喋る 私 と喋れない 私

岡潔は” 私 ”には2つあると述べました。喋る私を第1の心、喋れない私を第2の心としました。

動画(4分頃)において、数学者の千葉逸人氏は、問題を解くに6年ほどかかったといい、アイディアを得るのに2~3年、検証に3~4年かかった旨を述べています。

あれこれ、試す期間が2年ほどということです。これが岡潔が云う第2の心の働きによるのです。

  • 無私の心です。私のない心。どういう意味かと言うと、いくら入れようと思っても私というものは入れようのない心です。それから、この心のわかり方は意識を通さない、じかにわかる。【1】2つの心

の働きにより何となくその趣がわかると言います。またこの心は数学の使えない世界だと言います。これが喋れない 私 です。そのわからないものについて、以下のように述べています。

  • 全然わからんものだったら、それを捜し求めると云うより、関心をXに集めると云った方がよいでしょう。わからんものに関心を集めるということはナンセンスです。出来やしません。これはね、そういうものと云う時には『情的にわかってる』。発見されると云うのは、それが『知的にわかる』。 だから情的にわかると云うのは、普通わかるというのは知的にわかると云う意味ですが、その基礎に、情的にわかると云うことがある。わからなくてわかる、わかってわからない。わかつてわからないと云うのは、わからなくてわかる。しかしそれを言葉に云うこともなにも出来ないから、わかってわからない。そういうわかり方をする。そういうわかり方を人がするから創造ということが有り得る。これが情というもの、あるいはその情を心と云ってもよろしい。【5】 情的にわかる、知的にわかる

千葉氏は「アイディアが出た瞬間が一番うれしい。」と述べています。その過程について、岡潔は「情的にわかるものを知的に言い表すことにより文化は出来てくる。」と述べています。

千葉氏の場合、検証の部分が「情的にわかる」ものを「知的にわかる」ものにかえる作業です。「知的にわかる」が”喋る 私 ”ということです。これを岡潔は、第1の心と名付けました。

人による創造というのはこういった過程を経ているということです。通常、いろんなクリエーターは、その手法も様々で、個人的な過程を持っていて、外部にその詳細を伝えることはしませんし、恐らくその過程について考えたこともないでしょう。岡潔は、極めてまれな例外といってよいでしょう。

 

上の場合は、創造という過程を2つの心で説明していますが、常人には無縁のことと思いがちです。これは違います。少し身近な例で説明します。

 

かなり昔、テレビのインタビュー番組において、女子プロテニスプレーヤーの沢松某女子が応えていました。(たぶん、沢松和子氏か沢松奈生子氏のどちらか。)

沢松氏は当時、世界を転戦するトーナメントプロでしたから、世界の何カ所かにアパートを借りて、そこで自炊しながら練習と試合に臨むと述べていました。

朝、目覚めたときまず最初に「自分が地球の何処に居るかを思い出す」ことから始めると述べていました。

  • 何となく目覚める。
  • 何処に居るか思い出す。

これです。上が喋れない私(第2の心)で、下が喋れる私(第1の心)です。第2の心が私という第1の心を下支えしているのです。第2の心がなければ一切は存在しません。

実は岡潔が口を酸っぱくして何度も語っていたのは、極簡単な”私”というものの有り様ようでした。岡潔は、その根幹を”情の働きによる”と伝えたかったのです。

 

最近、2020年にアップした動画がよく視聴されます。コメントも多いです。しかしながら、人の心が2層構造になっているという簡単な仕組みをおわかりの方が少ないことがわかります。 これは文系・理系の別はありません。おわかりでない方は頑としてわかりませんし、おわかりの方は最初から、すんなりおわかりのようです。その違いは僅かながら、隔たりは大きいです。

因みに善導大師が””と名付けたものと岡潔の言う”情””は同じと考えられます。下支えしている”覚”がなければ、五感(視・聴・味・嗅・触)もありえません。知と意は、覚があって、初めて成り立つのです。だから、唯識論は間違っています。最近の記事で取り上げています。

 

大事なのは、文化文明、科学の基礎は間違いなく第2の心あり方にあります。岡潔は云いました。

一番怪しいと思えるのは自然科学です。それで自然科学から調べます。大体、自然科学というものは、自然とはどういうものかということを言わないで、自然というのはわかり切っていると一人決めにしている。そして、これについて科学した結果を集めたものです。だから、かようなものは学問とはいえません。これは単なる思想です。

自然科学は、めいめいが科学した部分の寄せ集めです。だから、つなぎが悪いです。例えば、地球の自転と同じ方向にジェット気流がふくことの明確な答えがないことや、古典物理と量子力学のつながりが心で描けないといったことです。参考まで。右検索欄で”ジェット気流”を探すと26件の記事が出てきます。

学問は、第2の心の表れであるはずです。基礎のない第1の心のみによる自然科学は「何もわからないままに役に立っています。:岡潔」

因みにヲシテ文献では次のように言います。

  • 第2の心(無私の心) →タマ(心の本体)大宇宙の中心より来たる
  • 第1の心(私という心) →シヰ(生命維持の欲求)欲い欲しいのシヰ、強いるのシヰ

 

ここから弧理論です。心の本体であるタマと生命維持の欲求であるシヰに物質が組み合わさってヒトになります。ヒトの構造を科学するには別の次元軸を考える以外に方法はありません。何故なら、第1の心が互いに規定し合うことにより成り立つ循環・ネットワークだからです。言葉は互いに規定し合うことにより成り立っています。人は物や事について、言葉でわかっているのではありません。第2の心による「わかる」がなければ一切は存在しません。

別の次元軸上に大宇宙の中心は2つあります。アとワです。互いに規定し合うことにより成り立っています。アとワは、ほんの少しの違いがあって、それが元で複雑な自然ができているようです。雌雄の違いはここから出てくるようです。タマは大宇宙の中心であるアから来ています。

だから、ヒトハアノモノです。

ヒトハアノモノ

写真1 ヒトハアノモノ 日本ヲシテ研究所池田満氏による

 

Follow me!

