に唯物主義を逸脱していることにすら気づけないのです。別の次元軸を考えることができないのです。

あまり、うまい例えではありません。他の話から派生してできたものでして、上の話はどうでもよいです。 岡潔講演録より「【3】 西洋の唯物主義」を参照ください。

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 雑感 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です