日本人の心の内奥にあるのは「縄文哲学」のようだ

2015年9月12日の記事、漢字伝来以前に文字は間違いなくあった。 聖徳太子と蘇我氏の功罪
において、

.

動画1

を参照しました。 日本教の特徴として「行動規範がないのが日本人」でして、そのため「日本人は何者にもなり得ない」と説明されました。 動画を見て管理人は、律令制度国家の礎となった十七条憲法が制定されたときに日本が中世ヨーロッパのような暗黒時代に入らなかった理由がなんとなく理解できそうと書きました。


そして、なぜ日本に中世はなかったのかという疑問に関して次を引用しました。

われわれは中世と言えば武士が台頭してきた時代だと教わってきた。しかし、それは政治的王権の移動だけのことで、信仰という国家哲学(アイデンティティ)の根幹部分である宗教改革はまったく起きていないのだ。わずかながらに王となろうとした織田信長や、権現となった徳川家康にその片鱗を見るが、信長は殺され、日光東照宮もまた伊勢・出雲ほどの日本人の信仰の中心にあるとは言えない状況である。

また、「日本の戦国時代にも中世がなかったのは事実のようです。また、憲政史家の倉山満氏によれば江戸時代は、江戸時代(Edo Period)であって中世ではないとのことです。」とも書きました。


上記の「何者にもなり得ない日本人」「中世のない日本」がどこから来ているのか知りたくて調べてきました。 だいたいの結果を得られたようなので以下に記します。 疑問を箇条書きにします。

  1. 日本人は何者にもなり得ない
  2. 日本には中世がない
  3. 八百万の神
  4. 権威と権力

以下、順に説明します。

(1) 動画1にて小室直樹氏が云うように「行動規範がない」ゆえに「日本人は何者にもなり得ない」とのことです。 それは「人間に対する好み」だといいます。  日本人は「神や仏の存在より自分の好みを優先する」。それが日本教の特徴だとのことです。  ただ、この「日本教だからだ」の説明ではどうも納得がいきません。 何か日本人が持つ「宇宙観」とでもいうものから来ていると説明した方が合点がいきそうです。

(2) なぜ日本に中世がないのか? その原因は室町時代末期、安土桃山時代、戦国時代~に鎖国したことの影響が大きいとわかりました。 いつ誰がどのような理由で鎖国に踏み切ったのか?その際行われたことは何かを調べました。  副島隆彦著PHP研究所刊信長はイエズス会に爆殺され、家康は磨り替えられたを読んでかなり納得いきました。  書かれていることをまとめるとともに管理人が調べたことと併せて箇条書きにします。

  • バテレン(イエズス会士)たちは布教するとともに商人は貿易を行う
  • ことを目的のように見せかけて、日本の占領を目的とする。
  • 戦国大名は武器を調達(輸入・鍛冶に作らせる)するとともに、火縄銃の火薬を輸入するために日本人(女子供?)を奴隷として売買に使った。当時の日本においてチリ硝石は産出しないので輸入に頼るしかない。チリ硝石の作り方
  • 秀吉は、信長のイエズス会による爆殺の計画を知っていたろうし、加担はしなかったが助けなかった。
  • イエズス会は最高権力者である信長を殺せば日本を占領できると考えた。
  • 外国人は、日本において権威と権力が分かれていることを理解していない。
  • 秀吉は、次は自分が狙われると気付いたことによりキリシタン禁止令を出した。
  • 家康もキリシタン禁令を出した。

信長がイエズス会に爆殺され、光秀がスケープゴートにされたかどうか、はっきりしません。しかしながら西洋人による占領・侵略政策は事実ですから、信長が死んだことの原因により秀吉・家康が鎖国への舵を切ったという見方は説得力があります。 まとめると

宗教の布教を通して、人々を改宗させるとともに、改宗者に協力させて、その国を占領するということです。ただ、日本は他の国と異なり「権威と権力」が分かれていることに気付かなかったようです。たぶん今でも十分気付いていないと思われます。

(3) 八百万の神は、日本人が誰もが持っている観念です。神道はwikiのとおり、明確な人格を持っていません。なにより教義(ドグマ)や教典がありませんから、宗教と云えるのかどうかさえ曖昧です。 ですから、伊勢神宮をお参りする際に、祀られている天照大神という一神教的な人格を持つようなイメージを纏った女性の神というのは違和感があります。 例え、仏教に西洋でいう「天国と地獄」に似た「極楽と地獄」を入れ込んでも、神道に一神教的な天照大神を入れ込んでも日本人の心の本質は変わらないように思います。

(4) 西洋人は、侵略しようとする国における最高権力者は当然のこと「権威と権力」を併せ持つものと考えるのでしょうけれど、日本では事情が異なります。 戦国時代に天皇が人々にどのような扱いを受けていたのかよく分かりませんけれども、権力は武士にあり、権威は天皇にあったのではないかと推測します。 天皇の系統を遡れば神武天皇であり、更に遡れば神話にたどり着けます。 しかし他の国では異なります。  仮にある権力者が国を平定したとします。権力者は武力で人々を従えますが、十分ではありません。そこで、一族郎党皆殺しにした前権力者が残した文物の内で、現権力者に都合の良い物語のみを残して、新たな歴史を作ります。 いわく「前権力者は天下を治める器でなかった。天命は我に下った」という歴史です。 歴史は勝者の都合です。  これが日本と他の国との違いです。

中世とは何か? 宗教家が人格を持った一神教の神という存在により人々への権威を持ちます。そして宗教家は、その神に成り代わって権威者となります。次に権威者である宗教家は政治に口を出して、最後は権威と権力の両方を手に入れようとします。 それを阻止しようと鬩せめぎ合ったのが中世だということになります。 だから秀吉と家康が宗教弾圧を行い、貿易による権益を切ってまでも鎖国に踏み切ったのはまことに懸命だと感じます。(不確かながら奴隷制がない、刀狩り、麻薬を入れないなど、日本の方向性を決めたのはこの頃であるような気がします。) でなければ、西日本は今頃、英語を公用語とし、東日本はロシア語を公用語としていたかも知れません。宗教という精神性の侵略の後は、宗教家は人々を比較的自由にできるでしょう。

 

幸いなことに、日本では記紀に示される神話から続く天皇によって権威は保たれています。 そうして日本では、権威と権力が別れていることは理解しました。 では、八百万の神とは何なのか? 教義教典のない、自然への畏怖畏敬の念は宗教なのか?

直接は繋がりませんけれど、どうも根幹には縄文哲学があるように感じます。これまで学んだところによりますと、ヲシテ文献に記された根幹、縄文哲学におけるカミとは次の様でした。

カミとは、つながり、もたらし、生じさせる

でした。これをフトマニ図

図1 出典:Universal Forum

の中央にある「ア・ウ・ワ」と組み合わせると、カミとは、

「ア」と「ワ」はつながり、「ウ」をもたらし、「ウ」よりヒトを生じさせる。ヒトは「ア」のもの、ヒトは「ウ」なり。

となります。

これは弧理論の考え方を示した

図2

左とほぼ同じです。 平たくいえば、縄文哲学の核心である「カミ」とは、宗教ではなくて「宇宙の仕組み」「宇宙の姿そのもの」ということす。  これは、人間が考え出した「人格を持つ神」や「一神教」あるいは「天国と地獄」「地獄と極楽浄土」も皆、カミという宇宙の仕組みの内だとの考え方です。思想信条主義主張、宗教も含めてありとあらゆる「モノや事」は、カミという仕組みの内だと考えるならば日本教(日本人の好み)は理解できます。

これは「何にでも神が宿る」という八百万の神にとても似ています。教義教典のない神道に似ています。神道は宗教というより自然への日本人の好みなのかも知れません。同一とは云えませんけれど、とても似ています。伊勢神宮へお参りするときの感覚のズレはおそらくこれだったのかも知れません。 ついでにいえば、記紀におけるアマテルカミさんを女性だというのも一神教にしたかった者たちの何かの都合だったことでしょう。

廃仏毀釈の前は神仏習合でした。明治以前のずっと古い時代において、もしかしたら伊勢神宮の一部か隣接してお寺があったかも知れないとさえ思います。 何でもあり、何でも飲み込んでしまうが、元のモノとは似ても似つかぬモノにしてしまう根源は、このようなところにあるように感じます。(日本人の好みに合わせる。) 神や仏の前に自分の都合が優先します。  そういえば某科学会のあるときの講師は、「ヲシテ文献の核心」として次の様に説明していました。 ヒトは何のために生まれてくるのかというと、生きるを楽しむためだとのことでした。まさに自分の好みです。

ついでながら、本記事で扱ったことは、図2の右側に示した「想念の経路2」のお話しです。つまり社会科学の一部だと認識しています。 人々の考えや行うことの全ては、想念の経路2にかかわることです。  地球上において「精神科学」に相当する想念の経路1(気付く)に該当するものは、ほぼ見当たりません。

追記 上記をまとめて箇条書きにすることで比較しやすいです。

  1. 某ヲシテ研究者 「生きるを楽しむ
  2. 小室直樹 「日本教 日本人の好みは、神や仏に優先する」
  3. 縄文哲学 「カミとは宇宙の仕組み」
  4. 聖書 「神は人を創った 神ありき 原罪→行動規範

4.について、「人に行動規範を設ける(信じ込ませる)ことにより、宗教家は人々に対して権威を持てる」と考えることができます。宇宙を外から眺める(という妄想)→人をして神の立場に立てるという錯覚と傲慢さを併せ持ちます。多元宇宙論や神の数式など。 2015年8月18日聖書の原罪とは何か?日本人には関係ないという過去記事があります。「神との契約」には、いろいろ問題があります。サイト内検索願います。

 

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 未分類, 解説 タグ: , パーマリンク