ブログランキングの応援と広告のクリックをお願いします。   にほんブログ村 科学ブログ 自然科学へ    

Φ について

2010年より研究しています。
カテゴリー: 解説 タグ: , , パーマリンク

喋る 私 と喋れない 私 への2件のフィードバック

  1. だい のコメント:

    『リトル・トリー』
    フォレスト・カーター著 / めるくまーる出版 より
    ———
    「だれでも二つの心を持っているんだよ。ひとつの心はね、
    からだの心(ボディー・マインド)、つまり体がちゃんと生きつづけるようにって、
    働く心なの。

    でもね、人間はもうひとつ心を持ってるんだ。からだを守ろうとする心とは全然別のものなの。それは、霊の心(スピリット・マインド)なの。

    からだの心(ボディー・マインド)の言うままになって、欲深になったりしないこと。そうすれば、ものごとがよーく理解できるようになる。努力すればするほど理解は深くなっていくんだよ。

    いいかい、リトル・トリー、理解というのは愛と同じものなの。でもね、かんちがいする人がよくいるんだ。理解してもいないくせに愛しているふりをする。それじゃなんにもならない。」

    ———

    以上は、ネイティヴ・アメリカン(インディアン)のチェロキー族のおばあさんが孫に語った言葉。リトル・トリーは男の子のインディアン名。
    『大地を枕に』
    http://sunmoonearth567.blog102.fc2.com/blog-entry-707.html

    ※もう一つ勝手ながら紹介させて頂きたいブログがあります。

    神界と日本と世界 『真理と道理・人と神』

    ———
    面白い事を述べてやろうか
    ここは三次元の物質世界
    そしてあの世とは非物質世界であり4~12次元をいう
    あの世が先にできて物質世界のこの世ができたという流れよ
    言うたろう、人体の仕組み一つみても世界がわかり、
    この世からでもあの世は十分捉えれると
    日本には天国界が映され今の国がある
    日本は神界という霊的に一番高い次元のある国
    そんじょそこらの魂ではなかなか生まれたいというても生まれれん
    ある一定量の高さがなければ、またここへ生まれるとは霊性が高い民族でも必然的にある
    そして責任もでかい

    そして次元の高い魂は低い魂を呑み込む
    日本人の魂が6次元で外国人の魂が5次元であれば、霊的世界の意識の部分で日本人の意識は外国人の意識を巻く

    日本人の心がクスメばいくら外国人が清らかにと努めてもかなわん。
    透明な水に墨を落とされることと同じ原理であるわ
    そのかわり逆は決してない

    外国人が心をくすましそれが日本人に影響することは無い、というよりむしろ日本人の意識が清らかであれば下の魂である外国人がくすむことはないし、くすんでも浄化できる
    世界を変えたければ日本人の精神が立ち直ることが霊的な意味でも必要なのだ
    そのために、どこの国民よりも幸せになる義務と役目があり責任がある
    お前達は幸せになりますと言うて降りてきた。
    その約束をしてね
    https://ameblo.jp/re1ou/entry-11187014116.html

    • Φ のコメント:

      興味深いお話し感謝です。
      岡潔は「西洋人は心が2つあることを知らない」と述べています。同じモンゴロイドであるネイティブアメリカンは知っているのですね。いわゆる西洋人のくくりで心が2つあることを示したのはG・アダムスキーとチェロキー族のおばあさんだけらしいということです。「海を越えた縄文人」やベーリング海峡を渡ったモンゴロイドを想像します。

      どうも簡単に「次元を上げる」という考えに賛同しかねます。物理学者は、理論的に次元数が足りないからといって、幼児が足し算をするように指折り次元数を数えるさまは児戯に等しいと感じます。空間を3次元と考えます。時間は運動の記憶に基づく観念ですから次元ではありません。しかし、全体を映像と考えざるを得ないならば、投影の仕組みとして4つめの次元を必要とします。その際に科学は大変な飛躍が期待できると考えます。その科学を弧理論と名付けています。
      そう考えるますと
      >世界を変えたければ日本人の精神が立ち直ることが霊的な意味でも必要なのだ
      そのために、どこの国民よりも幸せになる義務と役目があり責任がある
      お前達は幸せになりますと言うて降りてきた。

      との考えに納得します。といいますのも、日本語の元である大和言葉の起源はヨソヤコヱにあるからです。ヨソヤコヱは、非常に堅牢です。何もかも飲み込んでいるようでいて、オリジナルなものにかえてしまいます。とても不思議な特性です。
      右検索欄にて”ヨソヤコヱ”を検索すると多くの記事が出てきます。日本人の日本人たる所以はヨソヤコヱにあると考えます。日本教は表面的な分析に過ぎません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA